新三役当確!逸ノ城13勝&ダブル受賞 相撲懸賞クイズ

閃光のような輝きをもつ逸ノ城一色と言っても過言ではない秋場所でしたね!

それに引き換え大関陣・・・横綱にあっさり31回の優勝を与えちゃうのはチョット問題ですね

横綱白鵬関には申し訳ないんですが、大横綱であり人物的にもあまりにも優秀なんで、彼の優勝に大称賛な感情が湧かないんです(^^;)
あ、白鵬関ね、大丈夫!35回や40回まで行っちゃうな~って気分です

ま、前人未到と言うか本当に艱難辛苦を乗り越えた凄い境地を踏みしめているまさしく近世の偉人なのかとは思いますが・・・横綱の風貌を眺めるに、この方は別格だと、そう思っちゃうんですよね(^^ゞ

さ、土俵もですが大相撲クイズです
素晴らしいです!

ユアチャン関 千秋楽3位  岩手県花巻市

wpid-09-2910.13.04-2014-09-29-09-49.png

JCBギフト券10万円分 OR シャープ液晶テレビ40型

すげ~~~
ジワジワ上がって参りましたね
わくわくドキドキは最高だったのでは!
おめでとうございます(#^^#)

カンカル関  6日目日計日々1位 茨城県つくば市

6日目いきなりズバーンときました!!
これも爽快な賞ですよね(#^^#)
出し抜けに来ますからね
おめでとうございます!

アサマヤマ関   40位  長野県佐久市

そしてぐーーんと来ました来ましたアサマヤマ関!!
かつて千秋楽準優勝も獲得している猛者です
サスガですね(#^^#)

なんですか常陸中央、凄過ぎですね!
皆さんの強さが嬉しくてなりません(#^^#)

     関  126位  東京都中野区・・・(新)
コアラ関    298位  三重県松阪市
オオアタリ関  507位  茨城県ひたちなか市
ナオミヤマ関  388位  宮城県仙台市
アオマティ関  786位  愛知県名古屋市
クロマティ関  457位  愛知県名古屋市

下位勢

ケイチャン関  下位110位  福井県福井市
シロマティ関  下位263位  愛知県名古屋市

下位の方々、千秋楽でグッと後退だったようです・・・
難しいですね(^^;)

クロマティ・シロマティ関は手堅くトリプル受賞・おめでとうございます(#^^#)

実はボクも連場所入賞です!!快挙としか言い様がありません!

その他入賞の皆さまおめでとうございます!

九州場所、逸ノ城を中心の場所に先輩力士は奮闘でしょう
期待ですね(#^^#)

いや~大相撲って本当に面白いですね(#^^#)

wpid-09-2819.30.38-2014-09-29-09-492.png

新三役当確!逸ノ城13勝&ダブル受賞 100年ぶり偉業ならずも記録ずくめ
デイリースポーツ 9月29日(月)

wpid-20140929-00000007-dal-000-3-view-2014-09-29-09-492.jpg

 殊勲賞と敢闘賞を受賞した逸ノ城(右)と技能賞を受賞した安美錦(撮影・三好信也)

 「大相撲秋場所・千秋楽」(28日、両国国技館)

 新入幕の逸ノ城が安美錦を押し出しで破って13勝目を挙げ、来場所での三役昇進をほぼ確実とした。新入幕力士が13勝したのは北の富士、陸奥嵐に次いで3人目。三賞も殊勲・敢闘のダブル受賞となり、幕下付け出しからの最速記録となった。横綱白鵬は鶴竜を掛け投げで下して14勝1敗。3場所連続31回目の優勝を決めて、千代の富士(現九重親方)に並ぶ史上2位タイの優勝回数をマーク。いよいよ大鵬のV32へ挑む。

 100年ぶりの偉業となる新入幕Vを決してあきらめることはなかった。逸ノ城は立ち合いでやや左に変化した安美錦の動きを冷静に見て、相手が引いたところを強烈なおっつけで一気に土俵外へ運んだ。15日制以降での新入幕力士としては最多タイとなる13勝目。そして、優勝決定戦へのかすかな期待を持って西支度部屋で結びの一番を見つめた。白鵬の優勝が決まった瞬間、大きく表情を変えることはなかったが悔しさと満足感をにじませたような顔になった。

 「もし横綱(白鵬)が負けたら、優勝決定戦があるのでやるつもりでした」

 最後の最後まで記録ずくめ。幕下付け出しからデビュー5場所目での三賞受賞は99年3月の雅山(現二子山親方)と並ぶ最速タイ。そして、九州場所(11月9日初日・福岡国際センター)では新三役に昇進することがほぼ確実となった。年6場所制になった58年以降、新入幕から所要1場所での三役昇進は北の富士、大錦に次いで3人目の快挙となる。

 将来の大相撲を背負う大器の躍進に北の湖理事長(元横綱)も大きな期待をかける。「もうひとつ力がついたら、1年以内に優勝することもあると思う。大関?次の場所で2ケタ勝ったら、チャンスは近づいてくる」と断言した。「自信がつきました。来場所も勝ち越せるように頑張ります」と控えめに語ったが、初めてまげを結って土俵に上がる九州でも怪物の勢いは止まりそうにない。

【秋場所】豪栄道やっと勝ち越し、日本人3大関情けない苦戦

スポーツ報知 9月29日(月)

◆大相撲秋場所千秋楽 ○豪栄道(押し出し)豪風●(28日・両国国技館)

 新大関の豪栄道は、豪風を押し出して土壇場でようやく勝ち越しを決めた。名古屋場所で痛めた左ひざの負傷を抱えながらの新大関場所。負け越せばいきなりカド番の危機に立った苦しい戦いを「長かったです。今までとは違った場所でした」と振り返った。

 モンゴル出身の3横綱に日本人の3大関という図式で迎えた今場所。結果は、大関陣は勝ち越しが精いっぱいで琴奨菊の9勝が最高の体たらく。琴奨菊は「情けなさすぎ」とうなだれた。伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「気迫も稽古も足りない。情けない」とダメ出し。北の湖理事長も「常に優勝争いに絡む気迫がほしい。それが大関の務めだ」と奮起を促していた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

相撲の神様はなんか凄いことしちゃいます!相撲懸賞クイズ

なんだか凄いことになってます秋場所・・・

相撲の神様、連場所身もだえするような面白い展開ありがとうございます!

ホント相撲はドラマですね
場所前にこんな渾沌誰が予想したでしょうか?
言葉がないですね

新大関豪栄道の白鵬3連破
逸ノ城、2大関撃破、最速金星!100年ぶり快挙
旭天鵬、73年ぶり40代勝ち越し!

ま、他にも話題がありますが、逸ノ城でみんなぶっ飛びました(^^ゞ

結構肌寒い14日目ですが、両国は沸騰ですね(#^^#)

さて、相撲クイズもかなり凄いです!!
なんか乱高下激しいです

わくわくとドキドキが大変です(#^^#)

ユアチャン関    4位  岩手県花巻市

4位って。。。それも上り調子なんですよ!!
たまらんです(#^^#)

場合によってはここで止まってと願いたい気分でもあります(#^^#)
ググッと行っちゃいますように!!

アサマヤマ関   58位  長野県佐久市

そしてぐーーんと来ました来ましたアサマヤマ関!!
すごいですね~~(#^^#)

ケイチャン関   下位81位  福井県福井市

ケイチャン関、千秋楽に向け、グッと元気出しております(#^^#)

     関   123位  東京都中野区・・・(新)
コアラ関     179位  三重県松阪市
オオアタリ関   320位  茨城県ひたちなか市
ナオミヤマ関   532位  宮城県仙台市
アオマティ関   626位  愛知県名古屋市
クロマティ関   681位  愛知県名古屋市

下位勢

マタマケタ関   下位430位  島根県大田市
トラキチ関    下位442位  石川県小松市
ヤタカヤマ関   下位448位  岡山県高梁市
シロマティ関   下位378位  愛知県名古屋市

マタマケタ関、一気に圏外より躍り出ました!

さ、今日と千秋楽、楽しみですね(#^^#)

wpid-09-2712.17.10-2014-09-27-12-09.png

【秋場所】逸ノ城、最速金星!100年ぶり快挙へ白鵬と14日目大一番
スポーツ報知 9月27日(土)

wpid-20140926-00000318-sph-000-3-thumb-2014-09-27-12-09.jpg

ファンに囲まれ笑顔を見せながら帰途に就く逸ノ城

◆大相撲秋場所13日目 ○逸ノ城(はたき込み)鶴竜●(26日・両国国技館)

 モンゴルの新怪物、新入幕の東前頭10枚目・逸ノ城(21)=湊=が、初土俵から5場所目で史上最速の初金星を獲得した。西横綱・鶴竜(29)=井筒=をはたき込み、ざんばら髪初の快挙をやってのけた。東横綱・白鵬(29)=宮城野=に土がつき、優勝争いもトップに並んだ。14日目はその白鵬戦。1914年5月場所の両国以来、100年ぶりの新入幕優勝へ向け、大一番に臨む。

 初の結びで迎える初の横綱戦。逸ノ城は立ち合いから192センチ、199キロの巨体を身軽に左に動かし、いとも簡単に鶴竜をはたき込んだ。目の前で敗れた白鵬にV争いで追いつき、絶叫とも歓声とも取れぬ声が飛び交う満員御礼の館内に、「子どもの時にテレビで見ていたのを思い出した」という座布団が舞う光景を大記録とともに生み出してみせた。

 初土俵から5場所目での金星獲得は昭和以降最速、ざんばら髪で金星を獲得したのも初めて。新入幕力士としても1973年秋場所で大錦が琴桜を破って以来41年ぶり3人目の偉業だ。連日、次々と記録を塗り替える怪物は「夢の世界に来たみたい。自分でもビックリしている。本当にうれしい」と自らも信じられない快進撃に、はにかんだ。

 だが、勝負への執念は新入幕とは思えないほどだ。この日の変化は、立ち合い直前に決めた11日目(稀勢の里戦)とは違い、取組前から決めていたという。「朝稽古の後に決めた。場所前の稽古で胸を借りたけど全然相手にならなかったので。本当はダメだけどやるなら思いっきりやってみようと思った」。場所前の今月8日、稽古で手を合わせた時は鶴竜が8番全勝。優勝戦線に残るための冷静かつ、したたかな判断だった。

 たった0秒9で、初の金星を手にした怪物は14日目、100年ぶりの新入幕Vへ白鵬と対戦する。同じモンゴル出身の大先輩で「将来は白鵬関みたいになりたい。全部に憧れる」と尊敬する雲の上の存在だ。だからこそ「あしたは思い切って当たっていく。前に出て勝ったらもっとうれしいと思う」と真っ向勝負を誓った。

 V30を誇る最強横綱は初顔相手に昭和以降6位の22連勝中。金星配給も13年初場所3日目の妙義龍戦以来9場所なく、平幕相手には77連勝中。だが北の湖理事長は大一番を「胸が合って両まわしを取ったら分からない」と占った。2人に絞られた優勝争い。勢いに乗る21歳はどんな大敵が目の前に現れても、もう迷いはない。(安藤 宏太)

【秋場所】旭天鵬、73年ぶり40代勝ち越し!
スポーツ報知 9月27日(土)7時2分配信

wpid-20140926-00000307-sph-000-2-thumb-2014-09-27-12-09.jpg

旭天鵬(右)は上手投げで栃乃若を破り勝ち越しを決めた
◆大相撲秋場所13日目 ○旭天鵬(上手投げ)栃乃若●(26日・両国国技館)

 40歳の旭天鵬が栃乃若を上手投げで倒し、1941年5月場所の藤ノ里以来、73年ぶりとなる40歳での勝ち越しを飾った。「土俵で、はしゃぎたくなったよ」と笑った。10日目で7勝と勝ち越しに王手も2連敗。「この2日間が長かった。精神的にしんどかったよ」。12年夏に史上最年長で初優勝したが、勝ち名乗りを受けた後は「優勝を超えるぐらいの喜びがあった」と涙があふれそうになったという。

 今場所の初日前日の13日が誕生日だった。北の湖理事長は「40歳の相撲じゃない。若々しいですよ」と拍手。次の目標はあと5勝に迫った通算900勝だ。「何とかけがしないようにできればいい」とかみしめていた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

逸ノ城が大関連破 昭和以降で初の新入幕快挙 相撲懸賞クイズ

怪物逸ノ城・・・
化け物のほうがいいでしょうか・・・

凄いとかなんかより怖さも感じました
唖然と言った方が適当かも知れません

初入幕で大関2人破って優勝戦線に君臨・・・

照丿富士のような嫌みもなく、まさに風林火山。

とんでもない力士を目に焼き付けることの出来る幸運かなとも思います

今日の取り組みも必見ですね

さて、相撲クイズもただならぬ様相です(#^^#)


ユアチャン関   10位  岩手県花巻市

10位って。。。それも上り調子なんですよ!!
たまらんです(#^^#)
ググッと行きそうですね!!

コアラ関    165位  三重県松阪市
アサマヤマ関  194位  長野県佐久市
ナオミヤマ関  267位  宮城県仙台市
     関  346位  東京都中野区・・・(新)
オオアタリ関  658位  茨城県ひたちなか市
ミオノカセ関  820位  秋田県秋田市
ミマキヤマ関  845位  神奈川県横浜市
アオマティ関  807位  愛知県名古屋市
ヘンクウ関   951位  山口県萩市

下位勢

ケイチャン関  下位113位  福井県福井市
ヤタカヤマ関  下位287位  岡山県高梁市
シロマティ関  下位335位  愛知県名古屋市
トラキチ関   下位478位  石川県小松市

動きは少し緩やかなようですね(^^ゞ

応援よろしくお願いします

大相撲秋場所 12日目 逸ノ城が大関連破 昭和以降で初の新入幕快挙
産経新聞 9月26日(金)

 土俵下で審判として取組を見た師匠の湊親方(元幕内湊富士)をうならせた。「大関とやったというより、圧倒的だもんね」。たしかに、誰の目から見ても逸ノ城の完勝といえる内容だった。

 浅い左上手を許し半身となったが、まったく慌てない。左を差し、豪栄道の巻き替えに乗じて前進。最後は左の上手から力いっぱいに投げ飛ばした。

 2日連続の大関撃破。しかも立ち合い変化で勝った前日とは違い、真っ向からぶつかって破った。新入幕力士が2日続けて大関に勝つのは昭和、平成通じて初めて。初土俵から5場所目の21歳は「前に出て勝ったので今日は本当にうれしい」と満足げに笑う。

 モンゴルにいた頃、遊牧民だった。20リットルの水が入ったバケツを川から自宅に運ぶ日々で自然と体はたくましくなった。いまは192センチ、199キロ。来日後名門・鳥取城北で鍛えられた大器は盤石の右四つの型に加え、じっくり勝機をうかがう余裕と上位にもひるまぬ自信を兼ね備えている。

 白鵬を1差で追い、賜杯争いに加わる。13日目は横綱初挑戦で鶴竜戦。謙虚な若武者は「明日は無理だと思う。だって横綱ですよ」と控えめに語るが、力を出し切れば勝機はある。湊親方の「寝て起きたら強くなっている」という評を聞くと、大きな期待を抱いてしまう。(藤原翔)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

大相撲秋場所 11日目 稀勢動けず黒星 腕に痛み、似合わぬテーピン 相撲懸賞クイズ

今場所は、ほとんど中継観てないんです・・・
観られないんですね

なんでしょうか知らない間に、郷土の稀勢の里が黒星重ねているとは・・・

更には不死身の頑強な身体が持ち味だったのに「テーピング」とは・・

一方の怪物、逸ノ城
怪物と言う単語が角界に登場は実に久しぶり。

平成入っては、武双山、雅山以来だろうか?

遠藤も素晴らしいが、行儀が良く、今場所の様子を見ると怪物の冠はお預けか

ま、いずれにしても凄い傑物登場ってのは面白い限りです
期待しましょう

で、相撲クイズです

ユアチャン関、猛烈に元気です!!

このまま駆け上がって頂きたいです(#^^#)

さ、10日目超えてこれからです

入幕したての新人がとんでもないことを起しそうな今場所
皆さんの成績も何が起こるか分かりません(#^^#)

元気に応援お願いします!!

ユアチャン関   16位  岩手県花巻市

ナオミヤマ関   236位  宮城県仙台市
アサマヤマ関   261位  長野県佐久市
コアラ関     283位  三重県松阪市
     関   454位  東京都中野区・・・(新)
オオアタリ関   507位  茨城県ひたちなか市
ミオノカセ関   832位  秋田県秋田市
ミマキヤマ関   890位  神奈川県横浜市
ノリヒロ関    985位  茨城県ひたちなか市

下位勢

ケイチャン関  下位105位  福井県福井市
ヤタカヤマ関  下位284位  岡山県高梁市
シロマティ関  下位401位  愛知県名古屋市
トラキチ関   下位441位  石川県小松市

wpid-09-2515.39.51-2014-09-25-15-41.png

大相撲秋場所 11日目 稀勢動けず黒星 腕に痛み、似合わぬテーピング
産経新聞 9月25日(木)7時55分配信
 稀勢の里にテーピングは似合わない。相手に弱みをさらけ出すことになるから、と嫌ってきたはずだった。

 前日の打ち出し後、病院に行った。痛みがあった左上腕を検査するため。部屋に戻り、トレーナーにほぐしてもらった。一夜明け、朝の稽古でてっぽう柱を数十発打ち、感触を確認。土俵入りする前、肩から肘にかけて朝はなかったテーピングが施されていた。

 「たくましく産んでくれた親に感謝するし、先代の師匠(元横綱隆の里)には厳しく鍛えてもらったから」。15歳で初土俵を踏み、右足親指負傷で休場したことし初場所千秋楽まで953日休まなかった。現役幕内では最長。この記録にだけはこだわりがあった。

 だから、今朝稽古場に降りられた時点で休場の選択肢はなかった。ならばテーピングは必要だったのだろうか。

 新星逸ノ城との注目の一番は1秒で終わった。3度目でやっと成立した立ち合いで左へ動きながらはたかれ、ぶざまに両手を付いた。

 勝ちを求めて下位が策をこらしてきたことばかりを責められない。動かれようと、はたかれようと、受けて立つべき看板力士の意地が見たかった。

 左腕に関する疑問を含め、引き揚げてきた支度部屋で報道陣の問いに稀勢の里は応じない。ずっと自らを戒めるような表情を浮かべるばかりだった。(藤原翔)

朝青龍が「このガキ横綱になる」とつぶやいた逸ノ城の怪物度
東スポWeb 9月25日(木)15時8分配信

wpid-20140925-00000016-tospoweb-000-2-view-2014-09-25-15-41.jpg

3度目の立ち会いで左にかわった逸ノ城(右)は稀勢の里(左)をはたき込んだ
 あの「お騒がせ横綱」のつぶやきの真意は――。大相撲秋場所11日目(24日、東京・両国国技館)、新入幕の逸ノ城(21=湊)が大関稀勢の里(28=田子ノ浦)をはたき込みで撃破。2桁白星の10勝目を挙げると同時に、1敗を守って堂々のV争いを演じている。この状況に、元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(33)が突如、意味深ツイートを連発。現役のモンゴル出身力士たちからも“不気味な存在”とされる怪物の周囲は騒がしくなってきている。

 初挑戦の稀勢の里を撃破して10勝目を挙げた逸ノ城は「うれしいです。冷静にはたき込んだ? 決まってよかったです」。普段の仏頂面を崩して笑みをこぼした。幕下付け出しデビューから5場所目の大関戦初勝利と幕内2桁白星は、年6場所制が定着した1958年以降の最速記録。まさに“モンスター級”の暴れっぷりだ。

 この強さに思わず声を上げたのが朝青龍だった。打ち出し後に自身のツイッターに逸ノ城の写真入りで「このカキ(ガキ)横綱なるよ!(笑)」とコメント。続けざまに「日本からとうぶん横綱誕生ないだろう!」とツイートした。

 逸ノ城のスケールの大きさに横綱の資質を見いだした様子だが、それと同時に日本人力士の力不足にも言及。「まず、なぜ日本人が弱ているの?ハングリー精神がないとう言うわない、足りない!夢だけ考えている!自分自身動力(努力?)しない!家族愛足りない!甘いもの食い過ぎ!」(原文のまま、一部補足)とぶった切った。

 朝青龍は暴行事件などさまざまなトラブルを起こして引退を余儀なくされたが「相撲人生あるから僕ここにいる。(中略)日本人礼儀正しい素晴らしいと思います!大変お世話になりまさした!厳しく育てるのこれからが大事です!」と相撲界に恩義を感じている。それだけに日本人力士の弱体化を嘆き、厳しい稽古なしに逸ノ城に勝てる力士は現れないと見ている。

 モンゴル遊牧民出身の関取は逸ノ城が初めて。朝青龍でさえ舌を巻く遊牧民とはいったいどんな存在なのか。横綱鶴竜(29=井筒)は「あの子はモンゴルでも“本当の田舎”から来た子。遊牧民は少数派? そうですね。昔に比べると、今はだいぶ減ってきていますから」と証言する。

 モンゴル人にとって遊牧民は「ルーツ」とはいえ、現在は大半の国民が首都ウランバートルなどの都市部で生活している。鶴竜は父親が大学教授のインテリ一家に生まれ、横綱白鵬(29=宮城野)も母親は元医師。幼いころから近代的なマンションなどで暮らし、文化的な環境で生まれ育った。遊牧民の生活を知識として理解しているつもりでも「リアル遊牧民」の暮らしを実体験しているわけではない。出身国は同じでも逸ノ城は全く“異質”な存在として受け止められているようだ。

 さらに、逸ノ城の身長192センチ、体重199キロの巨体ぶりも脅威になっている。鶴竜は「モンゴルにも、ああいう子がいるとは。あの年で、あれだけ体が大きい子というのは珍しい。うらやましい? そうですね…」と驚きを隠さない。

 鶴竜や白鵬が入門時にやせ細った体格だったことは有名だ。角界入りの年齢が異なるとはいえ、入門して1年に満たない青年の規格外のボディーはモンゴル人の基準をはるかに超えている。

 12日目に新大関の豪栄道(28=境川)と対戦。13日目以降には横綱に初挑戦する可能性もある。逸ノ城は「次の目標? 特にないです。一番でも勝てるように頑張りたい」。土俵に吹き荒れる「怪物旋風」。それはどこか謎めいたものになっている。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

相撲懸賞クイズ

野暮用が多く、更新がなくてすみません(^^;)

さて、大相撲!
嘉風、元気ですね~
金星2つに銀星!

素晴らしい動きです

そして新大関も元気ですね

一方の遠藤です。
スランプなんでしょうか、元気ありません・・・
来場所につながる奮起を期待ですね

そして大相撲クイズです!

ユアチャン関   56位  岩手県花巻市

ナオミヤマ関  160位  宮城県仙台市
アサマヤマ関  285位  長野県佐久市
オオアタリ関  318位  茨城県ひたちなか市
ノリヒロ関   391位  茨城県ひたちなか市
コアラ関    652位  三重県松阪市
     関  832位  東京都中野区(新)

下位勢

ケイチャン関 下位139位  福井県福井市
ヤタカヤマ関 下位273位  岡山県高梁市
トラキチ関  下位392位  石川県小松市
シロマティ関 下位449位  愛知県名古屋市

今場所も素敵な予感ではないでしょうか(#^^#)
ユアチャン関、初っぱなは1位にも躍り出ましたが、素晴らしい限りです(#^^#)
ボクも久々の連場所好調でしてオオアタリのしこ名に負けずに頑張ります!

下位では、ムムム四天王そろい踏みでしょうか!
さ~面白くなって参りましたね

本日十日目
いよいよクライマックスですよ!

wpid-09-2218.14.24-2014-09-23-13-52.png

【秋場所】逸ノ城、勝ち越し!流れ星にお願い「勝てますように」かなった
スポーツ報知 9月23日(火)7時4分配信

wpid-20140923-00000005-sph-000-3-thumb-2014-09-23-13-52.jpg

帰り際のファンサービスで、逸ノ城に抱かれた子供は大きさにビックリ

◆大相撲秋場所9日目 ○逸ノ城(寄り切り)佐田の海●(22日・両国国技館)

 新入幕の東前頭10枚目・逸ノ城が勝ち越しを決めた。同12枚目・佐田の海を寄り切り、9日目で早くも給金を直した。優勝争いでも1差で、ただ一人全勝を守る東横綱・白鵬を追う。全勝だった西横綱・鶴竜は、西前頭3枚目・嘉風に完敗して土がついた。西大関・稀勢の里も新大関・豪栄道に屈し、2敗に後退した。

 ざんばら髪の怪物が、9日目で目標の勝ち越しを決めた。モンゴル出身の新入幕・逸ノ城は「うれしい。ちょっとホッとした。今まで(のうれしさ)とは全然違う」と控えめに喜んだ。

 初土俵から1年もたたない21歳は、ベテランのように冷静だった。立ち合いから63キロも軽い佐田の海に土俵際まで押し込まれた。「上手を取られて相手の方が前に出てくるのが速かった。でも、相手が小さいので押されても残れると思った」。右手で相手を抱え込むようにして体位を入れ替え、簡単に寄り切った。

 新入幕を決めた先場所の後、約1週間、モンゴル・アルハンガイ県に帰省した。10年3月に初来日し、2度目の母国。故郷に戻るのは初めてだった。移動式住居のゲルに住む家族とリラックスした時間を過ごし、モンゴル料理に舌鼓を打った。夜には「めっちゃきれいですよ」と降ってきそうな星空を眺めた。鳥取城北高校時代に帰省した際は流れ星を見つけると「彼女ができますように」と願っていたが、責任を背負い「たくさん勝てるようにお願いした」と関取の自覚を見せた。

 5000グラム超の大きな赤ん坊として誕生し、毎日「甘くておいしい」という馬のミルク2リットル飲んで192センチ、199キロの恵まれた体格に成長した。安定感を兼ね備えた巨体を生かして1敗を死守。朝日山審判部副部長(元大関・大受)は「大関戦はある」と明言した。新入幕の大関戦は07年秋の豪栄道以来7年ぶりとなるが、逸ノ城は「(優勝争いは)全然考えていない。そんなレベルじゃないの。自分の相撲を取れるように頑張ります」と謙虚。この無欲が怖い。(安藤 宏太)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

カンカル関  日計1位 茨城県つくば市  相撲懸賞クイズ

大相撲、今場所も先の見えない波乱含みですね

前半戦を終えたところですが、鳴り物入りの照丿富士、そして怪物逸ノ城が話題でしょうか・・・

若手が元気は頼もしい限りです

相撲クイズも凄いです!

wpid-09-1918.20.54-2014-09-20-00-25.png

カンカル関  日計1位 茨城県つくば市

いきなり来ましたですね~(#^^#)

上位も下位も凄く元気です!

さ!これからですね(#^^#)

新入幕の“怪物”逸ノ城が平幕唯一の6連勝
デイリースポーツ 9月19日(金)18時52分配信

wpid-20140919-00000063-dal-000-4-view-2014-09-20-00-25.jpg

旭秀鵬(右)を寄り切りで下した逸ノ城=両国国技館(撮影・佐々木彰尚)
 「大相撲秋場所・6日目」(19日、両国国技館)

 新入幕の“怪物”逸ノ城が旭秀鵬を寄り切り平幕唯一の6連勝。横綱白鵬は嘉風を寄り切り、横綱鶴竜も宝富士をはたき込んで6連勝とした。

 新大関の豪栄道は照ノ富士を外掛けで下し4勝目を挙げた。他の大関陣は稀勢の里がホープ遠藤を上手出し投げで破ったが、琴奨菊は豪風のはたき込みを食った。

稀勢の里 エンジンかかる長い相撲 大相撲秋場所
産経新聞 9月19日(金)21時0分配信

wpid-20140919-00000583-san-000-1-view-2014-09-20-00-25.jpg

大相撲9月場所6日目 稀勢の里は上手出し投げで遠藤を下す=19日、両国国技館(撮影・吉澤良太)(写真:産経新聞)
 遠藤を破った稀勢の里は40秒を超える相撲になった。呼吸は乱れることなく、大いちょうもきれいなまま。貫禄たっぷりの取り口で角界のホープを退けた。

 右上手をつかんでいたことが大きかった。技術の高い相手は右を固めたりおっつけたり。なかなか得意の左を差せなかった。「慌てずじっくりっくりね」。悠々と構えて難なく転がした。

 ここ4日間の平均取組時間は31秒。稽古場でも尻上がりに調子を上げることが多く、「60分3本勝負なら良いんだけど。相撲にはもう一丁がないからね」と場所前に冗談めかして語っていたほどで、スタミナには絶対的な自信を持っている。

 遠ざかっている国内出身力士の優勝の期待を双肩に背負いながら、ことごとく裏切ってきたのは序盤の取りこぼしが一因だった。今場所も2日目の碧山戦で黒星を喫したが、以降は、攻め急がず相手をしっかり組み止める相撲を続けている。

 「だいぶ長い相撲をとらせてもらっているので」と大関は言う。エンジンがかかってきたことを自覚しているようだ。(藤原翔)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

新入幕逸ノ城、大器の雰囲気漂う…遠藤、大砂嵐との対戦も実現か 相撲懸賞クイズ

なんか凄いの登場ですね(^^ゞ
21歳・・・見えません
21歳の子供がいるような貫録ですよ(^^;)

ま、楽しいことは良いことです

そろそろ場所ですよ!!

新入幕逸ノ城、大器の雰囲気漂う…遠藤、大砂嵐との対戦も実現か
デイリースポーツ 9月12日(金)11時0分配信

wpid-20140912-00000030-dal-000-2-view-2014-09-12-16-29.jpg

秋場所での活躍が注目される新入幕の逸ノ城(左)と師匠の湊親方=9月1日、埼玉県川口市の湊部屋
 14日から大相撲秋場所(東京・両国国技館)が始まる。最大の焦点はもちろん新大関の豪栄道(境川部屋)だろう。名古屋場所の終盤に左ヒザを負傷したため夏巡業を全休してしまったが、8月を治療に専念できたこともあり番付発表後の調整は順調。「目標は優勝」と公言しており、06年1月の大関栃東(現玉ノ井親方)以来となる日本出身力士の優勝への期待が大きくふくらむ。

 さらに名古屋場所で史上3人目となる30回目の優勝を決めた横綱白鵬(宮城野部屋)は、千代の富士(現九重親方)に並ぶV31を目指す。もし優勝すればついに大鵬の持つ史上最多の優勝32回へリーチがかかることになる。その他にも戦後最年長となる35歳2カ月で新関脇に昇進した豪風(尾車部屋)や、西前頭筆頭に番付を上げて新三役を狙う遠藤(追手風部屋)など話題は満載だが、新入幕のモンゴル出身・逸ノ城(いちのじょう、本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、湊部屋)が、どこまで活躍するかも見逃せない。

 初場所に幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏むと、幕下を2場所、十両を2場所で通過。遠藤の3場所には及ばなかったものの、所要4場所のスピードで躍進してきた。その出世の早さに髪の伸びが追いつかず、まげを結うのは早くても九州場所からになるという。何やら幕末の志士のような雰囲気を感じさせるザンバラ髪の大物は、幕内でどのくらい大暴れできるのだろうか。

 1日に行われた番付発表の記者会見では「目標はとりあえず勝ち越しです」と、かなり控えめな設定に詰めかけた大勢の報道陣も少々拍子抜けだったが、師匠の湊親方(元前頭湊富士)は、「希望として2ケタ勝ってほしいが、今の感じなら出来るのではないか」と“上方修正”して大きな期待を寄せた。ただし、師匠は立ち合いでのスピードや横への動きへの対応など課題を挙げることも忘れない。

 192センチ、199キロの恵まれた体格、すでに右四つの確固たる形を持っているだけに、すぐに上位に躍進していくのは間違いない。教えたことを吸収する能力が高く、同じ失敗を繰り返さないことを常に意識しているという。名古屋場所では千秋楽に元小結栃ノ心に本割‐決定戦で連敗して惜しくも連続優勝を逃してしまったが、三役経験者と右四つがっぷりに組んで互角に渡り合った取り口は決して悪くなかった。改めてスケールの大きさを感じさせる内容といえる。

 さらに同じ相手に2番続けて負けたことが、本人の闘争心に火をつけることになった。「この負けが逸ノ城をさらに大きくさせてくれる」と湊親方が言えば、「次に対戦する時は絶対に負けません」と逸ノ城も負けじ魂をむき出しにする。

 立ち合いで胸を出しながら右を差しにいくことが多いだけに、幕内力士の速くて厳しい立ち合いには苦しむ可能性はあるものの、学習能力が高いのでしっかり修正してくるはず。「今は当たった相手を倒すだけ。自信は持ってます」ときっぱり。前頭10枚目だが大勝ちするようなら、終盤戦では上位力士との対戦が組まれることが濃厚。取組を編成する審判部に所属する湊親方も、「遠藤、大砂嵐あたりとは十分に当たるでしょう」とファン待望のカードを提供することを示唆する。

 現役時代に東京・東中野の藤島部屋(当時)へ泊まり込みで出稽古に通った湊親方は、第65代横綱貴乃花の稽古ぶりを間近で見ていただけあって、逸ノ城にもそのエッセンスを注入している最中だ。「貴乃花さんのすごい稽古内容は全て真似はできないけど、少しでも近づくようにしたい。もちろん頂点を目指してほしい」(湊親方)と、角界の最高峰へ向けて英才教育が施されている。

 順調にいけば来年中には三役に昇進することも十分に考えられる。平成生まれの高安、遠藤、大砂嵐、千代鳳に加えて照ノ富士、逸ノ城が躍進すれば、大相撲界の世代交代は加速的に進むだろう。少なくとも毎場所のように白鵬が優勝争いで独走するというようなことは確実に減るはずだ。無限の潜在能力を秘める21歳の大器、まずは秋場所での規格外の暴れっぷりをじっくりと見せてもらおう。

(デイリースポーツ・北島稔大)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

遠藤 三役昇進へ踏み込み手応え!3日連続出稽古の効果出た 相撲懸賞クイズ

なにやお天気がややこしいようです

大阪の皆さん、東北、北海道の皆さん
ご無事をお祈り致します

さて、土俵です

出る杭・遠藤に大砂嵐
平静の大横綱を前に改めてまわしを締め込んだようです(^^;)

これを機に、元気な三役昇進も期待したいところですね

相撲クイズ
締め切りです!

投票お待ちしております(^^;)

遠藤 三役昇進へ踏み込み手応え!3日連続出稽古の効果出た
スポニチアネックス 9月11日(木)7時1分配信

wpid-20140911-00000057-spnannex-000-0-thumb-2014-09-11-13-56.jpg

稽古で白鵬に圧倒される遠藤(右)
 ◇大相撲秋場所

 3日連続で春日野部屋に出稽古に来た遠藤は白鵬に6戦全敗するなど計20番取って3勝17敗と大きく負け越した。それでも、出稽古初日には完敗の連続だった元小結の十両・栃ノ心に前に出る相撲で勝つなど「少しずつ踏み込めるようになってきた」と手応えも口に。三役昇進を狙う秋場所を前に「横綱や関取衆と相まみえる機会はなかなかないので雰囲気にも慣れてきた」と出稽古の意義を実感していた。

大砂嵐「チョー強いっす」白鵬に4戦全敗…課題は立ち合い
スポニチアネックス 9月11日(木)7時1分配信

wpid-20140911-00000054-spnannex-000-0-thumb-2014-09-11-13-56.jpg

稽古で白鵬に全敗した大砂嵐
 ◇大相撲秋場所

 エジプト出身の大砂嵐も白鵬に稽古で指名されて4戦全敗。「チョー強いっす」と嘆いたものの「立ち合いが弱いので練習しかない」と課題を挙げた。

 先場所は強烈な右かち上げを武器に2つの金星を挙げながら7勝8敗で負け越し。番付を西前頭4枚目まで落とした秋場所に向け「前はかち上げばっかりだったけど、それだけじゃなくて体で当たりたい。おっつけもやるしかない」と技術力アップを誓った。
【関連記事】

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

<大相撲>白鵬と鶴竜の両横綱、時津風部屋に出稽古 相撲懸賞クイズ

さ!!
相撲の色が濃くなって参りましたね!

そろそろ力士の皆さんも調子を上げているのではないでしょうか

相撲クイズもそろそろ締め切りが近づいております

メール・FAXでのご応募お待ちしておりますね(#^^#)

<大相撲>白鵬と鶴竜の両横綱、時津風部屋に出稽古
毎日新聞 9月8日(月)20時20分配信

wpid-20140908-00000100-mai-000-2-view-2014-09-9-15-47.jpg

逸ノ城と稽古を行う白鵬=東京都墨田区の時津風部屋で2014年9月8日午前、岩壁峻撮影

 大相撲秋場所(14日初日、東京・両国国技館)に向け、白鵬と鶴竜の両横綱が8日、時津風部屋(東京都墨田区)に出稽古(でげいこ)。新入幕で同じモンゴル出身の逸ノ城と稽古した。

 幕下付け出し初土俵では昭和以降2番目となる所要4場所で新入幕を果たした逸ノ城を相手に、白鵬は計13番、鶴竜は計7番。ともに逸ノ城を全く問題にせず、白鵬は四つに組んでからの安定感を見せつけると、相手の力を確かめるように土俵際まで押させる余裕も。鶴竜も前まわしを強く引きつけて寄る相撲で圧倒した。

 5日の横綱審議委員稽古総見では、日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)から番数を増やすよう苦言を呈された白鵬も、新鋭と汗を流したこの日は満足そうな表情。「(逸ノ城は)厳しい稽古をした方がいい」と助言した。【岩壁峻】

  •  

遠藤、不安 半年ぶり出稽古16番で3勝「雰囲気とか温度差」
スポーツ報知 9月9日(火)7時3分配信

wpid-20140908-00000235-sph-000-3-thumb-2014-09-9-15-47.jpg

栃煌山(後方)に鍛えられる遠藤

 大相撲の西前頭筆頭・遠藤(23)=追手風=が8日、東京・墨田区の春日野部屋に出稽古に赴き、新三役昇進を狙う秋場所(14日初日、両国国技館)へ不安を残した。三役経験者の東前頭3枚目・碧山(28)と西十両5枚目・栃ノ心(26)と16番取って3勝のみ。得意の左四つになれず、立ち合いから圧倒される場面が目立ち、何度も首をかしげながら「今日、明日で本場所じゃない。まだ場所まで日がある」と必死に前を向いた。

 遠藤が出稽古をしたのは半年ぶりで、東京場所前は初。普段と異なる稽古環境に「関取と稽古をすることも慣れていないし、雰囲気とか温度差を感じた」と戸惑い、番付が下の相手に力を発揮できなかった。9日も春日野部屋で稽古を行う予定。初日まで1週間だが「一日一日割り切って稽古をしていきたい」と気持ちを切り替え、調整をしていく。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

1回で何度も美味しいLJカード!

1回で何度も美味しいLJカード!

年に2回のお楽しみ!
ダイアモンド賞の発表です!

急いでみて、本社へ送って下さいね(^^ゞ

またLJカードが150枚なんてこともあります(^^ゞ

wpid-FAXfrom999999-2014-09-4-08-53.jpg

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!