御嶽海10連勝 理事長、来場所大関とり示唆

10日目を迎えまして混沌の名古屋場所ですね

全勝 御嶽海
2敗 栃煌山 朝乃山
3敗 豪栄道 高安 魁聖 貴景勝 魁聖 千代大龍 妙義竜 豊山 遠藤 北勝富士 

御嶽海が元気ですね!
これはもしかするとですね#^^#

そして栃煌山。昨年あたりは三役常連でもありましたが、今年は不調。でも復活のようです!
3敗には、大関を除けば若手の元気印がゾロリ。楽しみですね#^^#

・豊山>宝富士
前日遠藤を破った豊山。執拗な突き押しで押し切って押しだし7勝目。

・貴景勝>阿炎
元気印の阿炎が突き突きで攻めるも、落ち着いた貴景勝の突き落としで7勝目。

・輝<御嶽海
大関の呼び声もかかる快調の御嶽海。突いて中に入って、鬼のような一気の寄り切りで御嶽海10勝ストレート。

・高安<魁聖
カド番脱出を図る高安。頭でガッツリ当たる両者。左四つで深くまわしを取った高安を、魁聖、左からの強引な小手投げで高安は土俵下、腰を強打。

今日からまた熱くなりますね#^^#

そして大相撲懸賞クイズです!

うおおお!凄いです!タケヤウミ関、グッと上がって参りました!!
カンカル関、シャケ関、一気に二ケタへ躍り出ました!
ケイチャン関、上位で静観の構えです
マタカッタ・マタマケタ関、Wで元気に浮上です
タニノヤマ関、オカノヤマ関、フクシロウ関グーンと上がって参りました!
オモシロイ関、マルチャン関、圏外から一気の寄り!

57位  タケヤウミ関  茨城県日立市
95位  シャケ関    富山県高岡市

下位22位  ケイチャン関 福井県福井市
位82位  カンカル関  茨城県つくば市

 

177位 オモシロイ関  茨城県ひたちなか市
297位 タニノヤマ関  東京都北区
250位 フクシロウ関  愛知県半田市
299位 オカノヤマ関  山口県萩市
312位 マタカッタ関  島根県大田市
458位 マルチャン関  福井県福井市

下位114位 マタマケタ関  島根県大田市
下位186位 ヤタカヤマ関  岡山県高梁市
下位241位 カイトウミ関  北海道石狩市
下位251位 ホシノ関    茨城県ひたちなか市
下位338位 カンタロウ関  茨城県ひたちなか市
下位419位 トラキチ関   石川県富山市

なんかものすごく皆さん成績よろしいですね#^^#

激動の後半戦が始まりました#^^#
応援よろしくお願いします#^^#

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や
 次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

 

御嶽海10連勝 理事長、来場所大関とり示唆

7/18(水) 9:20配信

御嶽海10連勝 理事長、来場所大関とり示唆

田中マルクス闘莉王(右)と握手を交わす御嶽海(撮影・岡本肇) 

<大相撲名古屋場所>◇10日目◇17日◇ドルフィンズアリーナ

 関脇御嶽海(25=出羽海)が大きな壁を越えた。平幕の輝を寄り切りで下して初日から10連勝した。三役での2桁白星は10場所目にして自身初。1差で迫っていた平幕の朝乃山が星を落とし、後続を2差離して優勝争いを単独トップで引っ張る。初優勝に向けて白星を上積みすれば、秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)での大関とりの可能性も出てくる。

 

 いつも支度部屋では感情を出さない御嶽海が、この日は違った。「めっちゃうれしいですよ。ようやくだから」。短い、簡単な言葉に喜びがにじみ出た。

 立ち合いでまわしが取れなくても焦らなかった。突き合いとなったが引かず、右を差してから左を差して、一気に土俵際まで運んだ。初顔合わせの相手だったが「今までの意地もありますしね。力の差を見せつけられたと思います」と、地力の差を見せつけた。

 場所前の悔しさが力になった。7月2日に栃ノ心、3日に豪栄道、高安、栃ノ心の大関陣らが自分の部屋に出稽古に来た。2日は栃ノ心に5勝16敗。3日は大関陣らの申し合い稽古に入れず、最後に栃ノ心と2番取ったが勝てなかった。番付は1つしか違わないが、それ以上の力の差を痛感。だが、師匠の出羽海親方(元前頭小城ノ花)は「気持ち的に成長した」と、場所前の経験が好調の要因と分析した。

 大関昇進のチャンスが巡ってくるかもしれない。協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は「この後の星次第で来場所、大関の声も出てくるだろう。1番でも多く勝つこと」と、秋場所で大関とりになる可能性を示唆した。昇進の目安は、三役で直近3場所33勝以上。夏場所と合わせて現在19勝で、今場所さらに白星を上積みすれば可能性は十分にある。

 3横綱休場場所を、見事に単独トップで引っ張っている。今日11日目は、過去4戦4敗の平幕の魁聖。「苦手な相手だから」と漏らしたが「2桁乗ったから明日からクールダウン」と冗談を言う余裕があった。初優勝へ、運命の後半戦が始まる。【佐々木隆史】

 ◆八角理事長(元横綱北勝海)のコメント 御嶽海は自分の相撲に自信をつけている。今日でも恐れずに行っている。気持ちが強い。今場所は何か1つ、つかんだという場所にしたいだろう。高安は痛い1敗。(両大関とも)ここに来ての(御嶽海との)3差は大きい。

 

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や
 次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!