稀勢の里ら2横綱、高安ら3大関が初日黒星の大波乱

Pocket

荒れる名古屋とは昔、よく聞いたものでしたが、大荒れの幕開けですね

まさに名古屋真骨頂でしょうか(^^ゞ

これは相撲クイズ、大波乱ですね#^^#

今場所もよろしくお願いします。

稀勢の里ら2横綱、高安ら3大関が初日黒星の大波乱
07月09日 1
dailysports-2017-07-10-12-04.gif
s_20170709099-2017-07-10-12-04.jpg
ファンの声援を受けながら場所入りする稀勢の里(中央)=愛知県体育館
(デイリースポーツ)


 「大相撲名古屋場所・初日」(9日、愛知県体育館)

 新大関の高安(田子ノ浦)ら3大関と、稀勢の里(田子ノ浦)ら2横綱が敗れる大波乱の初日となった。

 高安は大関となって初めての対戦で黒星発進。前頭二枚目の北勝富士(八角)に押し倒しで敗れた。

 豪栄道(境川)は、土俵際で栃ノ心(春日野)に逆転のすくい投げを食らって敗れ、照ノ富士(伊勢ケ浜)は初顔合わせとなった前頭筆頭の貴景勝(貴乃花)に押し出しで敗れた。

 さらに4横綱は明暗クッキリ。

 稀勢の里は新関脇御嶽海(出羽海)に寄り切りで敗れた。左肩から当たったが、うまく中に入られた新関脇御嶽海に下から押し上げられ、何もできずに土俵際に追い込まれた。

 日馬富士(伊勢ケ浜)は、小結嘉風(尾車)に逆転の寄り切りで敗れた。立ち合いは一方的に攻め込んだが、嘉風が我慢の相撲。うまく攻めをかわすと、日馬富士の後ろに回り、土俵の外へと押し込んだ。

 結局、3大関4横綱のうち、白星スタートは白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)の2人だけ。

 白鵬(宮城野)は小結琴奨菊(佐渡ケ嶽)を小手投げで、鶴竜は前頭筆頭正代(時津風)を送り出して白星発進となった。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.