相撲懸賞クイズ

相撲の空白期間ですがどうしてどうして、熱いモンゴルの二人はジッとしてはおりません!

名古屋が楽しみですね(#^^#)

名古屋場所まで“ノンストップ”!?照ノ富士、移動日も稽古
サンケイスポーツ 6月12日(金)

 大相撲の新大関、照ノ富士が11日、東京・江東区の伊勢ケ浜部屋で部屋の関取衆と14番取り、汗を流した。13日から堺市で合宿がスタート。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の意向で現地入りする12日も稽古を行ってから移動する。新大関は「まだ、なにも聞いていない」と話したが、合宿から“ノンストップ”で7月の名古屋場所へ向かうこともあるかも?!

逸ノ城、異例の早期出稽古「名古屋では2ケタ勝ちたい」
スポーツ報知 6月11日(木)

wpid-20150611-00000116-sph-000-2-thumb-2015-06-14-08-13.jpg
佐渡ケ嶽部屋に出稽古した逸ノ城(左)は琴奨菊(右手前)に胸を出してもらい、ぶつかり稽古

 大相撲の小結・逸ノ城(22)=湊=が11日、千葉・松戸市の佐渡ケ嶽部屋へ出稽古を行った。大関・琴奨菊(31)=佐渡ケ嶽=との三番稽古(同じ相手と続けて取る)で3勝7敗だった。逸ノ城は「良くも悪くもなかったです」と振り返った。

 名古屋場所(7月12日初日・愛知県体育館)の番付発表(今月29日)まで2週間以上もある中で、異例の早さの時期での出稽古。逸ノ城は今年初場所の番付発表前にも出稽古した例はあるが、それでもここまで早期は珍しい。

 名古屋入り後は二所ノ関一門の連合稽古に参加する予定で、新大関・照ノ富士(23)のいる伊勢ケ浜部屋や境川部屋などへの出稽古も計画中という。逸ノ城は「色々な人と稽古することが自信になる。名古屋では2ケタ勝ちたい」と早くも気合満々だった。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です