鶴竜、一夜明け喜び「今まで横綱を見ていただけだった…」 相撲懸賞クイズ

いや~ホント相撲って楽しいですね!

ホント熱い千秋楽でした

それにしても見どころいっぱいの波乱な場所でしたね

鶴竜おめでとう!

琴欧州お疲れさま

そして稀勢の里の無念

琴奬菊の執念

豪栄道の気合い・・・

弘法も筆の誤りとも言うべき白鵬3連敗・・・

まぁ~素晴らしいにつきました!

そして相撲クイズ

こちらも素晴らしい!

ヤタカヤマ関 11日目日計1位 岡山県高梁市

シマシロウ関  下位15位 愛知県半田市

トリエモン関   下位 75位  広島県広島市

シロマティ関   下位 97位  愛知県名古屋市

マタマケタ関   下位165位  島根県太田氏

トラキチ関    下位303位  石川県小松市

ケイチャン関   下位236位  福井県福井市

上位を見てみましょう

クロマティ関   183位  愛知県名古屋市

マルチャン関   438位  福井県福井市

ナオミヤマ関   364位  宮城県仙台市

ミマキヤマ関   550位  長野県東御市

リュウタ関    309位  三重県松阪市

フクタロウ関   692位  愛知県半田市

ヒロノヤマ関   895位  福井県福井市

当選の皆様方おめでとうございます☆

どうも上下が激しく涙をのんだ方もいらっしゃいますね・・・

次回ですね(^^ゞ

さて、

今場所も日計1位!おめでとうございます、岡山のヤタカヤマ関!

先場所も日計1位があったんですよね!

もしや・・・これは総合優勝への流れかもしれませんね(#^^#)

全体的には、今場所は下位勢が優勢でしたね

シマシロウ関の15位お見事!

トリエモン関の75位すばらしいです!

で、上位常連シロマティ・クロマティ関は上下高位で入賞おめでとうございます!

上下は、これまたお馴染ですね。

福井のマルチャン・ケイチャン関、石川のトラキチ関

この御3方、いっつも上下で獲られてますね~(^^ゞ

お見事としか言いようがございません!

来場所も大いに楽しみましょう(^^ゞ

wpid-03-2318.48.49-2014-03-24-23-05.png

鶴竜、一夜明け喜び「今まで横綱を見ていただけだった…」
サンケイスポーツ 3月24日(月)

wpid-20140324-00000517-sanspo-000-2-view-2014-03-24-23-05.jpg

一夜開けの会見後、サンスポを見る大関・鶴竜=大阪市天王寺区の法岩寺本館(撮影・山下香)(写真:サンケイスポーツ)

 綱とりの大相撲春場所で初優勝を果たした大関鶴竜(28)が千秋楽から一夜明けた24日、大阪市内で会見。「今まで、横綱が(賜杯を)もらうのを見ていただけだった。それを自分の手に持った重さがあった」と喜びに浸った。

wpid-sum14032321530009-p2-2014-03-24-23-05.jpg

 綱とり条件である「13勝以上の優勝」を満たし、きょう24日に開かれる横綱審議委員会の答申を経て、「第71代横綱鶴竜」が正式に誕生する。

審議わずか11分、異論一切なし…鶴竜横綱推薦
読売新聞 3月24日(月)

 大相撲春場所で初優勝を果たした大関鶴竜(28)(井筒部屋)について、満場一致で横綱への推薦を決めた24日の横綱審議委員会(横審)。

 2場所連続14勝の好成績が高く評価され、審議はわずか11分で終了した。各委員からは地道な努力や、まじめな人柄を称賛する声が相次ぎ、内山斉委員長は「緊張感を失わず、できるだけ長く綱を張ってもらいたい」と期待を寄せた。

 この日の横審には、委員全員の11人が出席。初場所が優勝同点の鶴竜は2場所連続優勝ではないため、横綱推薦の内規により、出席委員の3分の2以上の決議が必要だった。しかし、異論は一切なく、あっさりと横綱推薦が決まった。

 この2場所を除けば、大関として目立った成績を残せなかった。だが、内山委員長は「むしろ一歩、一歩進んできていて安心して見ていられる。いい横綱になるのではないか」と、堅実さを評価。相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は「これからも、気を引き締めてやってくれると確信している。横綱は責任がついて回るので、自覚してやってほしい」と注文をつけた。
最終更新:3月24日(月)22時14分
wpid-yom-2014-03-24-23-05.gif

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

大相撲春場所 14日目 渾身鶴竜、見えた綱 相星白鵬を撃破、悲願の初V王手 相撲懸賞クイズ

14日目。

悲喜こもごもドラマがたくさん生まれました

何でしょうかね~、傍観者としては楽しいのですが当人を思うと勝負とは言え大変さを思ってしまいます

それにしても今場所の後半、オモシロイです(#^^#)

結び前の一番

今場所一番の注目と言って差し支えないでしょう

前日琴奬菊のガブリで土。そして負傷のない横綱が指にテーピング。

表情をいつもの穏やかさが消えている・・・

対する鶴竜は、常にポーカーフェイス。

これはもしや!と思うと、立ち会いから電光石火の鶴竜の突き、ひるむ横綱、鶴竜果敢に繰り出す突きと押し。

まわしをつかんで土俵際間断のない攻め、寄り切り・・・力の入る相撲でした

THE鶴竜って相撲でしたね

大関昇進前の、あの強い鶴竜です。これはあるかもですね(^^ゞ

今日の大一番、楽しみです!!

さて、相撲クイズです

注目の

シマシロウ関  下位18位 愛知県半田市

ムムム・・・一進一退のようですね(^^;)

家族みんなでやきもきなのでは・・・(^^;)

シロマティ関    下位 66位  愛知県名古屋市

トリエモン関    下位 77位  広島県広島市

マタマケタ関    下位199位  島根県太田氏

トラキチ関     下位275位  石川県小松市

ケイチャン関    下位309位  福井県福井市

上位を見てみましょう

クロマティ関    222位  愛知県名古屋市

マルチャン関    452位  福井県福井市

ナオミヤマ関    528位  宮城県仙台市

ミマキヤマ関    549位  長野県東御市

リュウタ関     552位  三重県松阪市

フクタロウ関    734位  愛知県半田市

アオマティ関    915位  愛知県名古屋市

激しい動きです(^^;)

泣いても笑っても本日千秋楽

心して応援、よろしくお願いします(^^ゞ

wpid-03-238.51.35-2014-03-23-08-40.png

大相撲春場所 14日目 渾身鶴竜、見えた綱 相星白鵬を撃破、悲願の初V王手
産経新聞 3月23日(日)7時55分配信
 悲願の初優勝、そしてその先にある横綱昇進への道筋を切り開いた。気迫あふれる取り口で鶴竜が同じ1敗の白鵬を撃破。「自分の相撲をとることだけを考えた」。優勝争いの先頭に立った男は、汗だくのまま激戦を振り返った。

 横綱に対しても迷いはない。立ち合い、強烈な突っ張りで先手をとった。左、右、さらにおかわりの左。組めば不利と自覚し、攻め一辺倒で相手の体を起こす。左上手をがっちりつかみ、頭をつけ右前まわしも引いた万全の寄りで勝負を決めた。

 「以前の自分とは少し違うかな」。大関の地位を守る意識は捨てた。大一番で力を出し切れたことが素直にうれしかった。

 安定感抜群の白鵬を2場所続けて破った。今場所は合口の悪い日馬富士、稀勢の里にも勝ち、存在感の薄さを払拭しつつある。「13勝以上の優勝」の横綱昇進の目安は千秋楽に自身が勝てば満たされる。昇進問題を預かる審判部の朝日山副部長(元大関大受)は「有力になったことはたしかだ」と評価。楽日に審判部内で昇進について話し合われることが決まった。

 勝てば優勝が決まる最後の一番は琴奨菊とぶつかる。充実しているいまの鶴竜にとって決して難しい敵ではない。28歳は「しっかり引き締めて頑張る」と集中力を高めた。(藤原翔)
最終更新:3月23日(日)7時55分
wpid-san-2014-03-23-08-40.gif

琴奨菊 連日の横綱撃破で勝ち越し「良かった。気持ちだけは強く」
スポニチアネックス 3月23日(日)7時1分配信
 ◇大相撲春場所14日目(2014年3月22日 ボディメーカーコロシアム)

 琴奨菊が連日の横綱撃破で勝ち越しを決めた。日馬富士に対して得意の左四つの体勢で相手の下手投げをこらえると、得意のがぶり寄り。

 12日目を終えた時点で6勝6敗の五分と苦しんだだけに「良かった。気持ちだけは強く臨んでいた」と喜んだ。千秋楽の相手は綱獲りの鶴竜で、優勝争いにも関わる大事な一番。「気持ちを高めていく。最後にいい立ち合いをしたい」と気を引き締めていた。

豪栄道11勝 かちあげ食らうも反撃成功
日刊スポーツ 3月22日(土)21時13分配信
<大相撲春場所>◇14日目◇22日◇大阪・ボディメーカーコロシアム

 関脇豪栄道(27=境川)が、西前頭5枚目の碧山(27=春日野)を寄り切って、11勝目を挙げた。

 立ち合いで相手のかちあげを食らって後退したが、すかさず腰を落として左を差し、反撃に成功した。「でかい人は懐をつかれるのが嫌だと思うので。反応できて良かった」と納得。地元大阪で、千秋楽も勝てば12年春場所以来の12勝目になる。「来場所に結びつく相撲で勝ちたい」と気合を入れた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

白鵬、琴奨菊に敗れ1敗…鶴竜と並ぶ 相撲懸賞クイズ

大波乱!

まさに相撲は筋書きのない15日間のドラマ

昨日は、琴欧州の引退

そして今日、

千秋楽目前にきて、両横綱に土。

ポーカーフェイスの鶴竜の優勝・横綱が現実感を帯びてきました!

白鵬の取り組みは見てました(^^ゞ

琴奬菊、会心のガブリ

強かったです

さ、そしてクイズも激動

1桁台から2桁へチョット後退・・・

ムムムであります

シロマティ関、グーンと上がってまいりました!!

シマシロウ関  下位 8位 愛知県半田市

トリエモン関   下位 64位  広島県広島市

シロマティ関   下位 70位  愛知県名古屋市

マタマケタ関   下位206位  島根県太田氏

トラキチ関    下位227位  石川県小松市

ケイチャン関   下位487位  福井県福井市

上位を見てみましょう

マルチャン関   599位  福井県福井市

ミマキヤマ関   362位  長野県東御市

フクタロウ関   587位  愛知県半田市

クロマティ関   715位  愛知県名古屋市

リュウタ関    939位  三重県松阪市

常連マルチャン・ケイチャン関、得意の上下で好成績です。後半駆け上がって参りました(^^ゞ

常連クロマティ・シロマティ関もここ数場所そうですが上下で好成績、元気です!

その後の横綱の怪我も気になりますが・・・泣いても笑ってもあと2日

さ~~ドキドキです(^^ゞ

白鵬、琴奨菊に敗れ1敗…鶴竜と並ぶ
読売新聞 3月21日(金)18時10分配信
 大相撲春場所13日目(21日・大阪府立体育会館)――ここまでただ一人無敗だった白鵬は琴奨菊に寄り倒しで敗れ、稀勢の里を突き出した鶴竜と1敗で並んだ。

 日馬富士は豪栄道に寄り倒しで敗れて2敗となった。
最終更新:3月21日(金)18時10分
wpid-yom-2014-03-21-19-121.gif

琴欧洲「体ボロボロ」涙の引退!悔いなし大関在位47場所
スポーツ報知 3月21日(金)7時2分配信
 ブルガリア出身で欧州出身初の大関となった西関脇・琴欧洲(31)=佐渡ケ嶽=が20日、日本相撲協会に引退届を提出した。今場所は2日目から9連敗と精彩を欠き、11日目(19日)から休場していた。今年1月に日本国籍を取得した琴欧洲は年寄名跡を持っていないが、大関経験者が引退後3年間は力士名のまま協会に残れる規定により、「琴欧洲親方」として佐渡ケ嶽部屋付きの親方として後進の指導に当たる。

 こみ上げるものを抑えきれなかった。琴欧洲は涙で何度も言葉を詰まらせた。02年九州場所の初土俵から約12年。土俵生活を振り返り「信じられないところと、ほっとしているところがある。悔いはない」と絞り出した。

 昨年九州場所を左肩脱臼で途中休場して負け越し、史上4位の47場所守った大関から陥落。今年初場所で10勝できず、大関返り咲きはならなかった。今場所は「まだ相撲を取るんだと思って乗り込んだ」との決意で迎えたものの、2日目から9連敗。2メートルを超える長身を生かした取り口で、史上最速の19場所で欧州出身では初の大関昇進。甘いマスクもあって、爆発的な人気を博した。だが多くの故障に最後まで悩まされた。「体がボロボロになって、思うように相撲を取ることができなかった。精神的にも体力的にも限界だった」

 10日目の横綱・白鵬戦が、現役最後の一番となった。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)は「入門した時の気持ちを忘れずにぶち当たって来い」と言って送り出したという。取組後に話し合って引退を決意。師匠は「本当に悔いはないのか、と何度も聞いた。本人が『気力がない。悔いもない』とのことだった。それで決めました」と明かした。琴欧洲は「白鵬関と相撲を取れたことが幸せだった。横綱の顔を見ることができず、自分でも終わりが来たと感じた」と話すと、再び涙が頬を伝った。

 これからは「琴欧洲親方」で部屋付き親方として後進の指導に当たる。大関経験者はしこ名のままで親方として3年間、協会に残ることができ、同日の年寄資格審査委員会と理事会で襲名が認められた。今後は年寄名跡の取得を目指す。

 横綱になれず「心技体がそろっていなかった」と悔しさをにじませた。最後に切磋琢磨(せっさたくま)した大関・琴奨菊に「自分にかなえられなかった夢。綱を締めて先代(元横綱・琴桜)のお墓の前を土俵入りできるように頑張ってほしい」。同部屋のライバルに夢を託し、土俵を去った。

 ◆琴欧洲 勝紀(ことおうしゅう・かつのり)本名・安藤カロヤン。1983年2月19日、ブルガリア・ベリコタルノボ市生まれ。31歳。佐渡ケ嶽部屋。相撲は大学からで02年のドイツ国際大会でスカウトされ来日。同年九州、初土俵。04年夏、新十両。同年秋に当時最速の所要11場所で入幕。05年春には最速タイの所要14場所で三役。同年九州場所後に、最速の所要19場所で大関昇進。大関在位は史上4位の47場所。優勝1回。殊勲賞2回、敢闘賞3回。幕内在位57場所で466勝322敗63休。202センチ、155キロ。今年1月に日本国籍を取得。家族は妻と1男。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

連敗ストップ!遠藤、5勝目を挙げ最速三役へ望み 相撲懸賞クイズ

遠藤、終盤でも精彩を放っていますね

さて、土俵もですが、クイズがかなり面白いです!!

日計1位は突然に!

なななんと!

ヤタカヤマ関 11日目日計1位 岡山県高梁市

思わぬダークホースと言いますか、先場所に引き続き連場所での日計1位!!

ヒタチチュウオウすげ~!ってなもんであります(^^ゞ

他の皆さんも元気です!

シマシロウ関  下位 8位 愛知県半田市

シマシロウ関、元気です!いいです!

トリエモン関    下位 76位  広島県広島市

シロマティ関    下位149位  愛知県名古屋市

マタマケタ関    下位245位  島根県太田氏

トラキチ関     下位264位  石川県小松市

ケイチャン関    下位420位  福井県福井市

上位を見てみましょう

ミマキヤマ関    567位  長野県東御市

オモシロイ関    587位  茨城県ひたちなか市

カイトウミ関    642位  北海道石狩市

フクタロウ関    610位  愛知県半田市

ノリヒロ関     900位  茨城県ひたちなか市

激動の毎日!

連敗ストップ!遠藤、5勝目を挙げ最速三役へ望み/春場所
サンケイスポーツ 3月20日(木)

wpid-20140320-00000022-sanspo-000-2-view-2014-03-20-11-07.jpg

遠藤(右)は突き上げからの押し出しで5勝目。勝ち越せば新三役が濃厚だ (撮影・永田直也)(写真:サンケイスポーツ)

 大相撲春場所11日目(19日、ボディメーカーコロシアム、観衆=6550)東前頭筆頭の遠藤(23)は小結豊ノ島(30)を押し出し、5勝目を挙げた。幕下付け出しデビューでは史上最速タイの新三役が濃厚となる勝ち越しへ望みをつないだ。両横綱は、ともに11戦全勝。白鵬(29)は関脇豪栄道(27)を、日馬富士(29)は5連敗中だった大関稀勢の里(27)を破った。初の綱とり場所となる大関鶴竜(28)は10勝目を挙げ、1敗で両横綱を追う。

 柔らかい体を持ち合わせるホープは、頭も柔軟だ。遠藤が瞬時に最善手から次善手に切り替えた。

 「実力は自分より上。常に攻める気持ちだった」

 立ち合いからの強烈な右おっつけで体が浮き上がった。豊ノ島に得意の左差しを封じられたが、まわしへのこだわりを捨て、身長で14センチ低い1メートル68の相手を突き上げて押し出し。5勝目を挙げた。場所前、時津風部屋への出稽古で顔を合わせ「土俵での雰囲気はわかっていた」。上位10人と総当たりする今場所。大関、関脇、小結を1人ずつ倒して底力をみせつける。

 パソコンを持っていない遠藤は、もっぱらスマートフォンで情報収集。そのなかで最近、目を引きつけた画面があった。

 「ウコンの取りすぎには注意しましょう」

 場所中、酒を口にしない遠藤には消化系・肝機能の症状改善に効果があるといわれるウコンは直接には無関係。だが、サプリメントの摂取に興味を持ち、自身で勉強しながらプロテイン、アミノ酸、クエン酸などの上質なものをとるように心掛けている。

 「とり過ぎてはよくないし、効果のないものはやめてしまう」

 昨年の「アマチュア横綱」で今場所、遠藤と同じ追手風部屋から幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏んだ川端は「関取はトレーニングにも熱心。参考にさせてもらいます」。同郷の石川県出身で同じ金沢学院東高-日大へと進んだ1年後輩も先輩をみながらプロ意識を高め、部屋に高揚感を与えている。

 勝ち越せば幕下付け出しでは豊山、武双山と並び最速となる所要7場所での新三役がみえてくる。ざんばら髪の闘いは最後まで続く。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

【春場所】稀勢がカド番脱出!逆転Vへ19日VS日馬 相撲懸賞クイズ

さ!面白くなって参りました!

稀勢の里が憂い無く前進できる体勢に、そして大砂嵐の再出場

ナカナカ面白くなってきそうです!

クイズも凄いです!

シマシロウ関  下位 6位 愛知県半田市

どどどどうでしょう!

トリエモン関    下位 50位  広島県広島市

ファンタスティック!

つい興奮して使ったことのない言葉まで飛び出します(^^ゞ

シロマティ関    下位147位  愛知県名古屋市

トラキチ関     下位253位  石川県小松市

マタマケタ関    下位262位  島根県太田氏

ヤタカヤマ関    下位419位  岡山県高梁市

ケイチャン関    下位446位  福井県福井市

上位を見てみましょう

ミマキヤマ関   284位  長野県東御市

リュウタ関    697位  三重県松阪市

マルチャン関   748位  福井県福井市

オモシロイ関   565位  茨城県ひたちなか市

カイトウミ関   448位  北海道石狩市

フクタロウ関   350位  愛知県半田市

なんかすごく激しいです(^^ゞ

wpid-03-199.37.02-2014-03-19-12-13.png

【春場所】稀勢がカド番脱出!逆転Vへ19日VS日馬
スポーツ報知 3月19日(水)7時4分配信

wpid-20140318-00000256-sph-000-0-thumb-2014-03-19-12-13.jpg

勢(右)を厳しく攻め立てる稀勢の里
 ◆大相撲春場所10日目 ○稀勢の里(寄り切り)勢●(18日・大阪市ボディメーカーコロシアム) 大関・稀勢の里が、初めてのカド番を脱出した。西前頭4枚目・勢を寄り切って勝ち越しを決めた。トップを2差で追い、優勝の可能性も残す。今場所は日本人力士の新星・遠藤が脚光を浴びるが、日本の期待を背負ってきた和製大関が終盤戦で存在感を示す。白鵬、日馬富士の両横綱はともに全勝を守った。両横綱の無傷10連勝は2場所ぶりとなった。1敗で大関・鶴竜、2敗で稀勢の里、関脇・豪栄道が追う。

 稀勢の里は動じなかった。勢に自身の左に動かれ、土俵際に追い込まれた。こらえて食い止め、得意の左四つ。逆襲すると、最後は右上手も引きつけて寄り切った。「動かされましたね。ああなったら(捕まえたら)慌てないようにという気持ちでした」

 今年の初場所では2度目の綱取りに挑みながら、右足親指のじん帯を損傷して千秋楽を休場。今場所は一転して自身初のカド番で迎えた。10日目で給金を直してカド番を脱出した。「またいつもとは違う勝ち越しですね」。最低限の目標を突破し、ホッとした表情だった。

 苦戦した先場所は場所前から不安を抱えていた。父・萩原貞彦さん(68)は「(右足親指の)じん帯が伸びていて、悪い状態だった。もともと痛めていたんです」と明かす。貞彦さんによれば、その影響で場所前の稽古では、そんきょもまともにできない状態だったという。綱取りの重圧以前の問題だった。

 そこで、先場所後の稽古休みを故郷の茨城・牛久市の実家で過ごした。「(丸々1週間過ごすのは)入門後はおそらく初めて」(貞彦さん)という。一人暮らしで都内のマンションでは動けないための措置だった。万全ではないが、慣れ親しんだ環境でリラックス。肉体面でも精神面でもいい効果を生んだ。支えてくれた家族に、まずは1つ目の恩返しを果たした。

 北の湖理事長は「これで楽な気持ちで(横綱戦に)ぶつかっていける。稀勢の里が優勝のカギを握っている」と期待した。11日目は日馬富士戦。横綱ながら5連破中と得意の相手だ。「いい状態で臨めるんで思い切っていきたい」と稀勢の里。新星の遠藤が注目を集める場所で「日本人ホープ」と期待され続けてきた男が存在感を見せる。

<大相撲春場所>大砂嵐が再出場へ…12日目から
毎日新聞 3月19日(水)11時59分配信
 大相撲春場所を途中休場した東前頭11枚目の大砂嵐(22)=大嶽部屋=が20日の12日目から再出場することになった。8日目の遠藤戦で右脚付け根付近を痛め、10日目から休場していた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

鶴竜 綱獲りへ1敗死守「自分の相撲。集中するだけ」 相撲懸賞クイズ

中日を迎え、土俵もいろいろ固まってきたようです

強い横綱、追う三役、正念場の遠藤、気張る大砂嵐といったところでしょうか・・・

昨日の稀勢の里、琴奬菊戦

面白かったですね~

見ていて力入りました!

さて、相撲クイズです!

下位が凄いんです!!

下位が元気です!

シマシロウ関、ぐんぐん上昇です!

これはもしかすると凄いかもですね(^^ゞ

ヤタカヤマ関もぐんと元気に上がってまいりました!

圏外からグーンと元気な方、チョット後退の方・・・

春場所らしく乱高下が激しいです

まだまだこれからです!

たのしみましょう(^^ゞ

シマシロウ関  下位 29位 愛知県半田市

トリエモン関   下位168位  広島県広島市

シロマティ関   下位136位  愛知県名古屋市

トラキチ関    下位166位  石川県小松市

マタマケタ関   下位204位  島根県太田氏

ヤタカヤマ関   下位305位  岡山県高梁市

上位を見てみましょう

ミマキヤマ関  331位  長野県東御市

リュウタ関   517位  三重県松阪市

マルチャン関  781位  福井県福井市

オモシロイ関  809位  茨城県ひたちなか市

カイトウミ関  883位  北海道石狩市

フクタロウ関  895位  愛知県半田市

wpid-03-1718.38.14-2014-03-18-07-43.png

鶴竜 綱獲りへ1敗死守「自分の相撲。集中するだけ」
スポニチアネックス 3月18日(火)

wpid-20140318-00000032-spnannex-000-0-thumb-2014-03-18-07-43.jpg

高安(左)を寄り切りで下す鶴竜
 ◇大相撲春場所9日目(2014年3月17日 ボディメーカーコロシアム)

 綱獲りの鶴竜は高安を万全の相撲で下し、幕内で唯一の1敗を守った。

 立ち合いからの流れで右の上手を取り、タイミングを見計らって巧みに出し投げ。即座に右裾払いで相手の体勢を崩して一気に寄り切った。理にかなった技を次々と繰り出す圧巻の内容で給金を直したが「勝ち越しはうれしいですけど(綱獲りは)考えてない」と無欲を貫いている。

 逆転優勝を果たせば、横綱昇進が現実味を帯びてくるだけに、師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)も「2人の横綱に少しでも付いていってほしい」と期待した上で、唯一の敗戦となった3日目の隠岐の海戦について「なんで負けるかなぁ。巡業で隠岐の海関に稽古をつけてもらわなきゃ」と悔しさも。当の大関は何を聞かれても「自分の相撲。集中するだけ」。不気味なほど落ち着いている。

琴欧洲 8連敗で早くも負け越し…支度部屋で終始無言
スポニチアネックス 3月18日(火)7

wpid-20140318-00000035-spnannex-000-0-thumb-2014-03-18-07-43.jpg

日馬富士(上)にはたき込みで敗れた琴欧洲

 ◇大相撲春場所9日目(2014年3月17日 ボディメーカーコロシアム)

 関脇の琴欧洲が日馬富士に完敗し、2日目からの8連敗で早くも負け越した。

 立ち合いで上体を起こされると直後のはたきにバッタリ。支度部屋では終始無言を貫いた。部屋関係者によると、場所前にもケガをした形跡はなく、本人は現役続行を望んでいたという。先々場所まで大関を務めていた31歳の大不振。北の湖理事長(元横綱)も「覇気がない」と心配そうな面持ちだった。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

鶴竜、栃乃若寄せ付けず 中日に豪栄道と1敗対決 相撲懸賞クイズ

昨日はじっくり見ました!

大相撲中継

いいですね~楽しかったです

でもでも、大相撲クイズが元気なんです!

中日前とは言え、凄いことになっております!

下位が凄いんです!

千秋楽まで元気を維持して頂きたいものです

さ、これからですこれから(^^ゞ

楽しみましょう!!

まずは

上位を見てみましょう

オモシロイ関   206位  茨城県ひたちなか市

ノリヒロ関    502位  茨城県ひたちなか市

フクタロウ関   443位  愛知県半田市

カンカル関    699位  茨城県つくば市

ミマキヤマ関   816位  長野県東御市

下位が元気です!

トリエモン関  下位 45位 広島県広島市

シマシロウ関  下位 98位 愛知県半田市

シロマティ関  下位131位 愛知県名古屋市

ケイチャン関  下位240位 福井県福井市

トラキチ関   下位264位 石川県小松市

マタマケタ関  下位304位 島根県太田氏

wpid-03-1419.04.25-2014-03-16-11-32.png

遠藤 琴欧洲にも勝った!中日は全勝の大砂嵐と激突
スポニチアネックス 3月16日(日)7時2分配信

wpid-20140316-00000067-spnannex-000-0-thumb-2014-03-16-11-32.jpg

琴欧洲(下]を叩き込みで破る遠藤

 ◇大相撲春場所7日目(2014年3月15日 ボディメーカーコロシアム)

 序盤で上位に4連敗した東前頭筆頭の遠藤が関脇・琴欧洲をはたき込んで、3連勝と調子を上げてきた。中日は全勝を守った平幕・大砂嵐と人気力士同士の対決が待っている。両横綱も無傷の7連勝。関脇・豪栄道は大関・琴奨菊との1敗対決を制した。カド番の稀勢の里は連敗を2で止め、大関・鶴竜は1敗をキープした。

 遠藤が完全に逆襲モードに入った。2場所連続で琴欧洲を撃破。4連敗からの3連勝だ。仕切り前、満員御礼のファンが合唱する遠藤コールにしっかり応えた。

 「最後の仕切りのあとは(コールは)いつもは聞こえない。でも、きょうは聞こえた。うれしいですよね」

 成長の跡を確かに見せた。先場所での対戦では立ち合いでわざと遅れ、左を差した。昭和の大横綱・双葉山が極めたとされる“後の先(ごのせん)”かと騒がれた。しかし、結果として攻め込まれて、すくい投げで逆転勝ち。後日、「あれは後の先なんて、いいもんじゃない。“後の後”でしょ」と自虐的に話した。しかし、今場所は遅れることはなかった。正攻法で踏み込んだ上で、はたき込み。引き技とはいえ、危なげなく勝った。北の湖理事長(元横綱)も「勝ち越すチャンス。(序盤で)上位とやったから、同じくらいの地位とやると力を発揮する。上位も、日馬富士戦以外は押し込まれていないからね」と目を細めた。

 高まる期待はプレッシャーにもなりかねない。だが、今はプレッシャーも受け止める。力を得たのはレスリングの吉田沙保里の姿だ。父を亡くした悲しみを乗り越えてW杯に臨むニュースを見て、「精神的に凄い」と自らも戦いに臨む気持ちを奮い立たせている。

 角界デビューした昨年の春場所後に、故郷・石川県穴水町の両親に時計を贈った。日大の卒業式に出席し、卒業生代表として壇上で「総長賞」として受け取ったものだ。初場所で受け取った敢闘賞のトロフィーも贈っている。そして1年。今、最高のプレゼントは勝ち越しだ。きょうは全勝街道を走る大砂嵐が相手。「先場所負けているので向かっていく気持ちで」と遠藤はリベンジを期した。今場所の親孝行はこれからだ。

鶴竜、栃乃若寄せ付けず 中日に豪栄道と1敗対決
スポニチアネックス 3月16日(日)7時1分配信

wpid-20140316-00000044-spnannex-000-0-thumb-2014-03-16-11-32.jpg

栃乃若(右)を寄り切る鶴竜
 ◇大相撲春場所7日目(2014年3月15日 ボディメーカーコロシアム)

 綱獲りに挑む鶴竜は栃乃若を寄せ付けず、1敗を守った。立ち合いで左四つの体勢をつくって一気に前へ。土俵際では相手に粘られたものの「懐が深いし、うっちゃったりしてくるので慎重に前に出た」と焦らずに寄り切った。

 8日目は豪栄道との1敗対決。大きなヤマ場となるだけに「目の前の一番に集中してやるだけ」と気を引き締めた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

大相撲春場所 5日目 遠藤、稀勢を撃破 低い立ち合い奏功「勝てるとは」 相撲懸賞クイズ

どうにも中継が見られない・・・ラジオすら聴けない・・・

なんかフラストレーションが(^^;)

こんにちは、佐藤です

さて、土俵では遠藤人気ですが、上位の壁にブチ当たっているようですが、一角を崩したようです

そして、豪栄道が12場所連続の関脇が話題ですが、数年前は「若の里」が関脇の常連でしたね

いまだに衰えない筋骨隆々の身体ですが、現在十両にて気張っているようですが、快挙です。

まさに凄いとしか言えません

素晴らしいですね!

さて、相撲クイズです!

ま、まだまだ序盤です(^^ゞ

余裕で眺めていきましょう

上位を見てみましょう

カンカル関   231位  茨城県つくば市

オモシロイ関  461位  茨城県ひたちなか市

ノリヒロ関   802位  茨城県ひたちなか市

フクタロウ関  861位  愛知県半田市

下位が元気です!

シロマティ関 下位120位 愛知県名古屋市

トリエモン関 下位122位 広島県広島市

トラキチ関  下位161位 石川県小松市

マタマケタ関 下位206位 島根県太田氏

シマシロウ関 下位212位 愛知県半田市

ケイチャン関 下位365位 福井県福井市

眺めると言っても、

上下でフクタロウ・シマシロウ関元気です

そして常連の貫録シロマティ関、トラキチ関も堂々の下位で競ってますね

さ、これからです!

ボクもシッカリ中継見て応援したいと思います(^^ゞ

wpid-03-1318.35.38-2014-03-14-12-10.png

大相撲春場所 5日目 遠藤、稀勢を撃破 低い立ち合い奏功「勝てるとは」

産経新聞 3月14日(金)

 連敗中の遠藤は臆することなかった。横綱、大関戦最後の相手は稀勢の里。初顔合わせの上位と当たるときに考えるのは「いつもより強く、速く当たること」。若武者らしい、がむしゃらさが生きた。

 30キロ近く重い相手に当たり勝ったことが勝因だ。

 頭からぶつかった低い立ち合い。直後に左のど輪でのけぞらせた。休まず繰り出した突きをこらえられ、逆に土俵際まで追いやられるが落ちない。うまく俵を回りながら突き落とした。

 大関勢との4度目の対戦で初白星。「まさか勝てるとは。信じられない」。勝ち名乗りを受け、土俵下で審判員を務めた師匠の追手風親方(元幕内大翔山)の姿を見て、われに返り「勝ったんだ」と実感した。

 プロ入りして1年。4連敗はこれまで経験したことがなかった。実績だけでなく、体格でも勝る相手がほとんどだったが「今後の自分のため」と真っ向勝負を貫いてきた。そして、場所前に鶴竜との稽古で磨いた立ち合いで一矢報いた。

 朝日山審判長(元大関大受)は「一日一日成長している」と認め、小細工のないホープの取り口を「好感が持てる」と評価した。

 「明日があるから」

 まだまげが結えない23歳は普段通り、上位を崩しても支度部屋で表情を緩めることはなかった。(藤原翔)

“鉄人”寺尾に並んだ!37歳若の里「860」勝/春場所

サンケイスポーツ 3月14日(金)

 大相撲春場所5日目(13日、ボディメーカーコロシアム、観衆=5900)37歳のベテラン、十両の若の里が、22歳の千代皇を寄り切り4勝目。序ノ口以来の通算勝ち星を「860」とし、歴代7位で“鉄人”と呼ばれた寺尾(錣山親方)に並んだ。「過去7人しかたどりついていない記録。仲間入りはうれしい。相撲は弱くなったけど1日でも長く取りたい」と決意も新た。

■記録メモ

▼通算873勝 旭天鵬が記録。大鵬を抜いて単独史上5位で、現役1位。史上1位は魁皇の1047勝。

▼通算860勝 若の里が記録。寺尾に並び史上7位で、現役2位。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

小保方さんの言葉で思い出した“狂おしい情熱” 相撲懸賞クイズ

狂おしい情熱

素敵な響きです

人生、ここまでの情熱がありますと輝きも変わるのでしょう(^^ゞ

はてさて我が身を振り返りますと・・・(^^;)

さ、大相撲です!

締め切りは金曜日の夜まででです!

よろしくお願いいたします(^^;)

小保方さんの言葉で思い出した“狂おしい情熱”

2014.3.6

 大学4年だった自分が持っていた全財産は5万円。教科書代とウソをついて母から仕送りしてもらった15万円を併せ持って九州を訪れた。大相撲界に入るためにはどうしても、あと4センチ身長が必要だった。その地に背を伸ばしてくれると評判の老人がいた。報酬はちょうど20万円だった。

 2泊3日。水は飲ませてもらえず、「つばや鼻水も全て栄養だから飲み込め」と指示された。1日1回、眼光鋭い老人は私のひざに手を当てる。3日目の朝、「もう身長は伸びた。東京に帰りなさい」と言われた。

 興奮して大学の合宿所に帰り、同級生に見守ってもらいながら身長を測った。1ミリたりとも伸びてはいなかった。

 もう20年以上も前の話になる。今だからこそ笑い話にできるのかもしれない。

 大学卒業前の3月に受けた春場所の新弟子検査では、鬢(びん)付け油を塊のまま髪の毛の中に隠して挑んだ。しかし、その日は予想以上に気温が上昇した。検査会場に着く頃には油は溶けていた。検査を担当する元横綱柏戸の鏡山親方に隠した油が見つかり、怒られた揚げ句に、あっさりと不合格を言い渡された。

 すぐ堺市内にあった出羽海部屋の宿舎に戻って、まとめた荷物を近くの酒屋から東京に送り返した。情けなくて、悔しくて、寂しくて。

 ところが、一度落ちてからの方が挑戦したい気持ちが強くなった。なぜ、相撲界に入るために173センチが必要なのか。この数字の根拠がわからない。工夫さえすれば、どんな大きい相手とも勝負できるという反骨心が燃え上がってきた。大相撲界という最高の舞台をのぞいてみたいという好奇心もあった。

 そして、何より相撲が好きで好きで仕方なかった。女房や子供がいるわけでもなく、失うものはない。シリコンを入れて新弟子検査に合格し、寝坊しないための目覚まし時計一つ持って相撲部屋での生活が始まった。

 何も持っていなくても心は貧しくなかった。不安など少しもない。自分の大好きな相撲を仕事にできる-。そのために全てなげうってもいいと思っていた。たしかな自分の生きた証しがほしかった。

 「デートのときも研究のことを考えていた」と新型万能細胞(STAP細胞)の開発を大々的に報じられた小保方晴子さんの発言が、相撲界にいた頃のことをふと思い起こさせてくれた。人と会っていても、食事をしていても、相撲のことが頭を離れなかった。

 春場所が開催される大阪には新弟子検査の苦い記憶とともに、自分の原点がある。春の南風が吹くこの季節になると、そんなことを思い出す。(元小結 舞の海秀平)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

【春場所】遠藤に白鵬の洗礼!出稽古11戦全敗「強かった」 相撲懸賞クイズ

さ~雰囲気が盛り上がって参りましたね

出稽古も盛んな遠藤

どうしても報道は遠藤に偏りがちですね

注目の調子はと言うと、やはり上位の壁は厚いようです

と言っても、これ場所が始まると全く分かりません(^^ゞ

楽しみですね!!

そろそろ締め切りが近づいてきました

7日金曜夜までお待ちしております

よろしくお願いします!

【春場所】遠藤に白鵬の洗礼!出稽古11戦全敗「強かった」

 

大相撲春場所(9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)で自己最高位の東前頭筆頭まで番付を上げた注目の遠藤(23)=追手風=が4日、横綱・白鵬(28)=宮城野=の胸を借りた。大阪市東成区の時津風部屋に出稽古に赴き、昨年秋場所の横綱審議委員会稽古総見以来、2度目の横綱との稽古だったが11戦全敗。今場所は横綱、大関陣と総当たりとなる中で、厳しい洗礼を浴びた。

 出世の早さを物語るざんばら髪が、みるみるうちに乱れていった。遠藤は新鋭らしく懸命に白鵬に立ち向かった。そのたびにはね返された。横綱得意の右四つを許すと、一気に寄り倒されて背中には、べったり砂がついた。あまりの出足の激しさに、勢い余って後頭部を打つ場面もあった。最後は左足首をひねって痛がるそぶりを見せたため、11番で切り上げとなった。

 遠藤「疲れました。強かった。何をしていたかも分からない状態だった。疲労感は全然違う。雰囲気も違う。ほかの人とやる以上に、力と体力を“精いっぱい以上”に使いました」。転がされ、投げ捨てられ、肩で荒い息を吐き出した。苦しい表情で横綱との稽古を振り返った。

 白鵬「一度、稽古をやりたいと思って、実現できた。そのことは良かったんじゃないかな。いつも通りの稽古内容だよ」。遠藤とは格が違う。それを証明できたか?と問われ「どうでしょうね」とかわしたが、初顔合わせが確実な新星との稽古に満足そうだった。

 遠藤は、白鵬に昨年秋場所の横審稽古総見で胸を借りた。約半年ぶりの横綱との本格的な稽古となった。白鵬の姿勢は、明らかに総見と違った。昨秋は受け気味に立っていたが、この日は鋭く厳しい立ち合い。今回は対戦が確実のため「本気度の違い」が感じ取れた。

 こてんぱんにやられた遠藤だが「最初から横綱とやって相撲になるとは思っていなかった」とポツリ。「場所を重ねて力をつけて、もう少しいい相撲を取れるようにしたい。この経験を無駄にしないように頑張っていきたい」と期待の星らしく、前向きだった。一つ一つの経験を大きな糧にしていくつもりだ。

焦るな!遠藤、舞の海先輩から“金星への3カ条”

 

大相撲春場所(9日初日、ボディメーカーコロシアム)東前頭筆頭の遠藤(23)が3日、大阪市内の時津風部屋へ出稽古し、初の綱とり場所となる大関鶴竜(28)と三番稽古(同じ相手と何度も取る)を行い1勝16敗だった。この日は日大相撲部先輩の大相撲解説者、舞の海秀平氏(46)=元小結=が見学。“金星への3カ条”を授けられた。

【写真で見る】大阪市内でトークショーをする遠藤

 左の額からほおにかけた大きなすり傷が痛々しい。遠藤はこの日も出稽古で鶴竜に胸を借りた。傷が乾く間もなく、流血しながら、投げられ、押し倒された。

 先月末から開始した入門後初めての出稽古4日間で、鶴竜にはわずか3勝(63敗)。入幕4場所目で横綱、大関陣ら上位と総当たりする自己最高位の前頭筆頭まで番付を上げ、「初めから負けるつもりでいるわけじゃない」と強気で挑む。

 “助っ人”も現れた。技能賞を5度獲得し「技のデパート」の異名を取った日大の先輩でもある舞の海氏が見学に訪れた。稽古後に呼び止められ、今後上位の壁を崩すための“3カ条”を伝授された。

 最初の助言は『当たり負けしても、落ち込むな』-。「鶴竜の立ち合いの圧力に負けて上体が起きた。当たった角度、体勢を保ってさえいれば、むしろそのまま後退したほうが闘える」と舞の海氏は説明した。

 2つめは『相手を選んで出稽古へ』-。「立ち合いを強く速くするには、結局、立ち合いの強い力士と稽古をやるしかない」。大関と稽古できる現在の環境は今後に生きると指摘された。

 最後は『焦るな。時間が解決する』-。「スタミナ切れしたが、自分もそうだった。(上位と)稽古すれば2、3年でついてくる」と自分の経験を伝えられた。

 同じ学生相撲出身。遠藤もこの助言にわが意を得たりの様子で「自分もそう思っていたことがある。わかっていても(体が)できない」と苦笑い。金言を胸に刻み、荒れる春場所を演出する。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!