元大関・栃東の玉ノ井親方が夏場所占う 稀勢は本場所までの2週間が鍵

Pocket

ようやく初夏の様相ですね

田んぼにも水が入り、田植えも始まりますね

すると夏場所ですね~(#^^#)

いま、急いで荷造りしております
もうスグ御手元にお送りします(^^;)

元大関・栃東の玉ノ井親方が夏場所占う 稀勢は本場所までの2週間が鍵

2017年5月2日 7時35分 スポニチアネックス
f66e1_929_spnldpc-20170502-0082-0-m-2017-05-2-09-33.jpg

写真拡大

 3連覇を狙う稀勢の里と休場明けの白鵬の状態が注目される夏場所。今場所から本紙で評論を行う元大関・栃東の玉ノ井親方(40)が1日、東京都江東区のスポニチ本社を訪れ、展望を語った。

 稀勢の里は1カ月たってケガがどれだけ治っているか。左腕は横綱の相撲の軸。毎日、稽古場におりて運動はしているだろうが本格的な稽古はこれから。本場所まで2週間あるので間に合わせてくるとは思うが、しっかり稽古ができるかがポイントだろう。

 休場明けの白鵬は、巡業では普通の相撲が取れていた。体自体は落ちていない。ただ、一番良かった頃と比べると、鋭い立ち合いから一気に前に出る相撲ではなくなっている。立ち合いの「後の先」を意識するようになって以降相撲内容が変わった。相手も、横綱との対戦を何度も重ねることで、その相撲に慣れてこわごわ取るような感じが消え、思い切って当たっていくようになった。今は白鵬の1強ではなく横綱4人の4強時代。今場所の優勝争いも、4人を中心に回っていくだろう。

 三役陣の中では大関獲りがかかる高安に注目だ。終盤の10日目以降に取りこぼす傾向があるので、そこから千秋楽をどう乗り切っていくかが大関獲りの鍵になる。ただ、地力は付いてきているので、後は精神面だろう。先場所優勝争いした照ノ富士も体つきが戻ってきた。優勝経験もあるだけに今場所も4横綱を脅かす存在になるだろう。(元大関・栃東)

高安、稀勢に負けない!大関昇進より「全勝優勝」

2017年5月2日 7時5分 スポーツ報知
21ae2_60_b40821574e4196f2fe12beec7d2e7d6c-m-2017-05-2-09-33.jpg

写真拡大

 日本相撲協会は1日、大相撲夏場所(14日初日・両国国技館)の新番付を発表した。大関取りに挑む関脇・高安(27)=田子ノ浦=は全勝Vを宣言。1場所15日制となった1949年夏場所以降では初となる、関脇の全勝優勝を果たし、主役の座を奪う。
 高安は高い目標を掲げ自らを鼓舞した。2度目の大関取りに挑む夏場所。「大関に上がるっていうよりはまずはそこ(優勝)。15日間取り切って全勝したいですね」。稀勢の里ですら達成したことのない全勝Vをぶち上げた。影響はやはり兄弟子。2場所連続Vを間近で見てきた。パレードの旗手も務めたことで「欲も出てきた。次は自分が優勝してオープンカーに乗りたい」と言い切った。
 春場所では初日から無傷の10連勝。V争いに加わり、実力は証明済みだ。ともに稽古をしてきた稀勢の里も「稽古場の力を出せばね。僕は(昇進を)確信してますけど」と太鼓判。負傷を抱える兄弟子の状態次第では、出稽古で他の横綱の胸を借りるプランもある。大関昇進の目安の三役で3場所合計33勝にはあと10勝。「まずは初日から堂々とやって。全勝目指して頑張ります」。目標を達成すれば、大関昇進はついてくる。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.