良いニュースかなと(^^ゞ

安見錦関はどうなんでしょうか・・・

遠藤、夏場所間に合う!師匠が「手術回避」断言
スポーツ報知 3月26日(木)

 大相撲春場所で左膝を負傷し6日目から休場した幕内・遠藤(24)=追手風=に、夏場所(5月10日初日、両国国技館)出場の可能性が高まってきた。前十字じん帯断裂と診断されたが、師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)が25日、「前十字の手術は考えていない」と断言した。また、番付編成会議が開かれ、遠藤の弟弟子、川端改め大翔丸(23)=追手風=の新十両昇進が決まった。

 夏場所で人気者の雄姿が見られそうだ。遠藤は春場所5日目の松鳳山戦で左膝が不自然な方向に曲がるけがを負い、「左膝前十字じん帯断裂、半月板損傷により全治2か月」と診断された。前十字じん帯手術となれば復帰まで半年以上を要するが、追手風親方は経過次第と前置きした上で「前十字の手術は考えていない」と明言。これにより早期復帰が見えてきた。

 半月板については「4月中旬に腫れが引いた段階で判断する」と手術を検討していることを明かした。だが、半月板の手術は内視鏡で行われ「内視鏡手術だけなら夏場所は問題ない」と説明。術後10日ほどで稽古を再開できる見込みだ。

 一方で、同親方は夏場所出場に関し「本人とも話して最終的に決める。痛みがなければもちろん出すが、幕下に落ちようが、万全な状態で出す」と慎重な構えも見せた。遠藤は日大3年時の11年9月の試合で、右膝前十字じん帯を断裂。当時は手術をせずに復帰した。その右膝と比較しながら手術の可否を検討するといい「膝のかみ合わせや筋力を考えれば(手術をしなくても)大丈夫だと思う」と話した。

 遠藤は負傷後、大阪・堺市内の病院に入院し、千秋楽翌日の23日に車で帰京。現在は松葉づえ生活を送り、部屋のある埼玉・草加市内で治療に努めている。両国国技館に昨年夏場所から「遠藤お姫様抱っこ顔抜きパネル」が設置されるなど、言わずと知れた「相撲女子」出現の火付け役。18年ぶりに初、春場所が2場所連続で15日間大入りを記録するなど相撲人気回復に大きく貢献してきた。土俵上を沸かすホープの一日も早い回復が待たれる。(安藤 宏太)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

【春場所】照ノ富士、快進撃で“飛び級大関”も 相撲懸賞クイズ

すっかり遅くなってしまい・・・ごめんなさいです

なんとも慌ただしくて・・・などと言い訳(^_^;)

なんか角界は、あれこれ囂しいですね~

大横綱白鵬の舌禍というか、意地ってんでしょうかね~
こじれると何でもないことまで面倒になっちゃいます

千秋楽の横綱対決。
ま~、これでこそ大相撲、横綱対決って醍醐味を見せてくれましたし、
会見の間のも意味深でしたね(^_^;)

14日目、稀勢の里の取り組みは、あれが力士による技術論だとしても、相撲が興業で娯楽であることを考えれば、あるいは大横綱であること、横綱相撲とはドンと受けるって姿勢、ファンの期待、あれこれ考えても「もっと相撲を勉強しろ」って言い草はないよな。
横審がいうような、品格などという抽象的な面倒は求めないものの、それこそ小学生でも分かるような注文相撲を「違う」と言い張りファンを失望させる大横綱は、それはそれで「もっと興業を勉強しろ」といいたくなる。

あ、ごめんなさいです(^_^;)
ついつい・・・

今場所は、横綱大関陣がかなりほろ苦いものの、照丿富士、妙義竜、逸ノ城、ベテラン豊丿里、このあたりが素晴らしかったですね~(^^ゞ

さて、大相撲懸賞クイズです

クロマティ関   95位  愛知県名古屋市

マルチャン関    188位  福井県福井市
オカノヤマ関    824位  兵庫県川西市
タテシナ関     951位  長野県佐久市
アオマティ関    981位  愛知県名古屋市
サトチャン関    996位  茨城県ひたちなか市

シロマティ関    下位166位 愛知県名古屋市
ケイチャン関    下位266位 福井県福井市
シマシロウ関    下位426位 愛知県半田市

クロマティ関、後半ぐっと元気でした!お見事上位95位入賞おめでとうございます(^^ゞ
下位でも上位入賞ですね
そして、マルチャン関。上位・下位Wで好成績入賞です。おめでとうございます!

秀眉なのが、初出場?バタリアン関()これは下二ケタ77賞ですね。
なかなかに珍しい賞ですし、LJカード10枚って、デカイデスヨネ(^^ゞ
おめでとうございます!

ノリヒロ関(茨城県ひたちなか市)も上位ではないのですがWで手堅く押さえてますね。
そういえば、久々、ボクも入賞です!!
嬉しいですっ!!

また次回も、楽しくよろしくお願いします(^^ゞ

wpid-2015-03-2312.53.34-2015-03-23-12-44.png

【春場所】照ノ富士、快進撃で“飛び級大関”も
スポーツ報知 3月23日(月)

wpid-20150322-00000226-sph-000-6-thumb-2015-03-23-12-44.jpg
照ノ富士は殊勲賞、敢闘賞を受賞し「トロフィーが重いよ」と、うれしい悲鳴

◆大相撲春場所千秋楽 ○照ノ富士(小手投げ)豪栄道●(22日、大阪・ボディメーカーコロシアム)

 関脇・照ノ富士に“飛び級大関昇進”の可能性が出てきた。大関・豪栄道を小手投げで破り、13勝目を挙げて初優勝に望みをつないだが、賜杯は横綱・白鵬にさらわれた。それでも、白鵬に唯一の土をつけるなどの快進撃で、殊勲賞、敢闘賞をダブル受賞。新三役の13勝は1957年5月場所安念山以来約58年ぶりの快挙で、審判部は来場所後の大関昇進の可能性も示唆した。

 照ノ富士の望みは散った。「あと一番チャンスがあれば頑張ってみようと思っていた」。東支度部屋のテレビで見つめた結びの一番。兄弟子の日馬富士が2分を超える熱戦の末に敗れ、優勝決定戦進出が消えた。「横綱も自分のために頑張ってくれた」と感謝した。

 豪栄道戦はもろ差しを許したが、両腕で抱えて小手投げ。新三役として最多タイの13勝を挙げ、三賞もダブル受賞し「ちゃんと稽古をやった結果」と笑顔だった。

 部屋の新年会で宣言した「大関昇進」へ視界が開けてきた。昇進目安は「三役で3場所33勝」。先場所は上位総当たりで8勝だが、平幕だった。報道陣が「来場所14勝以上か優勝なら?」と尋ねると、審判部の伊勢ケ浜部長(元横綱・旭富士)は「声が出る可能性はゼロではない」、井筒副部長(元関脇・逆鉾)は「13勝は光っている。優勝なら可能性はある」と語った。三役を2場所で通過すれば、1958年の年6場所制以降では3場所通過の大鵬、豊山、雅山を抜き最速となる。

 照ノ富士は「目の前にある大関をつかみたい。死ぬ気で頑張ります」と誓った。北の湖理事長は「内容が悪ければ厳しい見方になる」と取り口の充実も求めた。「モンゴルに帰ってお父さんとお母さんの隣で寝たいな」。あどけなさを残す23歳が、平成生まれ初の大関への扉を開く。(安藤 宏太)

逸ノ城、三役復帰確実!2桁勝利届かず「もっと勝ちたかった」
スポニチアネックス 3月23日(月)

 ◇大相撲春場所千秋楽(2015年3月22日 大阪・ボディメーカーコロシアム)

 逸ノ城は千代鳳を寄り倒して9勝6敗とし、次の夏場所で三役復帰を確実にした。引き揚げた支度部屋では「大丈夫ですかね」と左膝を負傷した対戦相手をしきりに心配していた。

 今場所はモンゴルから一緒に初来日した照ノ富士の大活躍に刺激された。自身は2桁勝利に届かず「もうちょっと勝ちたかった」と納得できない様子だ。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

白鵬、照ノ富士に馬力で完敗…波乱に場内では座布団乱舞/春場所 相撲懸賞クイズ

たいした23歳だな~
故郷の大先輩であり、不動の大横綱に張り差しをお見舞いとは・・・

また横綱と堂々の渡り合い。3度の横綱の投げをこらえての一気の寄り。
お見事としか言いようがない。

ここに来てまさかの大波乱(#^^#)

相撲の神さま、ここに来て微笑んだようです(#^^#)

そしてそして、妙義竜といい、豊ノ島といいホント良い取り組みでたまらん!!

いや~大相撲って本当に楽しいですね(#^^#)

さて、13日目大相撲懸賞クイズも!!

クロマティ関   114位  愛知県名古屋市
マルチャン関   250位  福井県福井市
オカノヤマ関   864位  兵庫県川西市
マタカッタ関   873位  島根県太田市
タテシナ関    954位  長野県佐久市

ケイチャン関   下位266位 福井県福井市
シロマティ関   下位316位 愛知県名古屋市
シマシロウ関   下位393位 愛知県半田市

ジリジリと微動です(^^;)
チョット緊張感ありますね(#^^#)

さ、あと二日ですぞ!!

wpid-2015-03-2018.14.09-2015-03-21-12-01.png

白鵬、照ノ富士に馬力で完敗…波乱に場内では座布団乱舞/春場所
サンケイスポーツ 3月21日(土)7時0分配信

wpid-20150321-00000002-sanspo-000-2-view-2015-03-21-12-01.jpg

白鵬が敗れる波乱に館内は座布団が乱れ飛んだ(撮影・松永渉平)(写真:サンケイスポーツ)

 大相撲春場所13日目(20日、ボディメーカーコロシアム、観衆=7200)全勝でトップを走っていた横綱白鵬(30)が新関脇照ノ富士(23)に寄り切られて初黒星。昨年九州場所7日目から続いていた連勝が36で止まった。単独首位は変わらず。照ノ富士は11勝目。14日目に白鵬が勝ち、照ノ富士が敗れれば、横綱の2度目の6連覇と34度目の優勝が決まる。

 力なく土俵を割る。すでに、あきらめたように脱力していた。白鵬が土俵際でこらえるより早く、表情を緩める。極めて珍しい一瞬だ。

 歴代最多の優勝記録を打ち立てた白鵬に、照ノ富士の遠慮ない右の張り手が飛んできた。突っ張り合いから左上手を与えてしまう。20キロも重い180キロの照ノ富士に頭をつけられ、引きつけられて寄られた。

 体力、馬力で完敗。波乱に沸く館内は座布団が乱れ飛んだ。勝負審判への批判発言から態度を硬化させている横綱は支度部屋では相変わらず。この日も背中を向けてまげを結い直し、無言、無表情のまま引き揚げた。

 1月の初場所で、元横綱大鵬の通算優勝記録を抜き去った。いま、白鵬がこだわる記録があるとすれば、不滅といわれる連勝記録「69」への挑戦だろう。白鵬が敬愛する「相撲の神様」、元横綱双葉山がつくった偉業。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は「稽古場と同じ。力を抜いた相撲が取れている。平常心がいいね」と好感触を口にしていたが、九州場所7日目から並べた白星も36でストップしてしまった。

 運命の糸がつながる。モンゴル相撲の元横綱、メキシコ五輪・レスリング銀メダリストの白鵬の父、ムンフバトさん(73)が母国で照ノ富士に柔道などを教えていた。才能を見抜いたムンフバトさんが相撲に専念するように勧め、来日。鳥取城北高へ相撲留学した。平成生まれの“弟子”に、息子が倒される現実。世代交代の鐘が鳴る。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

【春場所】照ノ富士“敗戦の弁”腹痛で2敗目「力入ったら出ちゃう感じ」 相撲懸賞クイズ

魁聖・照の富士、稀勢の里・豊の島の取り組み。
あれですよあれ。

いいな~と思ったら、照の富士・・・
力入れたら出ちゃうって・・・ちょっと(^_^;)

ま、いかにも日本らしくて良いんでしょうか(^^ゞ

でも、あの手のガップリ四つに組んで力相撲ってのは観ていて楽しいですね(^^)
優勝の行方はどうあれ、素晴らしい取り組みが一番かなと!

今場所も楽しいですね!

さて、相撲検証クイズです。
こちらも激しくなってきました

クロマティ関  171位  愛知県名古屋市
マルチャン関  326位  福井県福井市
オカノヤマ関  678位  兵庫県川西市
マタカッタ関  876位  島根県太田市
サトチャン関  854位  茨城県ひたちなか市
タテシナ関   897位  長野県佐久市

シマシロウ関  下位199位 愛知県半田市
ケイチャン関  下位335位 福井県福井市
マタマケタ関  下位488位 島根県太田市
シロマティ関  下位452位 愛知県名古屋市

クロマティ・シロマティ関、マルチャン・ケイチャン関、マタカッタ・マタマケタ関が見事に上下で上位を狙ったこの御三方は健在です!!

すごいですね(^^ゞ

さ、これからですよこれから!!

wpid-2015-03-1823.34.20-2015-03-19-15-11.png

【春場所】照ノ富士“敗戦の弁”腹痛で2敗目「力入ったら出ちゃう感じ」
スポーツ報知 3月19日(木)

wpid-20150318-00000209-sph-000-2-thumb-2015-03-19-15-11.jpg
2敗目を喫し、渋い表情で土俵を後にする照ノ富士

◆大相撲春場所11日目 ○魁聖(寄り切り)照ノ富士●(18日、大阪・ボディメーカーコロシアム)

 新関脇・照ノ富士が手痛い2敗目を喫した。西前頭6枚目・魁聖に寄り切られ、優勝争いから後退。敗北の支度部屋では、今場所苦しんでいる腹痛が敗因と断言?した。唯一全勝の東横綱・白鵬は、西大関・豪栄道を上手投げで下し、11連勝で単独トップ堅持。連勝記録も昭和以降7位タイの「35」に伸ばした。西横綱・日馬富士と東大関・稀勢の里は勝ち越しを決めた。

 これまでの快進撃がウソのような、照ノ富士の相撲だった。立ち合いからすぐ魁聖に左上手を取られ一度は動きが止まったが、じわじわ寄る攻めに後退して力無く土俵を割った。優勝を争う上で痛すぎる1敗を喫し、取組後の支度部屋では神妙な面持ちで思わぬ“敗戦の弁”を口にした。

 「最初からトイレに行かないで我慢していた。(土俵)下に座った時からヤバかったけど帰るわけにもいかないし。力入れたら出そうで、力が抜けた。動いたらヤバイ感じだった。力入ったら出ちゃう感じ。(取組中は)ただ立ってただけですね…」

 照ノ富士を取り囲んだ報道陣からは思わず失笑が漏れた。今場所は4日目の朝から腹痛に見舞われ、数日間は何も食べられることができず朝稽古中にトイレに駆け込むこともあった。ここ数日は回復傾向だったが「ミスったなあ。治ってきたから大丈夫やろと思っていた。(力を入れて)勝っても出たらおかしいやろ」ともはや開き直って苦笑いをするしかなかった。

 この日の朝稽古後には「優勝争い? 全然感じてない。何にも思っていない。相撲で緊張したことないし」と笑い飛ばしていた。取組後も「(緊張は)全然なかった」と言い放った。白鵬と優勝争いを繰り広げる中、腹痛が重圧によるものでなかったとすると、悔やみきれない1敗となった。

 まだわずかに残る優勝の可能性。北の湖理事長は白鵬との直接対決を「13日目が一番濃い」と明言した。その前に立ちはだかるのが12日目の豊ノ島。昨年秋場所から3連敗中とあって「当たりたくない」と弱音を漏らしていた。土俵上で“運なく”喫した2敗目。それでも、独走する白鵬を不屈の闘志で、追いかけていく。(安藤 宏太)

稀勢の里 もろ差し許すも粘って給金「相手得意の形…我慢した」
スポニチアネックス 3月19日(木)

 ◇大相撲春場所11日目(2015年3月18日 大阪・ボディメーカーコロシアム)

 大関・稀勢の里は豊ノ島を下して給金を直した。もろ差しを許す苦しい形から左右できめながら寄り、左小手投げで転がした。

 「落ち着いてはないですよ。相手得意の形でしたから。我慢してねえ」と辛抱が実った勝利を強調。「いろいろ納得できない部分はあるけど(状態は)良くなってきた。最後まで頑張りたい」。横綱との対戦で存在感を示すつもりだ。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

大島優子「力士と結婚願望」…理想は白鵬 相撲懸賞クイズ

大横綱も少し丸くなったほうが良い(#^^#)

大島優子「力士と結婚願望」…理想は白鵬
2015年3月17日 11時0分 東スポWeb
wpid-175c5_1399_8bcaec98_abd27f05-m-2015-03-17-19-33.jpg

写真拡大

 まさかの「力士ラブ」――。昨年6月にAKB48を卒業後、初出演映画「紙の月」で、東スポ映画大賞(助演女優賞)を含む数々の賞を獲得し、順調なスタートを切った大島優子(26)の気になる発言をキャッチした。それは「相撲取りっていいよね」。卒業後、晴れて解禁となった“恋愛事情”を探ると、意外すぎる大島の結婚したい男性像が見えてきた。先場所に大鵬を追い抜いた平成の大横綱・白鵬だ――。

 今まさに大相撲は春場所の激戦の真っただ中。この記事を読んだ幕内の独身力士たちは、色めき立つに違いないだろう。ましてアイドル、いやAKBのファンだったりすれば、相撲内容が激変するかもしれない。それほど驚きのニュースだ。

 AKB48卒業後の初出演映画「紙の月」で数々の賞を獲得。女優として順調なスタートを切った大島。先月下旬に行われた東スポ映画大賞授賞式で、ビートたけし審査委員長(68)に「アイドルから女優へと見事にステップアップした」と絶賛されると、大島は「たけしさんから期待を込めた助演女優賞とあって、うれしい気持ちと同時に身が引き締まる思いです」と受賞の心境を語った。

 今後、ファンが気になるのは“恋愛禁止”が解けた大島がどんな男性と付き合うのか?だろう。そこで本紙が探りを入れてみると、あまりにも意外な男性像が浮かび上がってきた。AKB関係者が明かす。

「何やら大島の好みのタイプが“男らしく”“包容力のあるふくよかな男性”にシフトチェンジしているみたいなんです。具体的なタイプを挙げれば…。力士、つまりお相撲さんです。大島は、大相撲にハマるうちに『力士と結婚したい!』という思いを抱くようになっている」

 大島と大相撲――。イメージ的にピンとこない人が多いかもしれないが、1月に東京・両国国技館で行われた初場所5日目をメガネ姿で観戦する姿がキャッチされている。大ファンで、交流もある横綱・白鵬の際どい相撲に、両手を口の付近に持っていきながら絶叫する姿は大きな話題を集めた。

 大島は観戦終了後、自身のツイッターに「1月場所見てきました!! 相撲すき 横綱白鵬と」と興奮気味に告白していた。大島と白鵬の関係について、ある芸能関係者は「(大島が)AKBにいたころから親交がある。グループについてはそれほど詳しくない白鵬関ですが、大島の明るい人柄が好きで“推しメン”にも挙げて応援していますね。昨年行われた大島の卒業コンサートでは、卒業祝いの花も贈っていた」と明かす。

 交流のなかで優しい気配りや、元気を与えてくるオーラに魅了され、白鵬そして大相撲の大ファンに。AKB時代には他のメンバーにいきなり取組を仕掛けることもあり、48グループで最強の強さを誇っていたという。

「2、3年前に初めて白鵬さんに会った後、大島は『私、卒業したら白鵬さんと結婚したい!』と興奮気味に明かしたこともあったほど。ただ、その時はすぐに既婚者ということを知らされ、『そうなんだ…』と落ち込んでいたみたい(苦笑い)。ただ、大相撲を観戦して『力士っていいよね~』と知人にしみじみ語っていたそうですから、気になる存在なのは間違いない」(前出のAKB関係者)

 ちなみに、1月の大相撲観戦は同じ事務所に所属するタレントの野呂佳代(31)と一緒だった。

 野呂といえば、ふくよかな体つきで、ファンやメンバーから「野呂佳代関」「野呂関」と呼ばれたほど。大島は「野呂関でもいい!」と求愛したというから、力士愛は相当なようだ。

 大相撲観戦では周囲を気にせず絶叫姿を見せた大島だが、そう遠くない将来、人気力士とのデート現場をスクープ撮されるかも!?
wpid-tokyo-sports-2015-03-17-19-33.gif

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

逸ノ城に続く“モンゴルの怪物”照ノ富士の末恐ろしさ 相撲懸賞クイズ

最近は、がっぷり四つに組む力相撲が散見できるのがいいですね~
力のこもった、見ているこっちもギュッと気合いが入ります(#^^#)

栃の心、照ノ富士、逸ノ城となんとも大相撲!!ってな雰囲気がたまりません(#^^#)

で、照ノ富士。こいつは凄いですね~
ま、太太しい態度がいささか鼻についてはいましたが、ここまで数字を出されると引っ込めなければなりません(^^;)

さ、10日目を越えて、大相撲クイズも気合いが入るところです
ちょっと、今場所は元気ないかもしれません(^^;)

前半激しく元気だったシマシロウ関、チョット元気ありません

クロマティ関   167位  愛知県名古屋市
マルチャン関   401位  福井県福井市
オカノヤマ関   711位  兵庫県川西市
マタカッタ関   782位  島根県太田市
サトチャン関   863位  茨城県ひたちなか市

シマシロウ関   下位267位 愛知県半田市
ケイチャン関   下位328位 福井県福井市
マタマケタ関   下位472位 島根県太田市
シロマティ関   下位480位 愛知県名古屋市

クロマティ・シロマティ関、マルチャン・ケイチャン関、マタカッタ・マタマケタ関が見事に上下で上位を伺っております!
なんか壮観ですね(#^^#)

さ!これからですこれから!

wpid-2015-03-1718.43.14-2015-03-17-18-44.png

逸ノ城に続く“モンゴルの怪物”照ノ富士の末恐ろしさ
東スポWeb 3月17日(火)

wpid-20150317-00000028-tospoweb-000-1-view-2015-03-17-18-44.jpg
妙義龍(右)を力強く寄り切った照ノ富士

 大相撲春場所9日目(16日、大阪府立体育会館)、新関脇の照ノ富士(23=伊勢ヶ浜)が小結妙義龍(28=境川)を力強く寄り切って8勝目。「うれしいですね。(勝ち越しを)決めたいと思っていたので良かった。もう次は2桁ですね」と早くも次なる目標に目を向けた。

 2009年3月に2歳年下の幕内逸ノ城(21=湊)と一緒にモンゴルから来日。鳥取城北高で互いに切磋琢磨した。後から入門した逸ノ城に新三役は先を越されたものの、照ノ富士も身長191センチ、体重180キロの体格と圧倒的なパワーの持ち主。怪物にも決して引けは取らない。

 師匠の伊勢ヶ浜親方(54=元横綱旭富士)の期待も大きい。「横綱になってほしい」との理由から、十両昇進を機に自らの現役時代のしこ名と部屋の大先輩にあたる横綱照国から取った「照ノ富士」と命名したことからも見て取れる。

 一方で、現時点での師匠の評価は手厳しい。「(以前に比べて)だいぶ前に出るようになったけど、まだ悪い。自分の形(右四つ)になってない。立ち合いから自分十分の形になれるようにならないと。まだ相手に合わせているところもある。物足りない? 全然。もっと相撲を覚えていかないと。これからだ」と“ダメ出し”を連発した。それも、期待の大きさの表れだろう。

 ただ、課題を指摘されながらも結果を残しているのだから末恐ろしい。実際、ここまでは不利な体勢からでも力で相手をねじ伏せる相撲で白星を積み重ねてきた。並外れた怪力に加えて相撲のうまさが備わったとしたら…。モンゴルから新たな怪物が出現した。

<大相撲>遠藤、幕下陥落も 左膝負傷で休場中
毎日新聞 3月17日(火)

 左膝の負傷で今場所6日目から休場している大相撲の西前頭5枚目の遠藤が幕下に陥落する可能性が出てきた。師匠の追手風親方(元前頭・大翔山)は17日、医師から「ほぼ、前十字靱帯(じんたい)が断裂しているだろう」と言われたことを明かした。

 場所後に東京に帰って詳しい検査を受け、手術するかどうか決めるという。手術をすれば復帰までに約半年かかる見通し。5月の夏場所と7月の名古屋場所が全休となれば、幕下まで下がるのは確実だ。

 遠藤は5日目の取組で左膝を痛め、左膝の前十字靱帯と外側半月板の損傷で全治2カ月と診断されていた。【村社拓信】

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

【春場所】照ノ富士「やっちゃったな」75年ぶり新三役無傷7連勝! 相撲懸賞クイズ

7日目。
なんとなくここに来て、オモシロイことになってきたのかも(^^ゞ

サラリとやってのけた新三役7連勝 照ノ富士
怪物登場ですね(^^ゞ
栃ノ心とのあのがっぷりな取り組みは最高ですね!!

そして百戦錬磨で満身創痍の安美錦関。
存在感、呼吸の巧さ、手練手管・・・
巧さが光って7連勝。

好対照な二人と横綱が7連勝

なんか面白いですね~(#^^#)


【春場所】照ノ富士「やっちゃったな」75年ぶり新三役無傷7連勝!
スポーツ報知 3月15日(日)

◆大相撲春場所7日日 ○照ノ富士(寄り切り)栃ノ心●(14日、大阪・ボディメーカーコロシアム)

 新関脇・照ノ富士が75年ぶりの快挙を成し遂げた。西前頭4枚目・栃ノ心を寄り切り。新三役として1940年5月場所の五ツ島以来となる土つかずの7連勝を決めた。中日の東大関・稀勢の里との一番では、昭和以降初の新三役無傷8連勝を狙う。東横綱・白鵬は千代の富士を抜いて歴代単独2位となる幕内808勝目を挙げた。全勝は白鵬、照ノ富士、平幕の安美錦の3人。1敗で西横綱・日馬富士と平幕の豊ノ島が追う。

 力で制した。照ノ富士は栃ノ心を相手に、がっぷり四つ。互いに左上手も取り、力のこもる引きつけ合いが続いたが冷静だった。「腰の位置が相手より下に入って安心した。長い相撲は覚悟していた。ちょっとずつゆっくりと思っていた」。じわり前に出ると、最後は上手を切って寄り切り。栃ノ心も「力強ぇ。俺の倍、力があるんじゃないの」と脱帽するほどだった。

 新三役の土つかず7連勝は40年5月場所の五ツ島以来、75年ぶりという記録となり「やっちゃったな」と照れくさそうな笑顔を見せた。中日の稀勢の里との一番に勝てば、昭和以降初となる新三役の無傷8連勝の快挙だ。

 照ノ富士には「マンションがほしい」という夢がある。さらに「東京スカイツリーの一番上に住みたいなあ」と壮大な野望(?)もある。そのためには資金が必要だ。賞金200万円の「三賞がほしい。どれだけ勝ったらいい?」と闘志を燃やす。ここまで懸賞は1日に2本ずつ獲得し合計14本。積立金などを除くと手取りは1本3万円で42万円を手にしている。中日には一番で14本が懸かった。注目度の高まる上位戦では多くの懸賞が集まる。大物食いの連続で荒稼ぎをしたいところだ。

 北の湖理事長は「こういう形になれば白鵬も一目置く存在」と高く評価。「大関陣に言っては悪いが、厳しいのでは。(照ノ富士が)五分以上の相撲を取るだろう」と予想した。照ノ富士は稀勢の里戦に向け「(相手)誰だっけ?」と、とぼけた後に稀勢の里―碧山戦をテレビで見て「まわしが取れれば。(稀勢の里は)踏み込んでいないな」と不敵な笑みを浮かべた。鳥取城北高で2学年下の逸ノ城には番付面で先を越された。ここで存在感を示し、モンゴルの怪物は逸ノ城だけじゃないことを知らしめる。(三須 慶太)

【春場所】上位キラー安美錦、決まり手7色36歳
スポーツ報知 3月15日(日)

◆大相撲春場所7日日 ○安美錦(引っ掛け)松鳳山●(14日、大阪・ボディメーカーコロシアム)

 業師らしい巧みな相撲で、安美錦が07年秋場所以来7年半ぶりのストレート給金に王手をかけた。松鳳山に左を差され、土俵際まで攻め込まれたがうまく俵にそって右に動いて引っ掛け。連勝街道にも「なかなか前に行けなかった」と表情を変えず、いつも通り淡々と話した。

 初日から7日間すべて違う決まり手での白星。今場所6勝以上の中では唯一だ。相手を手玉に取るようにして館内を沸かせる衰え知らずの36歳だが「勝ちたいと思うと硬くなって踏み込みが形だけになる。しょっちゅう勝ちたいと思っている人から欲を取るのは難しい」とベテランらしい悩みも明かした。

 存在感を見せる技巧派に北の湖理事長は「(上位戦に)持ってくる可能性もある」と後半戦の横綱、大関戦の可能性も示唆。現役最多7個の金星を獲得している上位キラーは「おじさんの連勝記録とかはないの?」と記者に逆質問するなど意欲的だった。(安藤 宏太)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

【春場所】遠藤、重傷!全治2か月、夏場所もピンチ 相撲懸賞クイズ

悲喜こもごもな春場所5日目。

相撲人気の火付け役とも言える遠藤の故障。
ちょっと怖いくらいの重症・・・

過去にあったと言え、強靭な精神力も求められます

ぜひぜひ復活していただきたいものです。

悲しいと言えば、大関稀勢の里。もう何も言いません(^^;)

そして上り調子が照の富士。三役で5連勝。勢いありますね~
これは定着でしょうか

新世代の台頭と待った。ドラマチックですね

さて、大相撲クイズ!
これも毎回ドラマチックです(^^;)

シマシロウ関  下位63位 愛知県半田市

クロマティ関  158位  愛知県名古屋市
マルチャン関  175位  福井県福井市
オカノヤマ関  538位  兵庫県川西市
マタカッタ関  773位  島根県太田市
カンチ関    893位  東京都中野市
サトチャン関  947位  茨城県ひたちなか市

ケイチャン関  下位376位 福井県福井市
マタマケタ関  下位421位 島根県太田市

シマシロウ関!出足最高ですね(#^^#)
なんと今回は僕もかろうじて上位です!

まだまだこれからですね(#^^#)

wpid-2015-03-137.30.42-2015-03-13-09-46.png

【春場所】遠藤、重傷!全治2か月、夏場所もピンチ
スポーツ報知 3月13日(金)

◆大相撲春場所5日日 ○松鳳山(突き落とし)遠藤●(12日、大阪・ボディメーカーコロシアム)

 日本人ホープの西前頭5枚目・遠藤が、新入幕の13年秋場所以来、2度目の休場をすることになった。東前頭8枚目・松鳳山を突き落として逆転勝ちしたが、左膝を負傷。半月板を損傷するなど、全治2か月の重傷で堺市内の病院に入院した。稀勢の里、琴奨菊、豪栄道の3大関はいずれも黒星。3大関以上が関脇以下の力士に総崩れとなるのは4大関だった13年九州場所3日目以来のこと。

 端正な顔に、苦悶(くもん)の表情が浮かんだ。土俵上に戻れなかった。遠藤は松鳳山と激しい突っ張り合いから土俵際に攻め込まれ、右から捨て身の突き落とし。何とか両足を残した直後、相手にのしかかられ、左膝が不自然な方向に曲がったまま土俵下へ転落した。勝ち名乗りを受けるため、土俵上に戻ろうと左膝を立てたが、立ち上がれず。両手を土俵について表情をゆがめた。

 立ち上がり花道を歩いて下がったが、奥からの移動は車いす。問い掛けに「何ともないです」とポツリ。医務室に向かった後、支度部屋で付け人の肩を借りながら風呂に入った後、車に乗り無言で病院へ向かった。師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)によると、左膝を負傷しており、大阪市内の病院で診断を受けたといい「あした(13日)の出場はちょっと厳しいと思う」と話した。休場となれば左足首捻挫で休場した新入幕の13年秋以来2度目となる。

 厳しすぎる現実だ。初日こそ黒星を喫したが、2日目からは4連勝。あと一歩で逃してきた初の三役昇進に期待が膨らむ中での事態。北の湖理事長も「せっかく勝ってきたのに心配。けがした箇所によっては致命傷にもなりかねないので治すことも大事。無理に出ることにこだわらない方がいい」とかばった。

 日大3年生だった11年9月の試合で、右膝前十字じん帯を断裂。「あのけががなかったら、自分はここにいない」。半年間の必死のリハビリで4年時には全日本選手権と国体成年個人を制し、幕下10枚目格付け出しで角界デビューした。どんな状況でも、連日大きな声援を受ける日本人ホープは必ず逆境をはね返してくれるはずだ。(安藤 宏太)

照ノ富士5連勝!新三役関脇で初「できれば8連勝したい」
スポニチアネックス 3月13日(金)
wpid-20150313-00000056-spnannex-000-0-thumb-2015-03-13-09-46.jpg
照ノ富士(右)は佐田の海をきめ出しで破り5連勝

 ◇大相撲春場所5日目(2015年3月12日 大阪・ボディメーカーコロシアム)

 照ノ富士が初日から5連勝を飾った。新三役を関脇で迎えた力士では、15日制となった49年以降では初めて。もろ差しにきた佐田の海の両腕をがっちり抱え込んできめ出しで退けた。

 1メートル91、180キロのパワーを生かし「きょうもやっちゃったね。(もろ差しは)頭に入っていたので、すぐに動けた」と笑顔。前日から原因不明の嘔吐(おうと)と下痢に悩まされ食事も取れていないが、土俵の上では元気いっぱい。「できれば8連勝したい」と貪欲だ。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

稀勢の里、見せ場なし 初日から2連敗 大相撲春場所 相撲懸賞クイズ

ラジオで聴きましたが・・・
稀勢の里・・・ムムムですね~

なんともやり切れないのは本人もでしょうが、初日から黒星2つってのはのはね~
応援する側も春場所なのにガックリです(^^;)

ま~何と言いますか・・・春なのに~♬(柏原よしえ)ですね(^^;)

若の里「重みが違う」史上6人目の通算900勝

日刊スポーツ 3月9日(月)

wpid-20150309-00000086-nksports-000-6-view-2015-03-10-11-49.jpg

大道(左)を押し倒し、通算900勝を挙げた若の里(撮影・岡本肇)

<大相撲春場所>◇2日目◇9日◇大阪・ボディメーカーコロシアム

 西十両4枚目の若の里(38=田子ノ浦)が、東十両5枚目の大道(32=阿武松)を押し倒して、史上6人目の通算900勝に到達した。集まった多くの報道陣を見て「えらい多いな。まだ引退じゃないよ」と冗談を飛ばして「800勝のときとはまた重みが違う。900勝は過去5人ですから。その仲間入りができるのはうれしい」と喜んだ。

 リーチをかけて臨んだ、24度目の春場所。初日は記録を意識しすぎた。「昨日は、初日に決めたいと意識してしまった。今日はいつも通りできました」。古傷の右膝をアイシングしながら振り返った。

 38歳のベテランは通算出場でも、8日目で歴代5位の元関脇高見山の1654回に並ぶ。ただ「通算出場は出るだけで、誰でもできる。でも、勝ち星は勝ち取った数ですから」。そう言って少しだけ、胸を張った。

稀勢の里、見せ場なし 初日から2連敗 大相撲春場所
産経新聞 3月9日(月)

wpid-20150309-00000575-san-000-1-view-2015-03-10-11-49.jpg

大相撲三月場所二日目、妙義龍に敗れ初日から2連敗となり、がっくりして引き揚げる稀勢の里=ボディメーカーコロシアム(撮影・山下香)(写真:産経新聞)

 稀勢の里が初日から2つの黒星を並べた。引き揚げてきた支度部屋では「ああ、くっそー」と小さな声で発しただけ。自らのふがいなさを戒めるかのように厳しい表情を浮かべ、報道陣の問いかけには応じないまま会場を後にした。

 立ち合いの踏み込みが甘く、妙義龍の押しをまともに受けた。上体が浮き上がっているから、力はまったく伝わらない。許した右差しも相手得意の形。前日と同じく、格下に対して見せ場をつくることすらできなかった。

 稀勢の里が初日から連敗するのは、大関2場所目だった平成24年春場所以来3年ぶり。あまりに散々な内容だけに北の湖理事長(元横綱)は「相撲になってないよ。負けたことより、そっちの方が心配だ」と厳しい見方を示す。

 ここ2場所続けて11勝。あと1つ2つの白星の積み重ねで念願の初優勝に近付けることを自覚し、「本当にやるしかない」と場所前に決意を示していたが、結果が伴わない。優勝候補筆頭の白鵬が前半戦で取りこぼすことはほとんどないだけに、痛すぎる連敗だ。

 日本相撲協会によると、初日から連敗しながら賜杯を抱いた力士はいないという。和製大関にかけられる優勝への期待はふくらむことすらないまま場所が終わってしまいかねない。(藤原翔)

<大相撲>冷静に作戦切り替え、碧山押し出した照ノ富士
毎日新聞 3月9日(月)

 思惑が外れても、何のその。大相撲春場所(大阪市ボディメーカーコロシアム)2日目の9日、照ノ富士は得意のまわしを取る形に持ち込めなかったが、素早く突き押しに切り替えて巨漢・碧山を押し出した。

 朝稽古(あさげいこ)の際は「まわしを取ればこっちの勝ち」と展開を練っていたが、実際の立ち合いでは張り差しから右上手を狙ったもののうまくいかず、正面からぶつかりあってしまった。実は前日の高安との長い一番で疲労がたまり、「体が硬い」と体調が万全ではなかった。普通なら一気に持って行かれそうな流れだが、そこから踏ん張った。

 195キロの巨体をがっちりと受け止め、碧山の得意の突き押しを受けても「意外と軽かった」。冷静に作戦を切り替えて、両手を胸に当てて突き起こすことに成功。後は「慌てないように」と心がけながら前に出て、相手に土俵を割らせた。

 これまでは恵まれた体格ゆえ、苦しい状態になるとまわしをつかんで力まかせに打開しようとする悪癖があった。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)に「そんなことではけがをする」と厳しく指導されたのも、一度や二度ではない。しかし、昨年から幕内上位に定着してもまれるうちに、相撲の幅が広がってきた感がある。

 新関脇という今の地位は成長の表れ。「大関の器」という期待の声に応えつつある。【岸本悠】

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 
 

稀勢の里“イライラ”黒星発進 難敵・栃煌山になすすべなく 相撲懸賞クイズ

さ、いよいよ春場所ですね(#^^#)

初日は、ま、こんなもんでしょうか(^^ゞ
硬い感じが否めませんね

今日からでしょうかね!楽しみましょう!!

稀勢の里“イライラ”黒星発進 難敵・栃煌山になすすべなく

スポニチアネックス 3月9日(月)

wpid-20150309-00000039-spnannex-000-0-thumb-2015-03-9-07-49.jpg
稀勢の里は栃煌山に押し出しで敗れる

 ◇大相撲春場所初日(2015年3月8日 大阪・ボディメーカーコロシアム)

 稀勢の里が痛い黒星を喫した。立ち合いで簡単に体を起こされると、難敵の栃煌山に左差し、右おっつけを許してなすすべなく後退。防戦一方で土俵外に追いやられ、館内は大きなため息に包まれた。

 日本出身力士として優勝に期待が懸かるだけに、巻き返しが必要だ。支度部屋では報道陣の質問に「そうですね」と相づちを打つだけで、自らへのいら立ちを表すように何度も両脚を叩いた。

琴“勇輝”ある「ホゥッ」白鵬禁止令うっちゃった
日刊スポーツ 3月9日(月)

wpid-20150309-00000008-nksports-000-2-view-2015-03-9-07-49.jpg
千代鳳に押し出される琴勇輝

<大相撲春場所>◇初日◇8日◇大阪・ボディメーカーコロシアム

 勇気ある決断で横綱の“口撃”を、うっちゃった。場所前の力士会で横綱白鵬から、気合入れの発声禁止令を下された東西の前頭12枚目、千代鳳(22=九重)と琴勇輝(23=佐渡ケ嶽)が対戦。

 撤退を表明し「ホッ」を自粛した千代鳳に対し、琴勇輝は「ホゥッ」と発声して館内を沸かせた。押し出しで敗れた琴勇輝だが、番外戦では信念を貫いた。

 横綱の言葉より、重いものがある。信念を捨てるぐらいならマゲを落としてもいい。それぐらいの覚悟が「ありました」と琴勇輝は胸を張って言った。土俵では土が付いた。それでも、やりきった充実感が173キロの体を包んだ。

 しこ名を呼び上げられ両者が土俵に上がる。嫌が応にも好奇の目が注がれる。そんな時だ。「声を出したっていいんだゾっ!」。男性ファンの声につられ「そうだ」のエールも飛ぶ。花道を入場する際、琴勇輝は「ホーホー、ホーホー言われた」と異様な空気を察した。そんな中、最後の仕切り。普段より大きな張り上げるような「ホゥッ」という気合の声。館内が拍手と大歓声で揺れた。攻め込まれ何とか回り込むも、押し出されて完敗。痛いほどの拍手が、花道を引き揚げる琴勇輝に送られた。

白星発進の白鵬「下がれ、下がれ」…報道陣も蹴散らした/春場所
サンケイスポーツ 3月9日(月)

wpid-20150309-00000500-sanspo-000-4-view-2015-03-9-07-49.jpg
支度部屋の風呂から出てきた白鵬。「下がれ」と報道陣を制した (撮影・山下香)(写真:サンケイスポーツ)

 大相撲春場所初日(8日、ボディメーカーコロシアム、観衆=7200)元横綱大鵬に続く史上2人目となる2度目の6連覇と34度目の優勝を目指す横綱白鵬(29)は、小結妙義龍(28)を押し倒して白星発進。横綱日馬富士(30)は新小結玉鷲(30)を寄り切った。大関稀勢の里(28)は平幕栃煌山(27)に押し出され、早くも黒星。新関脇2人は照ノ富士(23)は白星、隠岐の海(29)は黒星スタートとなり明暗が分かれた。

 狂いの生じた歯車を、修復しようとする意思にはみえない。東の支度部屋。風呂から上がった白鵬が、取り囲む報道陣をいちべつし、浴びせた一声は短かった。

 「下がれ、下がれ」

 単独史上最多33度目の優勝を達成した1月の初場所後、白鵬は同場所中に同体取り直しとされた勝負審判の判断を「子どもが見ても分かる」などと審判部を痛烈に批判。以来、自身への逆風を意識するようになった横綱は稽古場でも報道陣を寄せつけず、無言を通すことが多くなった。

 態度を硬化させたまま迎えた初日。低く当たった立ち合いを問われても、聞き取れないような小さな声で「問題ありません」。ほかの2つの質問には答えなかった。対話は成立せず、まげを結っている途中で横綱自ら「はい、下がって」と打ち切り、付け人が人払いに入った。

 取組では妙義龍を押し倒したが、最後はバランスを崩して土俵へ転がり、泰然とした雰囲気に隙が生じる可能性もある。

 メディアへの“沈黙”。1970~80年にかけて米大リーグで活躍、329勝を挙げた左腕の名投手スティーブ・カールトン(70)は報道陣とのあつれきが生じた78年を最後に8年にわたり、メディアの前で一言も発しなかった。夫人のいわれなき私生活を報じた記事が原因といわれ、「沈黙」で対抗したのだ。だが、理由は理解もされ、94年には95・8%の高い得票率で殿堂入りを決めた。現状の白鵬の「沈黙」は、これとは大きく趣が異なる。

 初場所初日は白鵬の結びの一番には50本の懸賞がついたが、この日は26本と減少。これまでとは違う視線のなかで、春の陣が始まった。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!