半年ぶり「通常」戻る=再生懸け名古屋場所初日!

いよいよ始まりました名古屋場所!
熱いですね~
なんか熱気であふれ返ってます

で、注目の一番をチョッピリ上げてみましょう

琴奬菊と豊ノ島
大関昇進のかかった琴奬菊。ライバル対決は、なんとガブリの琴奬菊のお株を奪う両差しで完敗。
まずいな~これは痛い一敗だな
相撲の神様は厳しい!

3回目のカド番大関琴欧州は、寄り切りで危なげない相撲で初日。

そして鉄人魁皇の登場。
1045勝の大台を狙う。20年前に千代の富士が樹立した不滅と言われた大記録。
会場を覆う手拍子、拍手、大声援。ここは福岡か九州場所か?と思いたくなるほどの熱い応援。
相手の嘉風が気の毒になるほどの声援。

ん~~~、いなされて送り出し・・・しかし会場の拍手・・・
20年ぶりの大記録
そうは容易くないですね。
明日に持ち越しですね

半年ぶり「通常」戻る=再生懸け名古屋場所初日-大相撲

wpid-20110710at52b-2011-07-10-19-492.jpg

 大相撲名古屋場所が10日、愛知県体育館で初日を迎え、八百長問題で失った信頼を回復するための取組がスタートした。
 日本相撲協会は春場所を取りやめ、5月は無料公開の技量審査場所としており、本場所の開催は初場所以来、半年ぶり。幕内優勝力士への天皇賜杯授与や外部表彰、懸賞なども復活し、取りあえず「通常」を取り戻した。
 節目となった土俵では、白鵬が史上初の8連覇に向け好発進したが、魁皇は敗れ歴代1位に並ぶ通算1045勝はお預け。大関昇進に挑む琴奨菊も黒星発進となった。 

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です