また強行出場か、稀勢の里にくすぶる“出場問題” 横審委員長は“休場勧告”

Pocket

そろそろ9月ですね
秋場所の声が高まって参りますが・・・横綱大関陣が元気ありませんね

でも、元気で有望な若手が揃ってますからね!
楽しみですね!!

大相撲懸賞クイズのカタログ、賞品は昨日発送済みです。
明日あたりから週末にかけてお手元にお届けになるかと思います。

今場所もよろしくお願いします#^^#

また強行出場か、稀勢の里にくすぶる“出場問題” 横審委員長は“休場勧告”
08月29日 17:05
fuji-2017-08-31-07-12.gif

 大相撲秋場所(9月10日初日=両国国技館)の新番付が28日、日本相撲協会から発表された。2場所連続で途中休場している横綱稀勢の里の“出場問題”はくすぶり続けている。
 横綱審議委員会の北村正任委員長(76)=毎日新聞社名誉顧問=は「万全の態勢で出てこられないなら『休んでいい』という意見が多かった。私もそう思う」と“休場勧告”した。
 しかし、夏巡業には今月10日から合流。「いい稽古ができた。また体をつくり直していく」と秋場所出場に意欲を示した。横審を振り切り、再び強行出場も辞さない構えで、あと2週間でどこまで仕上げることができるのか。
 一方、名古屋場所で2場所連続39度目の優勝を飾った横綱白鵬は、一昨年春場所まで6連覇したとき以来となる3連覇を目指す。夏巡業は左足の痛みで休場した期間もあったが、「秋場所で大台の優勝40回を目指して頑張りたい」と前人未到の大台へV宣言が飛び出した。
 右足首を痛め2場所連続休場の横綱鶴竜は、休場濃厚。さらに豪栄道は夏場所以来6度目、照ノ富士は春場所以来5度目のカド番で、ともに大関陥落のピンチ。(塚沢健太郎)

嘉風が35歳5カ月で関脇に 戦後5位の年長昇進
08月28日 15:09
dailysports-2017-08-31-07-12.gif
s_20170828084-2017-08-31-07-12.jpg
新十両の弟弟子・矢後(右)とともに番付表の名前を指さす嘉風
(デイリースポーツ)
 大相撲秋場所(9月10日初日、両国国技館)の新番付が28日、日本相撲協会から発表され、嘉風(尾車)が昭和以降の生まれでは最高齢、戦後では年長5番目となる35歳5カ月での関脇昇進を果たした。先場所、小結で2横綱2大関(1不戦勝)から白星を挙げ9勝6敗。9場所ぶり自己最高位に返り咲いた。

 「前回(関脇)とは気持ちの部分で自分でも成長。横綱、大関と当たっても自分の気持ちをコントロールして自分の力が出せる。(総当たりの)横綱、大関にも全敗はしていない。そういう手応えはある」と力を込めた。

 35歳を超えても成長の要因には「メンタルトレーニング」を挙げた。「自分と向き合う時間を作って、力士嘉風はどうすれば力が感じるようにして取り組んできた。(先場所は)4連敗した後に4連勝した。ガタガタいかず持ち直して9勝。気持ちがコントロールできた」と胸を張った。

 20代の若手が突き上げ、世代交代の足音も聞こえる。そんな中、ベテランは「『若手の壁になりたい』というのが模範解答かもしれないけどね。(若手が)上がってきたのが感じるけど、現実に起こっていることの一つで特にない。自分は自分。若いからベテランだからと考えていない」とどっしりと構えた。

 ただ、自身が横綱に勝っても業師・宇良(木瀬)のアクロバット相撲に話題をさらわれた。「そっちに負けるのかと。そういう負けん気はある」と笑わせた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.