鶴竜 首位譲らず“怪力”照ノ富士に引導 差した!寄った!ぶん投げた!

今場所もですが、なんとも力の入る取り組みがありますね
これでこそ大相撲!ってなりますね(^^ゞ

鶴竜照ノ富士戦
この注目の取り組み。力入りました~(^^ゞ
両者、足腰に定評ですが照ノ富士の怪力も凄いですね~
横綱の外掛けをものともせずに突き進さまは怖いほどでした
で、あの巨体をきれいに投げるあたりはサスガ横綱でした!

そして、両横綱を破り強い関脇を演じてきた栃煌山が残念でなりません・・・
ここにきて星を落とすなどとは・・・

ま,でも相撲の神さまがどこかで微笑む気がしてなりません(^^ゞ

これからですこれから!

さて相撲クイズです!

ヤタカヤマ関 下位 60位 岡山県高梁市

全体的にチョット夏バテのようです(^^;)

ヤタカヤマ関、チョット後退ですね(^^;)

イシノハナ関、フクタロウ関、グンと上昇!元気です!

フクタロウ・フクシロウ関 上下でグンと元気ですね

あと3日!!

応援気張りましょう(#^^#)

ミマキヤマ関  247位  神奈川県横浜市
フクタロウ関  259位  愛知県半田市
イシノハナ関  343位  北海道石狩市
カンチ関    614位  東京都中野区
マタカッタ関  646位  島根県大田市
ナオミヤマ関  902位  宮城県仙台市

ケイチャン関   下位256位 福井県福井市
シロマティ関   下位238位 愛知県名古屋市
マクルヤマ関   下位309位 兵庫県川西市
マタマケタ関   下位420位 島根県大田市

鶴竜 首位譲らず“怪力”照ノ富士に引導 差した!寄った!ぶん投げた!
デイリースポーツ 7月24日(金)

 「大相撲名古屋場所・12日目」(23日、愛知県体育館)

 両横綱がともに譲らず1敗で首位を守った。鶴竜(29)=井筒=は右からのすくい投げで大関・照ノ富士(23)=伊勢ヶ浜=を下した。横綱昇進後初優勝をかけて残り3日間に臨む。白鵬(30)=宮城野=は大関・琴奨菊(31)=佐渡ヶ嶽=を肩透かしで破った。かど番の琴奨菊は7敗目で後がなくなった。照ノ富士と関脇・栃煌山(28)=春日野=は3敗となり、優勝争いから大きく後退した。

 世代交代はまだ早い。鶴竜が急成長している新大関の挑戦を一蹴した。立ち合い、鋭い踏み込みで照ノ富士の懐に入ると、もろ差し。特に右を深く差し込み、相手の怪力を封じた。

 土俵際、万全のがぶり寄りは、懸命の粘りにあったが、タイミングよく右からすくい投げ。体重178キロの巨漢を土俵に転がした。

 「(もろ差しは)立ち合いの流れから。自分がしっかり中に入れたのが一番だった。(寄りは)まあ、重かった。(投げは)バランスが崩れたところを流れです」と、狙い通りの相撲を振り返った。

 6歳下のモンゴルの後輩には、これで4戦全勝だ。左肩腱板(けんばん)損傷などで初場所以来、3場所ぶりの出場。自身が2場所全休した間に「どこまで力をつけてるのか、というのがあった」と警戒感はあった。

 それでも、横綱として壁になるのは使命。「その中で自分の相撲に集中できたのが良かった」と納得顔。照ノ富士の成長を問われると、「さらに残り腰が強くなった」と、貫禄の口ぶりで語った。

白鵬と一騎打ち

 白鵬とともに1敗を守り、両横綱の一騎打ちの情勢。横綱初優勝へは「まだまだ」と意識はしない。13日目は13勝27敗と負け越している大関・稀勢の里(田子ノ浦)戦。難敵は続くが「きょうは終わった。あす集中していくだけ」と気を引き締めた。

栃煌山が痛い3敗目…優勝争いから大きく後退
デイリースポーツ 7月23日(木)

「大相撲名古屋場所・12日目」(23日、愛知県体育館)

 ここまで2敗で、1敗の白鵬と鶴竜を追っていた関脇栃煌山が、隠岐の海に小手投げで敗れて痛恨の3敗目。優勝争いから大きく後退した。

 立ち合いは低く当たり、すぐに右を差した。左もこじ入れながら前に出たが、土俵際で右の差し手をたぐられて小手投げを食い、そのまま土俵外へ投げ出された。

 九日目に鶴竜、十日目に白鵬と2横綱を連破しながら、十一日目、十二日目と連敗。何度もため息をつきながら、ぶ然とした表情で支度部屋へ引き揚げた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です