ロケットスタートが脆くも崩れました 大相撲懸賞クイズ

ロケットスタートが脆くも崩れました

久々の大相撲クイズが大乗りに乗れるものと踏んでいたのに・・・

しかし、他の参加者は健闘中です

中日を迎え、中日賞は逃したものの、3桁台がズラリです

超常連のンンンンン関(岡崎市)の481位を筆頭に、オモシロイ関(茨城県)、カンカル関(埼玉県)、マクルヤマ関(大阪府)と続いております

毎日の乱高下が楽しいですね

さ、10日目からが本番です

大いに手に汗握ってワクワクしましょう!

wpid-20090323_493837-2009-03-23-16-18.png

朝青 史上8人目の横綱通算400勝!

3月23日 デイリースポーツ

 「大相撲春場所8日目」

両横綱が段違いの強さをみせつけた。朝青龍は雅山を引き落とし、

初日からの8連勝で史上8人目の横綱通算400勝目とした。白鵬も関脇把瑠都を寄り切って全勝をキープ。1979年夏、名古屋場所に2代目若乃花、輪島が記録して以来、30年ぶりに2場所連続で2横綱が8連勝で場所を折り返した。大関魁皇が敗れ、横綱以外の1敗力士は消滅。優勝争いはマッチレースとなった。

  ◇  ◇

 横綱として節目の1勝も、朝青龍には不満だった。「できれば左を差して、前みつを取りたかったけど…。相撲的にはよくないけど勝負は勝負だから」。雅山を前後に揺さぶってから引き技で仕留めたが、理想とのギャップに首をひねった。

 魁皇が敗れ1敗が消滅。両横綱が初日から8連勝し、中日に後続に2差をつけるのは01年初場所の武蔵丸、貴乃花以来のこと。2横綱の2場所連続初日から8連勝は30年ぶりだ。把瑠都と熱戦を演じた白鵬を控えで見届けると「千秋楽までこの状況でいきたい」と対抗意識を燃やした。

 引退を背にした先場所は勝っても報道陣の質問を遮ることが多かった。武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)も「落ち着いているというか、相手がよく見えている」と、精神面の安定を好調の要因に挙げた。相撲内容やライバルにまで思いを巡らす余裕が今場所はある。

 土俵の外の話題もこと欠かない。出演する「ファンタ」のCMが4月に新展開。朝青龍ふんする「ファン太郎」が女子と恋に落ちるという。関係者は「男の子との話だけだったので、次は女子と交流します」と解説。場所後は朝青龍の意外な表情も楽しめそうだ。

 横綱通算400勝は通算8人目。土俵の内外で歴史に名を残す横綱として大暴れを続けている。朝青龍は「今日はうまいもん食いに行く!ステーキや」と絶叫し、待たせた車に乗り込んだ。引退危機を乗り越え、存在感に磨きがかかっている。

確かに危なげないですな

白鵬のは、ちょっと楽しめましたが・・・

しっかし、大関以下が・・・どうしたんでしょうか?

ムムムな展開です

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:エンターテイメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です