貴景勝、大関昇進目安33勝へ「来場所は質高める」

いや〜千秋楽までもつれた優勝戦。
ようやく本日観戦しました#^^#

先々場所の御嶽海、そして貴景勝、新時代到来とも言うべき場所ですね

妙義竜>千代大龍

シンと静まりかえる会場。2度の待ったの後に、3度目。力強い立ち合い、押し出しで妙義竜。前頭筆頭で勝ち越し。帰り三役が濃厚。

貴景勝>錦木

昨日、大関高安に敗れて12勝2敗で迎えた千秋楽。
1度の待ったから、フワッとした立ち合い。出足は錦木、土俵まで一気に押し込むも、チョット引いた錦木。貴景勝が押し込んで白星。結びの結果を待つばかりに。

高安<御嶽海

本年最後、結びの取り組み。高安が勝てば決定戦と言う大一番。
立ち合い体当たり。御嶽海が土俵際まで押し出すも、高安、左の下手を引いて凌ぐ。土俵中央、御嶽海が下手を引いて右からのおっつけ。右から抱える高安。ほぼ中央上手を探り、上手が欲しく、御嶽海の下手を切りたい高安が我慢し切れずに強引に寄った高安をすくい投げで御嶽海の白星。
よって貴景勝、ご当地で初優勝、22歳。
先々場所優勝の御嶽海、そして今場所の貴景勝。
来年は、新時代の幕開けでしょうか!!

素晴らしい場所でしたね#^^#

そして大相撲クイズです!
いつもよりチョット元気なかったでしょうか^^;
とは言え、常連の皆さんシッカリと入賞されてますね!
アヤカ・トシオ関、ヤオチタカ・イタコチカ関、Wで入賞おめでとうございます

オカノヤマ関  176位  山口県萩市
トシオ関    308位
アヤカ関    426位
ナオミヤマ関  494位  宮城県仙台市
シャケ関    578位
オオアタリ関  939位  茨城県ひたちなか市

トラキチ関   下位101位 石川県小松市
ケイチャン関  下位266位 福井県福井市
ヤオチオタ関  下位419位 茨城県ひたちなか市
イタコチカ関  下位463位 茨城県ひたちなか市

今年の〆である九州場所。結びでは、御嶽海が大関を破り、弱冠22歳の若獅子貴景勝が殊勲の賜杯を手にする、来年への期待を思いっきり膨らますような展開でしたね#^^#

今年も大変お世話になりました。
来年も、楽しくよろしくお願い致します#^^#

 

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や
 次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

 

貴景勝、大関昇進目安33勝へ「来場所は質高める」

11/27(火) 10:06配信

日刊スポーツ貴景勝、大関昇進目安33勝へ「来場所は質高める」

 

 

優勝一夜明け会見で本紙を手にする貴景勝(撮影・栗木一考)

九州場所で初優勝を果たした小結貴景勝(22=千賀ノ浦)が26日、福岡・篠栗町の宿舎で優勝一夜明け会見を行った。会見開始直前まで寝ていたといい「何も考えずに寝られたのがうれしかった」と重圧からの解放に本場所中では見せなかった柔和な表情を見せた。

【写真】母・純子さんを見つめる貴景勝

場所前には師匠だった元貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会を退職し、所属先は貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋へと変わった。環境が大きく変わっての優勝だったが、「達成感を出している場合ではない。今場所で終わりならあるかもしれないけど、まだまだありますし」と余韻にひたることはなかった。

秋場所は9勝で九州場所との合計は22勝。三役で3場所合計33勝が大関昇進の目安とされているが、25日の千秋楽時点では、阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は来年初場所が明確な大関とりではないという認識を示した。それでも高次元の成績なら昇進の声が上がる可能性があるとしたが、貴景勝は「まだまだ顔ではない。来場所は白星、黒星ではなく、質を高められるようにやりたい」と今は意識しなかった。

3横綱不在だった一年納めの場所を締めたニューヒーロー。だが会見中に浮かれる様子は1度もなく「これが最初で最後にならないようにやっていかないといけない」と、早くも2回目の優勝を視野に入れた。【佐々木隆史】

貴景勝、神がかり星 V目前、高安との直接対決「突き押ししかない」

昨晩は観ました#^^#
いいですね〜、貴景勝。いろいろ心労もあったでしょうに元気に先頭を走ってますね!
平幕優勝。とても良い響きです。なんかボクは大好きです#^^#

貴ノ岩<栃ノ心

立ち合い貴ノ岩ノ前まわしが速い!大関もすかさず上手をとる。
土俵際、貴ノ岩の果敢な攻め、全身真っ赤に染めながらまわしを引いて防戦の大関栃ノ心。
深く上手をとっている大関、左足の開いてしまって腰砕け、貴ノ岩に土。

御嶽海<千代大龍
先場所大関獲りに輝いていた御嶽海。チョット元気ありません。
力強い立ち合いの千代大龍に対して、いささか体をかわして逃げ気味の御嶽海。
かわした体で御嶽海の甘い突き。千代大龍かわしてはたき込み。御嶽海7敗。

貴景勝>碧山
両者元気のイイ立ち合い、そして両者の突き。土俵際まで一気に押す貴景勝、戻す碧山。
会場は沸くほどの激しい突きで土俵中央へ。貴景勝の、なにやら謎めいた突きが入って、碧山が吹っ飛んで、押し倒しで貴景勝、単独1位を守る!解説の北の富士さんも嬉しそう#^^#

さ、明日にも優勝が決まるかもですね#^^#

そして大相撲クイズです!

オカノヤマ関 131位  山口県萩市
ナオミヤマ関 335位  宮城県仙台市
トシオ関   233位
シャケ関   619位
アヤカ関   332位
オオアタリ関 610位  茨城県ひたちなか市

トラキチ関   下位119位 石川県小松市
ケイチャン関  下位330位 福井県福井市
ヤオチオタ関  下位446位 茨城県ひたちなか市
イタコチカ関  下位374位 茨城県ひたちなか市

さ、運命の本日ですね#^^#

貴景勝、神がかり星 V目前、高安との直接対決「突き押ししかない」

11/24(土) 6:00配信

デイリースポーツ貴景勝、神がかり星 V目前、高安との直接対決「突き押ししかない」

 

 碧山(左)を押し倒しで下す貴景勝(撮影・中田匡峻)

「大相撲九州場所・13日目」(23日、福岡国際センター)

小結貴景勝が平幕碧山を押し倒して自己最多12勝目を挙げ、1敗で単独トップをキープした。14日目、1差で追う大関高安とついに直接対決。勝てば自身初優勝、小結では00年夏場所の魁皇以来の優勝が決まる。高安は平幕大栄翔を押し倒しで退け11勝目を挙げて2敗を守った。14日目に勝って千秋楽で逆転初優勝を目指す。3敗の平幕隠岐の海までが優勝の可能性を残す。

貴景勝の気迫と勢いが碧山をのみ込んだ。激しい突きの応酬は押し込み、押し返された。組まれかけるのを振りほどいて逆襲。下から突き上げた瞬間、197キロ巨漢が右膝から勝手に崩れていった。

神がかりと思える程の相手の自滅。「気持ちだけでいけた。パワーも経験も負けている。自分の力を出し切れた」と、極限の集中力が勝負運を呼んだ。

自己最多の12勝に伸ばし、8日目から単独トップをキープ。いよいよ14日目、1差で追撃してきた大関高安と直接対決を迎える。勝てば千秋楽を待たず初優勝が決まる。その緊張を22歳は受け止める。「勝ちたい気持ちより、やることがある。同じように準備するだけ。高ぶるのは当たり前。自分と向き合うことを徹底する」

相撲を始めた時から突き押し一本。運命の一番を前にして気持ちを問われると「突き押ししかしていない。それを徹底する」と、心にぶれはない。

八角理事長(元横綱北勝海)は「貴景勝は急激に力を付けた。芯がしっかりしているから相手を動かせる」と絶賛。大一番に向け「貴景勝は負けても(星は)同じと思えるくらいの度胸はある」と気持ち面で互角と見た。

先場所後に貴乃花部屋が消滅し、千賀ノ浦部屋に転籍。先代師匠・貴乃花親方の教えは常に体の芯にある。「根本的な教えを忘れず、しっかり自分の幹として叩き込んでいかないと」と心に誓う。

22度の優勝を誇る先代に対し「すごさの次元が違う。食らいついていこうという気持ちだけ」とまだ足元にも及ばない。それでも初優勝は何よりの恩返し。先代に「食らいつく」V1を24日に決める。

貴景勝1敗死守「考えずにいけた」節目100勝飾る

んん〜〜〜昨晩、ようやく相撲が観られました^^;
なんとも時間がございません
既に暮モードでしょうか・・・

せっかくの今年の〆である九州場所だと言うのに。

昨晩は観戦したものの、これまでの調子がわからないのでいささか不完全燃焼。
ちゃんと観ないと楽しくない!が改めて確認^^;

10日目

1敗 貴景勝
2敗 大関高安
   大栄翔、碧山、阿武咲

なんと!平幕優勝が見えるような星取りですね〜
解説が鏡山さん、茨城の多賀竜ってのも意味深です#^^#
あれは科学万博や取手二高優勝などの重なった85年ごろだったでしょうか・・・

ナカナカ面白そうではありませんか!!

さて、大相撲懸賞クイズです。

トラキチ関  下位 57位  石川県小松市

サスガが強いですね#^^#

オカノヤマ関  163位  山口県萩市
ナオミヤマ関  295位  宮城県仙台市
トシオ関    456位
シャケ関    563位
アヤカ関    876位

ケイチャン関 下位243位 福井県福井市

ヤオチオタ関 下位437位 茨城県ひたちなか市
イタコチカ関 下位466位 茨城県ひたちなか市

アヤカ関、トシオ関 Wで上位を伺っておりますね
ヤオチオタ関、イタコチカ関、毎場所のごとく下位で上位を伺っておりますね!

さ、10日目過ぎまして佳境ですね#^^#

 

 

貴景勝1敗死守「考えずにいけた」節目100勝飾る

11/20(火) 19:04配信

日刊スポーツ貴景勝1敗死守「考えずにいけた」節目100勝飾る

北勝富士(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・鈴木正人) 

<大相撲九州場所>◇10日目◇20日◇福岡国際センター

小結貴景勝(22=千賀ノ浦)が、西前頭筆頭の北勝富士(26=八角)を押し出しで下して単独トップを守った。立ち合いで、立ち遅れた北勝富士が待ったと思い力を抜いたが、貴景勝は集中力を切らすことなく一気に前に出て勝負を決めた。「積極的にいこうと思いました。そんなに考えずにいけたと思います」と後半戦でも落ち着いている。

 

節目となる幕内100勝目を記録。年納めの場所で、初優勝の期待もかかる若手は「負けて後悔しないようにやりたい。頑張らないといけない。明日も集中して」と話した。1差の4力士から追いかけられる展開も「1敗とか2敗とか関係ない。自分がどういう風に戦っていくかだけを考えていきたいです」と言い切った。