【春場所】稀勢がカド番脱出!逆転Vへ19日VS日馬 相撲懸賞クイズ


さ!面白くなって参りました!

稀勢の里が憂い無く前進できる体勢に、そして大砂嵐の再出場

ナカナカ面白くなってきそうです!

クイズも凄いです!

シマシロウ関  下位 6位 愛知県半田市

どどどどうでしょう!

トリエモン関    下位 50位  広島県広島市

ファンタスティック!

つい興奮して使ったことのない言葉まで飛び出します(^^ゞ

シロマティ関    下位147位  愛知県名古屋市

トラキチ関     下位253位  石川県小松市

マタマケタ関    下位262位  島根県太田氏

ヤタカヤマ関    下位419位  岡山県高梁市

ケイチャン関    下位446位  福井県福井市

上位を見てみましょう

ミマキヤマ関   284位  長野県東御市

リュウタ関    697位  三重県松阪市

マルチャン関   748位  福井県福井市

オモシロイ関   565位  茨城県ひたちなか市

カイトウミ関   448位  北海道石狩市

フクタロウ関   350位  愛知県半田市

なんかすごく激しいです(^^ゞ

wpid-03-199.37.02-2014-03-19-12-13.png

【春場所】稀勢がカド番脱出!逆転Vへ19日VS日馬
スポーツ報知 3月19日(水)7時4分配信

wpid-20140318-00000256-sph-000-0-thumb-2014-03-19-12-13.jpg

勢(右)を厳しく攻め立てる稀勢の里
 ◆大相撲春場所10日目 ○稀勢の里(寄り切り)勢●(18日・大阪市ボディメーカーコロシアム) 大関・稀勢の里が、初めてのカド番を脱出した。西前頭4枚目・勢を寄り切って勝ち越しを決めた。トップを2差で追い、優勝の可能性も残す。今場所は日本人力士の新星・遠藤が脚光を浴びるが、日本の期待を背負ってきた和製大関が終盤戦で存在感を示す。白鵬、日馬富士の両横綱はともに全勝を守った。両横綱の無傷10連勝は2場所ぶりとなった。1敗で大関・鶴竜、2敗で稀勢の里、関脇・豪栄道が追う。

 稀勢の里は動じなかった。勢に自身の左に動かれ、土俵際に追い込まれた。こらえて食い止め、得意の左四つ。逆襲すると、最後は右上手も引きつけて寄り切った。「動かされましたね。ああなったら(捕まえたら)慌てないようにという気持ちでした」

 今年の初場所では2度目の綱取りに挑みながら、右足親指のじん帯を損傷して千秋楽を休場。今場所は一転して自身初のカド番で迎えた。10日目で給金を直してカド番を脱出した。「またいつもとは違う勝ち越しですね」。最低限の目標を突破し、ホッとした表情だった。

 苦戦した先場所は場所前から不安を抱えていた。父・萩原貞彦さん(68)は「(右足親指の)じん帯が伸びていて、悪い状態だった。もともと痛めていたんです」と明かす。貞彦さんによれば、その影響で場所前の稽古では、そんきょもまともにできない状態だったという。綱取りの重圧以前の問題だった。

 そこで、先場所後の稽古休みを故郷の茨城・牛久市の実家で過ごした。「(丸々1週間過ごすのは)入門後はおそらく初めて」(貞彦さん)という。一人暮らしで都内のマンションでは動けないための措置だった。万全ではないが、慣れ親しんだ環境でリラックス。肉体面でも精神面でもいい効果を生んだ。支えてくれた家族に、まずは1つ目の恩返しを果たした。

 北の湖理事長は「これで楽な気持ちで(横綱戦に)ぶつかっていける。稀勢の里が優勝のカギを握っている」と期待した。11日目は日馬富士戦。横綱ながら5連破中と得意の相手だ。「いい状態で臨めるんで思い切っていきたい」と稀勢の里。新星の遠藤が注目を集める場所で「日本人ホープ」と期待され続けてきた男が存在感を見せる。

<大相撲春場所>大砂嵐が再出場へ…12日目から
毎日新聞 3月19日(水)11時59分配信
 大相撲春場所を途中休場した東前頭11枚目の大砂嵐(22)=大嶽部屋=が20日の12日目から再出場することになった。8日目の遠藤戦で右脚付け根付近を痛め、10日目から休場していた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.