番付発表です! 相撲懸賞クイズ

イヨイヨと言った感がありますね

番付発表です!

新しい元気な力士が続々のようです

期待しましょう!

無料カタログはそろそろ発送です!

フルってご応募下さいませ!

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

大喜鵬「一世風靡を」=意気込む新入幕力士たち―大相撲夏場所新番付

時事通信 4月25日(木)
 大相撲夏場所(5月12日初日、東京・両国国技館)の新番付が25日に発表され、4人の新顔が幕内に加わった。学生相撲出身の大喜鵬、誉富士、東龍と、20歳の千代鳳だ。それぞれ記者会見で喜びを語った。
 大喜鵬と誉富士は、横綱の胸を借りて成長した。日大で活躍した大喜鵬は、白鵬のスカウトを受けて入門。先場所前に受けた網膜剥離の手術を乗り越え、デビューから所要7場所で入幕し、「やっとスタートラインに立ったような気持ち。迫力ある相撲で一世を風靡(ふうび)したい」と表情を引き締めた。
 日馬富士と同じ伊勢ケ浜部屋の誉富士は、近大の1学年後輩で弟弟子の宝富士に刺激を受けた。自分がもたつく間に番付で追い越され、「その悔しさがあるから今がある。三役を目指したい」。突き押しを磨き、先輩らしさを示せるか。
 今年に入って、高見盛や雅山ら長く土俵を盛り上げた力士が次々と現役を引退。人気回復の兆しも見え始めた相撲界を活性化するためには、新鋭の奮起が不可欠だ。千代鳳は「ぶちかまして一気に攻めたい」。東龍は「(同じモンゴル出身の)旭天鵬関のように長く相撲を取りたい」と抱負を語った。 

【夏場所】隠岐の海121年ぶり島根出身三役!目標「2ケタです」

スポーツ報知 4月26日(金)
wpid-20130425-00000218-sph-000-0-thumb-2013-04-26-14-112.jpg
番付を手に笑顔で意気込む新小結の隠岐の海
 日本相撲協会は25日、大相撲夏場所(5月12日初日・両国国技館)の新番付を発表した。新小結の隠岐の海(27)=八角=は、島根県出身として1892年の谷ノ音以来121年ぶりの新三役となった。墨田区の部屋で師匠・八角親方(元横綱・北勝海)が同席して会見。地元・隠岐の島町の盛り上がりを力に変えて大関昇進を目指す。横綱・白鵬(28)=宮城野=は朝青龍に並ぶ歴代3位、外国出身力士最多のV25に挑む。新入幕は千代鳳(20)=九重=ら4人。

 隠岐の海は新三役の実感をじわじわと味わった。師匠の八角親方(元横綱・北勝海)との会見では「三役は一つの目標だったのでうれしい」と控えめ。ところが会見後に再び番付表を眺めると「いいですね。字が大きくなって」と笑った。

 故郷の島根からの新三役は元関脇・谷ノ音以来、121年ぶり。隠岐の島町からは初の快挙。町では午前9時過ぎ、新三役の一報を町内放送で流した。町役場は縦5メートルサイズの垂れ幕を発注。この日から春場所で獲得した敢闘賞のトロフィーを町内の複数の施設へ回覧する展覧会も始めた。旅行会社も大阪開催の春場所限定だった観戦ツアーに、夏場所から国技館用のプランも新設。溝口善兵衛・島根県知事は「県民にとっても大きな喜び」とコメントした。

 地元でゲンも担いだ。春場所後の隠岐の海は町までは帰れなかったが、20日から2泊で松江市を訪問。島根のプロバスケットボールチームの試合を観戦。ハーフタイムには3ポイントシュートを一発で決めれば40型テレビが贈られる企画に挑戦し、中学時代にバスケ部だった経験を生かし成功させた。「テレビは持ってるから、どうしようかな」とおどけた。

 初日の対戦が濃厚な横綱・白鵬も「勢いがあるからね」と警戒。師匠は「三役は協会の看板。恥ずかしくない、気力を充実させた相撲を取って」と注文した。本人は今場所の目標に「2ケタです。できないと思いますけど頑張ります」。角界屈指のイケメンが地元の期待を背に土俵を沸かせる。

 ◆隠岐の海 歩(おきのうみ・あゆみ)本名・福岡歩。1985年7月29日、島根・隠岐の島町生まれ。27歳。小4で相撲を始め、隠岐水産高校では相撲部。航海士を目指して専門学校に進んだが、他の力士を勧誘するため島を訪れた八角親方と出会い入門。05年初、初土俵。09年春、新十両。10年春、新入幕。敢闘賞2。金星1。隠岐島出身では史上初の幕内力士。190センチ、154キロ。得意は右四つ、寄り。 

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です