動き硬く、また格下に苦杯…稀勢の里ポツリ「弱さが出ました」 相撲懸賞クイズ


ため息・・・

ま、これで吹っ切れて元気に相撲が取れるのでは?

などと思ったり(^^ゞ

ま、勝負の世界

精神力が問われますね

心技体、心が一等最初のはずですね

動き硬く、また格下に苦杯…稀勢の里ポツリ「弱さが出ました」
スポニチアネックス 1月12日(日)

wpid-20140112-00000107-spnannex-000-7-thumb-2014-01-13-15-17.jpg

豊ノ島にすくい投げで敗れた稀勢の里


 ◇大相撲初場所初日(2014年1月12日 両国国技館)

 稀勢の里は対戦成績24勝7敗と圧倒していた豊ノ島を相手にまさかの黒星。初日から格下に取りこぼし、悲願の綱獲りへ苦難のスタートとなった。

 緊張があったのか動きが硬く、もろ差しを許すと右上手も切られ、最後はすくい投げで転がされた。支度部屋に戻った稀勢の里はしばらく無言で、テーピングを外すとようやく「弱さが出ました」とポツリ。それでも「また明日からですね」と必死に前を向いた。

 初めて綱獲りに挑んだ昨年の名古屋場所でも平幕に苦戦し、7日目までに3敗を喫した。2度目の挑戦となった今場所、13勝以上の優勝が求められる状況で痛恨の1敗。それでも稀勢の里にとって希望が持てる前例もある。1981年の名古屋場所で綱獲りに挑戦した元横綱・千代の富士の九重事業部長は、初日に黒星もその後14連勝して優勝し昇進を決めた。その九重事業部長は「初日に負けたのは痛いが、ただの1敗だと思えばいい。こういうところを乗り越えて横綱がある」と27歳へエールを送っていた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.