稀勢の里 夏場所全勝Vへ「一からつくり直す」 相撲懸賞クイズ

チョット雰囲気違うかも(#^^#)

眠れる獅子、目覚めたか!!

楽しみです(#^^#)

無料カタログ配送はじまります

よろしくお願いします(#^^#)

稀勢の里 夏場所全勝Vへ「一からつくり直す」
スポニチアネックス 4月27日(水)7時2分配信

20160427-00000051-spnannex-000-0-thumb-2016-04-27-11-10.jpg

<田子ノ浦部屋朝稽古>擦り足の稽古をする稀勢の里

 大関・稀勢の里は東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で始動し、土俵での稽古は行わずに立ち合いの当たりなどを確認した。

 春場所は13勝を挙げ、夏場所でハイレベルの初優勝を飾れば横綱昇進の可能性が出てくる。本人は綱獲りの意識はないが「全部勝つつもりじゃないと優勝はできない」と全勝を目標に掲げた。春巡業の稽古では積極的に土俵に上がるなど状態はいいが「状態を維持するのではなく、一からつくり直す」と初日までに本場所仕様の体に仕上げていく。

稀勢の里「アンチ・ルーチン」で初優勝→綱取りに挑む「全部ぶっこわす」
スポーツ報知 4月27日(水)7時4分配信


  •  大関・稀勢の里(田子ノ浦)がアンチ・ルーチンで初優勝に挑む。春場所で自己最多タイの13勝。夏場所(5月8日初日・両国国技館)では内容、成績とも高レベルの優勝なら一気に横綱昇進の話が浮上しそうだが「意識はない。(先場所と)同じことをするとストレスになる。全部ぶっこわしてもいい」と一から出直す決意だ。

 夏場所を告知するポスターは華麗に塩をまく自身の姿が描かれているが、「このタイミング? 決まってたんじゃないの」と無心を貫いた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

琴勇輝が新関脇 飛び級浮かれず“銭湯モード”、高み見据える 相撲懸賞クイズ

さ、ソロソロ夏場所の雰囲気が漂って参りましたね

先場所は、綱取りあるかと思いきや大関陣と佐渡ヶ嶽部屋の強さの目立った場所でした

さ、今場所はいかがなもんでしょうか(#^^#)

相撲クイズも現在あれこれ手続き中です
無料カタログのご応募お待ちしております(#^^#)


 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

琴勇輝が新関脇 飛び級浮かれず“銭湯モード”、高み見据える
スポニチアネックス 4月26日(火)7時1分配信

番付の自らのしこ名に指をさす琴勇輝。右は師匠の佐渡ケ嶽親方

 日本相撲協会は25日、夏場所(5月8日初日、両国国技館)の新番付を発表し、3月の春場所で1横綱2大関を破り12勝と活躍した琴勇輝(25)が新三役となる関脇に昇進した。千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で行われた会見では関脇で満足することなく、さらなる高みを見据えて精進することを約束。“銭湯力士”としての顔を持つ期待の25歳が、角界の看板力士となるべく戦闘態勢に入った。

 小結を超えて一気に関脇にジャンプアップした琴勇輝は「うれしいですけど、これで終わりじゃない」と浮かれることはなかった。直接的に大関獲りを宣言することはなかったが「先をしっかり見据えてやっていく。自分の相撲を取り切ることで大関も後からついてくる」と関脇で満足している様子もなし。りりしい瞳で見据えるのは大関、そして横綱昇進。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)からも「あと2つありますから」と背中を押されている。

 香川県出身では新三役、新関脇ともに1960年名古屋場所の若三杉以来56年ぶりの昇進。3年前の九州場所で左膝に大ケガを負ったが、死に物狂いでリハビリを乗り越えて復活した努力型だ。日々の生活においては無類の銭湯好きという一面も持つ。ほぼ毎日通い「財布の中がほとんど回数券」。場所中も取組後に2時間かけて入り、これまでの最長記録は「4時間ぐらい」。炭酸泉を好み、お湯と水風呂を交互に漬かりつつ2リットルほどの水分補給も行う。

 普段は部屋近隣のスーパー銭湯やラドン温泉に通うが、地方場所中や巡業中も欠かさず出向き「巡業中はバス移動の時に調べる。よっぽどの田舎じゃなきゃ5キロ圏内に何かしらある」とその目はもはや銭湯マニア。疲労回復の効果があると医師からもお墨付きを得ており「あえて何も考えない時間をつくっている」と心身ともにリラックスできている。

 先場所5日目から続く連勝をどこまで伸ばせるのかにも注目が集まる。本人は「何も考えずにとっていきたい」と淡々と話したが、師匠は「先場所よりも大暴れしてくれれば」と期待。大関への足掛かりにもなる2桁勝利をして、極上の“いい湯”を味わうつもりだ。

躍進の伊勢ノ海部屋 勢が新関脇、錦木は新入幕“同時昇進”
スポニチアネックス 4月26日(火)7時1分配信

 ◇大相撲夏場所番付発表

 伊勢ノ海部屋からは勢が新関脇、錦木が新入幕と“同時昇進”した。

 勢は東前頭4枚目で10勝を挙げての自己最高位。小結だった14年九州場所、今年初場所は負け越しただけに「三役で勝ち越すことが目標」と語り、足腰強化を課題の一つに挙げた。

 入門から11年目の錦木は新十両から丸1年で幕内。その間に体重が20キロ近く増え「立ち合いもよくなってきたかな」と課題克服に近づいている。勢は対戦相手を知らないまま当日を迎えることを習慣とするが、錦木は「(相手を知らないのは)正直、嫌」と苦笑い。長く付け人を務めた兄弟子とは違うスタンスで新入幕場所を闘う。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!