白鵬4場所連続全勝V!賜杯「光っていた」 大相撲懸賞クイズも!?

白鵬!
記録を粛々と塗り替えておりますな
 
野球でのイチロー選手に匹敵すると思いますが、世間ではさほど大騒ぎをしませんね?
ナンデかな~
いわゆる横綱なんでしょうか?
 
かつて曙や武蔵丸も、ここまで凄くはないにしても一人横綱などで良い仕事していたのですが、貴乃花や、その後の朝青龍のような華はありませんでしたね。
 
やはり華と言いますか、「晴れ」の感じがないんですかね?
 
ま、大横綱の活躍をこの目で追っていると言うのは至福であります。
数年後、このね~白鵬って横綱はね~
なんてな調子で語るのも一興ですね(^^ゞ
 
 
さ、お待たせ大相撲懸賞クイズです
 
ナカナカ大きいのはでませんが後半一気に盛り返したようです(^^ゞ
みなさんおめでとうございます!
 
トラキチ関 石川県小松市 173位
トラキチ関 石川県小松市 下位405位
 
Wで良いですね~
 
常連こちらも負けておりません
 
マルチャン関 福井県福井市 834位
ケイチャン関 福井県福井市 下位445位
 
ムムム猛者ですね
上位下位で狙って当てるってのは凄いです
 
引き続きまして。。。
クルミ関   三重県松坂市 320位
フクノヤマ関 岡山県総社市 440位
 
ツヨシマル関 滋賀県湖南市 783位
ナオミヤマ関 宮城県仙台市 926位
 
ソウタハハ関 愛知県常滑市 下位401位
 
実は、ソウタチチ関は中盤上位で大健闘していたのですが・・・
後半惜しくも順位を落とされました
 
次回は是非ともご夫婦でのW受賞をご期待しております!
 
上位下位でのW受賞が目立った今場所
来場所も多分!
白鵬連勝クイズが開催されることでしょう(^^ゞ
 
そして魁皇の九州です
 
大いに期待ですね

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!  
 
wpid-screenshot_01-2010-09-28-08-53.jpg

>────────────────────────────── 転載
白鵬4場所連続全勝V!賜杯「光っていた」
2010年9月27日(月) 7時3分 スポニチアネックス
wpid-20100927-00000035-spn-spo-thum-000-2010-09-28-08-53.jpg
4連覇、16度目の優勝した白鵬は兄・バットホヤグさんと長男・真羽人くん(前列左から3人目)、紗代子夫人と長女・愛美羽ちゃん(前列4列目)と後援者らと支度部屋で万歳する

 大相撲秋場所千秋楽は26日、両国国技館で行われ14日目に16度目の優勝を決めた白鵬が日馬富士を寄り切り、4場所連続の全勝優勝を飾った。全勝優勝は8回目となり、双葉山、大鵬の歴代最多記録に並んだ。表彰式では7月の名古屋場所で受け取れなかった天皇賜杯を2場所ぶりに授与された。昭和以降2位の連勝記録を「62」まで伸ばした一人横綱は、九州場所(11月14日初日、福岡国際センター)で双葉山の69連勝超えを目指す。

 しっかりと29キロの重みを確かめた。4場所連続全勝優勝という偉業を成し遂げて迎えた千秋楽表彰式。ついに白鵬の手に天皇賜杯が渡った。野球賭博問題などに揺れた名古屋場所では相撲協会が各表彰を自粛。天皇賜杯を抱くことができず、思わず悔し涙を流した。だが、今場所の白鵬の目に涙はなく、誇りに満ちた表情で優勝インタビューに答えた。

 「先場所は本当につらい思いをしたし、今場所は賜杯を自分がという気持ちがあったのでうれしい。運は努力した人間にしかこない。相撲だけじゃなく、いろんなことに精進することで神様が与えてくれるもの」

 外部表彰も復活し、重さ40キロの内閣総理大臣杯は菅直人首相の手から渡された。土俵上では首相から「優勝おめでとう。さらには62連勝おめでとうございます」と祝福の言葉も贈られた。また、宮崎県知事賞は東国原英夫知事から贈呈された。通常どおりに行われた表彰式を終え、支度部屋に戻った白鵬は「賜杯はいいものでした。光ってましたね」と笑みを浮かべた。

 今場所最後の相撲も“完勝”だった。日馬富士の鋭い立ち合いにやや後退したものの、その後は冷静に右を差すやいなや一気に寄り切って62連勝。全勝優勝は8回目となり、双葉山、大鵬に並び史上1位。そんな名横綱への道を突き進む白鵬をそばで見守る紗代子夫人(26)によると、国技館から帰宅した横綱は長女・愛美羽ちゃん(3)、長男・真羽人くん(2)と毎日1~2時間、相撲を取るなどしてリラックス。その日の取組も2人の子供と一緒に反省会を行い「パパ落ち着いてね」とエールをもらって力に変えていた。

 11月に迎える九州場所では双葉山の69連勝に挑むことになる。「まずは江戸時代の横綱、谷風(63連勝)に並ぶこと。そして昭和の大横綱、双葉山さんを目指したい」。満員御礼の国技館で、一人横綱ははっきりとした口調で歴史的な偉業を約束した。

<────────────────────────────── 転載

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!  
 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です