こんな相撲見たことない!宇良が敢闘精神の力士1位

Pocket

まさに宇良劇場である。
アクロバットな相撲展開、小兵をものともしない果敢な戦闘姿勢・・・

観ていてまさに小気味いい#^^#
昨日の日馬富士戦での互いに低姿勢、低重心のガッツリぶつかっての大金星。胸の空くような好取組でした#^^#

北勝富士もいいし、貫録の高安、THE名勝負メーカーの栃ノ心もいいですね!

大相撲、これだからやめられませんね#^^#

10日目です。
相撲クイズも忙しいです#^^#

トラキチ関、元気に上位堅持ですね。
カンチャン関、ケイチャン関、ヤタカヤマ関、元気に浮上ですね!
イシノハナ・カイトウミ関 Wで元気です!
ユキエマメ関、カンチ関、元気です!
オクリイヌ・オキクムシ関、堅調に元気です

なにやら上位も下位もとっても元気ですね~~#^^#

トラキチ関  下位 22位  石川県小松市

カンチャン関  95位  福井県坂井市
イシノハナ関 107位  北海道石狩市
ノリヒロ関  305位  茨城県ひたちなか市
ユキエマメ関 370位  北海道天塩郡
カイトウミ関 585位  北海道石狩市
オモシロイ関 647位  茨城県ひたちなか市
タンカイ関  855位  山口県長門市
カンチ関   870位  東京都中野市  

ヤタカヤマ関 下位 92位  岡山県高梁市
ケイチャン関 下位 95位  福井県福井市
オクリイヌ関 下位323位  茨城県ひたちなか市
オキクムシ関 下位477位  茨城県ひたちなか市

こんな相撲見たことない!宇良が敢闘精神の力士1位
7/19(水) 10:05配信
nksports-2017-07-19-11-56.gif
20170719-01858105-nksports-000-2-view-2017-07-19-11-56.jpg
高安(左)に勢いを付けて飛び込む宇良(撮影・小沢裕)

<大相撲名古屋場所>◇10日目◇18日◇愛知県体育館

 平幕宇良(25=木瀬)が豪快な負けっぷりで館内を沸かせた。大関高安に対し、バックステップ、助走つきの体当たり、足取りなど手の内を出し尽くし、最後は首投げで吹っ飛ばされた。横綱日馬富士を破った初金星から一夜明け、負けても見る者を魅了する策士ぶりを発揮した。

【写真】初金星に涙を拭う宇良

 宇良が高安にぶつかるたびに館内が沸いた。立ち合いで当たり、バックステップして距離を置く。レスリングのフリースタイルのような構えから、左張り手をかわして中に入った。4度目の攻めで右足に手がかかり、左腕をつかみかけた。6度目は土俵際までわざわざ下がり、助走をつけて突っ込んだ。7度目の攻めでやっと右膝を取って出たが、逆に首投げを食い、土俵下に吹っ飛ばされた。

 もろ手突きして、下がる-。取組前の支度部屋で何度も反復した動きは完璧に封じられた。取組後は「…いや~強かった…強かったですね…」「あれだけ(自分の動きを)見られたら…僕より強い相手に…大関に…」。左手親指から血が流れ、両肩は激しく上下する。33秒7の熱戦から数分たってもまともにしゃべれぬ力士が、この日の来場者アンケート「敢闘精神あふれる力士」で1位になった。

 横綱初挑戦で白鵬に裏返され、日馬富士から涙の金星を奪い、高安にたたきのめされた。そんな激闘が、宇良の地元を動かした。今日11日目の取組で豪栄道-宇良戦が決まると2人の出身地の大阪・寝屋川市は、市役所ロビーでパブリックビューイングを行うと発表した。「寝屋川市出身者同士の対戦は初めて。上位力士の休場が続出した時から準備を進めていた」(同市広報広聴課)という。

 この日、右足を負傷した可能性があるが「それは場所中なので」と答えなかった。横綱・大関4連戦の締めくくりは同郷の先輩との対戦する。「思い切って、やりたいですね」。残り5日。宇良劇場が続く。【加藤裕一】

 八角理事長(元横綱北勝海)の話 高安は足を取られても慌てず冷静だった。度胸がある。宇良は自分のペースに巻き込んだが、足を取ったまま行きたかっただろう。こんな相撲はなかなかない。何十年という(歴史の)中で、ここまで大胆(な相撲を取れる)というかな。

 幕内後半戦の山科審判長(元小結大錦)の話 宇良の相撲は私らが現役の時だったら怒られる。押さば押せ、引かば引けと習った古い人間から見れば駄目だろう。まあ今風に言えばいいんだろうけどね。高安はよく残った。白鵬には余裕がある。このまま行くだろう。

高安、格の違い見せつけた!宇良を首投げ「会場が盛り上がったからよかった」
7/19(水) 7:04配信
sph-2017-07-19-11-56.gif
20170719-00000062-sph-000-1-thumb-2017-07-19-11-56.jpg
宇良を首投げで下す高安(右)

◆大相撲名古屋場所10日目 ○高安(首投げ)宇良●(18日・愛知県体育館)

 大関・高安(27)=田子ノ浦=が前頭4枚目の業師・宇良(25)=木瀬=豪快な首投げで下した。

 業師・宇良を退け格の違いを見せた。新大関として勝ち越しが決定。「会場が盛り上がったからよかったんじゃないですか」と余裕の表情だった。

 部屋の三段目力士を仮想・宇良として対策。「それが生きたかもしれないですね」と足取りにも冷静に対処した。残り5日間。「しっかり勝っていかないといけない。8番くらいじゃね」と満足はしていない。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.