俺が主役!御嶽海、初のストレート給金8連勝でトップ快走

相撲をほとんど観られない・・・
なにやら盛り上がっているというのに、残念です^^;

大荒れの名古屋の真骨頂とも云うべき内容ですね

 

横綱が不在、不調のカド番大関、期待の新大関の休場・・・
これでは、イヤでも関脇以下が盛り上がりますよね!
案の定、御嶽海のストレート勝ち越しの元気。

続く1敗で遠藤、朝乃山。
あとはなんだか混沌ですね^^;
かなり面白い展開のようですね!

そして大相撲懸賞クイズです

ケイチャン関、是非ともこのまま駆け上がって頂きたいです#^^#

タケヤウミ関、二ケタを維持、とっても元気です
マタカッタ関、マタマケタ関 上下で元気です。
ヤタカヤマ関、もうスグ二ケタですね!
ホシノ・カンタロウ関、下位をWで元気です!往年の新日ファンでしょうか(^^ゞ

 

99位    タケヤウミ関  茨城県日立市

下位21位  ケイチャン関 福井県福井市

 

176位  シャケ関    富山県高岡市
517位  マタカッタ関  島根県大田市
609位  フクシロウ関  愛知県半田市
714位  オカノヤマ関  山口県萩市 
760位  アオマティ関  愛知県名古屋市
848位  タニノヤマ関  東京都北区

 

下位106位  ヤタカヤマ関  岡山県高梁市
下位136位  マタマケタ関  島根県大田市
下位163位  カンカル関   茨城県つくば市
下位173位  カイトウミ関  北海道石狩市
下位228位  ホシノ関    茨城県ひたちなか市
下位372位  トラキチ関   石川県富山市
下位441位  カンタロウ関  茨城県ひたちなか市

この荒れる名古屋で皆さん元気です!
さ、中日を超えて10日目を過ぎますと阿鼻叫喚かもです(^^ゞ

おおいに楽しくワクワクしましょう#^^#

 

 

 

俺が主役!御嶽海、初のストレート給金8連勝でトップ快走/名古屋場所

7/16(月) 7:00配信

大相撲名古屋場所中日(15日、ドルフィンズアリーナ、観衆=7629)ただ一人全勝の関脇御嶽海(25)は平幕千代の国(28)を寄り切り、初の中日勝ち越しを決めて単独首位をキープした。人気の平幕遠藤(27)は取り直しの末に妙義龍(31)を寄り切り、碧山(32)を退けた平幕朝乃山(24)とともに1敗を守った。かど番の2大関は高安(28)が6勝目、豪栄道(32)は5勝目を挙げた。

一瞬、ひやりとしたが単独トップはきっちり守った。自身初のストレート給金。土俵際まで後退してからの逆転に御嶽海は大きく息をついた。

「危なかった。足が出なかった。でも、膝には余裕があったから」

千代の国のいなしに体が泳いで後退。だが、すぐに体勢を立て直した。向き合ってもろ差し。相手の引きに乗じて前に出た。最後は万全の寄りで8連勝。3横綱が不在となり、新大関の栃ノ心も休場した場所で存在感は日に日に増してきた。

「きょうから初日で、これからという気持ちだった。一つ目標を達成できてよかった」

1差で追う遠藤、朝乃山を意識するかと聞かれると「全然」と即答した。初場所は初日から7連勝しながら8勝7敗に終わった。「失速したと言われたくない。初場所より一つ多く勝っただけ。白星をこのあともつなげる」。無欲で臨む今場所。半年前の二の舞いは避けたいとの思いが今はまだ強い。「足がよく動いているから(いなしを)残せた」と評価した八角理事長(元横綱北勝海)も「優勝を意識するのは10、11日目からでいい」と話した。

賜杯争いの先頭に立って後半戦に突入する。優勝経験があるのは大関豪栄道と琴奨菊の2人だけ。本命不在の中、本人の思惑とは裏腹に平成生まれの国内出身力士では初となる優勝の期待は高まってきた。

出身地の長野・上松町から本場所では最も近い名古屋場所。準ご当所の御嶽海に館内の声援も大きくなる。平成28年九州場所で新三役に昇進し、関脇は今場所で通算6場所目。初Vへ機は熟してきた。

 

遠藤、命拾い7勝!軍配妙義龍から「同体取り直し」に…今度は寄り切って1敗キープ/名古屋場所

7/16(月) 7:00配信

大相撲名古屋場所中日(15日、ドルフィンズアリーナ、観衆=7629)東前頭6枚目、人気の遠藤(27)は取り直しの末に妙義龍(31)を寄り切って自己最速タイでの7勝目を挙げた。関脇御嶽海(25)は千代の国(28)を寄り切り、8戦全勝で勝ち越し。単独首位をキープした。かど番の2大関は高安(28)が6勝目、豪栄道(32)は5勝目を挙げた。全勝の御嶽海を1敗で平幕遠藤、朝乃山(24)の2人が追う。

一気に寄られて、俵にかかった右足一本。それを軸に遠藤が捨て身の下手投げを打つ。左足は跳ね上がり、上体はねじれた。弧を描きながら妙義龍とともに土俵下へ落下。遠藤の右足裏は天井向きに返った、いわゆる「死に体」にもみえた。

軍配は妙義龍へ。だが、物言いがつき、同体とされて取り直しに。「最後まで気持ちを切らさず相撲を取れてよかった」。こぼれかけた白星が息を吹き返した。

取り直しの一番は遠藤が十分の左を差し込み、右から強烈に絞りながら上手を引いて寄り切り「勝ち切れてよかった」。3横綱1大関が休場した今場所。全勝の御嶽海を追走する1敗を死守した。

長く悩まされた右足首の故障の快癒もうかがわせる。遠藤は日々の朝稽古でその日初口の四股、すり足の感覚を大事にしている。足を高く上げて、土俵を踏む。足の裏から体に伝わってくる感触だ。「毎日ではないが、そのときどきで感覚は違う。調子が落ちかけているときはとくに」。

陸上生物は誕生と同時に重力の影響を受ける。この重力に対抗する筋肉群が抗重力筋。脳と足の裏は直結しており、脳が末しょう神経を駆使し、直立姿勢を保つための抗重力機構を動かす。「今場所はとくにかわっていない」と体と会話する。

1敗(7勝)で8日目を折り返すのは平成28年秋場所で13勝を挙げて以来。このときは優勝次点で賜杯争いにも絡んだ。師匠の追手風親方(元幕内大翔山)は「状態はそれほどよくないが、勝ちが勝ちを生んでいる」。伸びしろを残して、後半戦へ突入する。

 

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や
 次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

安美錦、大鵬に並ぶ872勝 史上8位「光栄」

7/16(月) 7:04配信

安美錦、大鵬に並ぶ872勝 史上8位「光栄」

豪風(右)をはたき込みで破る安美錦

◆大相撲名古屋場所8日目 ○安美錦(はたき込み)豪風●(15日・ドルフィンズアリーナ)

安美錦が豪風との39歳対決を制した。息をのむ3度目の立ち合い。右手で張った流れではたき込んだ。「体が(自然と)はたきにいった。結果オーライ」。97年初場所の初土俵から872個目の白星を積み上げ、史上8位の大鵬に並んだ。

支度部屋で昭和の大横綱の名前を聞くと「肩を並ばせていただいたのは光栄。(大鵬は)テレビで見たことしかない。神様みたいな存在。長く相撲を続けたご褒美じゃないかな」と謙遜した。

場所前には絵莉夫人が、就寝時の冷房で体が冷えすぎないようにと、ショウガたっぷりの手作りギョーザを届けてくれた。愛情にも包まれて「家族も戦ってくれている。もっと勝たないとね」と奮起。6勝2敗の好成績で折り返し、夏場所で自ら塗り替えた昭和以降1位の最年長再入幕記録(39歳6か月)の更新も視野に入る。

 

 

朝乃山の平幕Vに吉兆 最も多い名古屋の高砂部屋

7/16(月) 9:37配信

朝乃山の平幕Vに吉兆 最も多い名古屋の高砂部屋

碧山(右)を寄り切りで破り、1敗を守った朝乃山(撮影・岡本肇)

<大相撲名古屋場所>◇8日目◇15日◇ドルフィンズアリーナ

西前頭13枚目の朝乃山(24=高砂)が1敗を守り、優勝争いの台風の目として存在感を発揮し始めた。巨漢の碧山を、得意の右四つから寄り切る完勝で勝ち越しに王手。全勝の関脇御嶽海を、遠藤とともに1差で追走している。年6場所制となった1958年(昭33)以降、最も平幕優勝が多いのが名古屋場所。同場所での過去5人の平幕優勝のうち、3人が高砂部屋というデータも後押しする。

 立ち合いは相手の圧力に上体をのけぞらせた。それでも朝乃山は前に出た。生命線の左上手を取ると、右もねじ込んだ。自身より27キロも重い、192キロの碧山と胸を合わせて真っ向勝負を挑み、寄り切った。「突っ張られても起こされても落ち着いて取れた。止まったら重い相手。怖がったら負ける。休まず攻めきろうと思った」と胸を張った。

3横綱と新大関栃ノ心が休場し、優勝争いは混戦模様だ。そんな中、名古屋場所の平幕優勝は5人と、最も多いというデータが後押しする。しかも5人のうち富士錦、高見山、水戸泉の3人が高砂部屋。朝乃山もこの日の朝稽古後「チャンスをものにしないと。優勝を狙いたい」と宣言した。

今場所で新入幕から6場所目、1年が経過する。新入幕の昨年秋場所で10勝を挙げて敢闘賞を受賞。若手のホープと期待されたが、最高位は西前頭11枚目にとどまり「いつまでも下でウロチョロしているわけにはいかない」と歯がゆさがある。6月に富山市に帰省した際、昨年1月に40歳で亡くなった母校の富山商相撲部監督だった浦山英樹さんの家族のもとを訪れた。仏壇に手を合わせて「名古屋では2ケタ勝ちます。見守ってください」と誓った。

今場所に向け、富山の名産で出世魚のブリが描かれた浴衣地を自費で作った。「ブリを横綱だと思って作った。自分はまだ金魚だけど」。成長への意欲をのぞかせた。【高田文太】

 

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や
 次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!