稀勢“悪癖対策”万全 意図的に不利な体勢から16勝2敗 相撲懸賞クイズ

さ~台風が怖そうですが、相撲熱は高まるばかりですね

遠藤の人気は衰えることを知らないようですね

ますます素晴らしいようです!

若貴時代のような熱が復活すると良いですね!

それにはやはり日本人横綱、稀勢の里です

なにやら今場所は期待させます(^^ゞ

いよいよですね!!

稀勢“悪癖対策”万全 意図的に不利な体勢から16勝2敗
スポニチアネックス 7月6日(日)7時1分配信

wpid-20140706-00000044-spnannex-000-0-thumb-2014-07-8-10-48.jpg

相手十分の体勢からじっくりと攻める稀勢の里(左)右は松鳳山

 大相撲名古屋場所(13日初日、愛知県体育館)で初優勝を目指す大関・稀勢の里(28=田子ノ浦部屋)は名古屋市内の仏地院で行われた松ケ根、高田川部屋などの合同稽古に参加し、取りこぼし対策を行った。高安、松鳳山を相手に18番の申し合いで16勝2敗。番数以上に内容が違った。

 「状態は悪くない。きょうは試しながらいろいろやった。相手十分になっても攻めて行けた。本場所ではどうなるか分からないから」と稀勢の里。高安にはまわしを許し、松鳳山にはわざと中に入らせた。自ら苦しい体勢になりながらも、重たい腰を利用してじわじわと圧力をかけ、土俵際まで追い込んで寄り切るなど完全に“横綱相撲”を取り切っていた。

 これまでは格下相手の序盤戦で焦って前に出て取りこぼす悪い癖があった。この日は立ち合いで意図的に不利な体勢に持ち込まれ、そこからじっくり相手を攻めることを意識。対戦した松鳳山も「どっしり構えて自信を持って取っていた」と大関の相撲の違いを感じていた。

 仏地院は先代の故鳴戸親方(元横綱・隆の里)を生んだ旧二子山部屋の宿舎だった場所。稀勢の里は「来るたびに師匠を思い出す。いい思い出」と笑った。原点とも言える場所から横綱へ飛躍を狙う。

【名古屋場所】遠藤、七夕の願い事「ありすぎて書けないです」
スポーツ報知 7月8日(火)7時4分配信
 西前頭5枚目・遠藤(23)=追手風=が7日、三重・鈴鹿市の部屋で稽古を行い、新十両・大栄翔(20)らに16番取って全勝と圧倒。稽古後に七夕の願いに「ありすぎて書けないです」と笑った。夜には名古屋市内のホテルで行われた自身の後援会「藤の会」の激励会に出席し、この日48歳の誕生日だった師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)に花束とお酒をプレゼント。集まった約500人のファンに「皆さんに喜んでもらえるような相撲をとれるように頑張りたい」と誓った。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です