稀勢の里、“一周忌”先代・鳴戸親方にV誓った相撲懸賞クイズ

こんにちは

どうですか!この稀勢の里のぶん殴られたような右目の大きなアザ

痛々しくはありますが、稽古へかける熱心さ、そして九州場所にかける気合いと云うものを感じますね

本場所さながらとも云えるこの表情

期待してみたはいかがでしょうか?

来年は日本人横綱の登場か!!

楽しみですね

さて、無料カタログ、昨日より発送しております

順次御手元届くと思います

まだ間に合いますよ(^^ゞ

稀勢の里、“一周忌”先代・鳴戸親方にV誓った…11月11日九州場所初日

スポーツ報知 10月31日(水)
wpid-20121030-00000262-sph-000-2-thumb-2012-10-31-14-411.jpg
力士会へ出席した稀勢の里
 大相撲の大関・稀勢の里(26)=鳴戸=が30日、昨年九州場所直前に急死した先代・鳴戸親方(元横綱・隆の里)の弔いのため、九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)での初優勝を誓った。

 この日、福岡市内の部屋で始動した稀勢の里は「(先代が亡くなって)ちょうど1年だしね。何とかしなくちゃいけない」と力を込めた。昨年の九州場所は大関取りだった。大事な場所を直前に控えた昨年11月7日、先代師匠が突然この世を去った。悲しみを乗り越え、場所後に大関へ昇進。激動の場所から1年を迎えようとしている。

 先月7日には一周忌法要も営まれた。稀勢の里は「もちろん(去年を思い出すことは)あります。感謝の気持ちは常に忘れていない」と思いをはせた。稽古場には「なにくそ根性。自分の頭で考えろ…」など先代直筆の教えがびっしりと書かれた四角形の石が置かれている。今でも先代の教えが生き続けているのだ。

 右目には痛々しい青あざが残るが、特別な思いがある場所へ向け「(昨年の九州は)集中力があって調子が悪くても10番勝てた。同じように集中して調子がよければもっといけると思う」と自信を見せた。初Vを飾り、天国の先代師匠へ朗報を届ける。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

琴奨菊が婚約会見 愛の力でカド番脱出誓う!って

か~~~~

云ってくれちゃってます

たまんね~なオイって感じです(^^ゞ

ま、今場所は気張ってもらって、先場所の汚名を雪いで欲しいものです

さ、新横綱を困らせて欲しいですな(^^ゞ

あ、無料カタログ配布始まります

ご応募お急ぎ下さい(^^ゞ

↓まで

琴奨菊が婚約会見 愛の力でカド番脱出誓う!

スポニチアネックス 10月30日(火)
wpid-20121030-00000030-spnannex-000-0-thumb-2012-10-30-08-551.jpg
拡大写真
婚約者の福地真紀子さんを“お姫様抱っこ”する琴奨菊
 大関・琴奨菊が29日、福岡県久山町の佐渡ケ嶽部屋で婚約会見を行った。お相手は会社員の福地真紀子さん(29)=佐賀市在住の会社員・栄樹さん(64)の三女=。知人の紹介で3年前に知り合い、「自分の姿を見てもらいたかった」とその年の九州場所初日に招待し、その後、交際がスタートした。

 「一番つらい時、大関昇進がかかった時も支えてもらった。足りないところもあるけれど、2人で補っていけたら」と結婚する決意を固めた。会見に同席した真紀子さんは「初めて会った時、素敵な笑顔で優しそうだと思った」と笑顔で話した。琴奨菊は9月の秋場所で左膝を痛めて途中休場。九州場所は初のカド番となる。厳しい状況での婚約発表だが「いろんな試練を2人で乗り越えられるようにと思って」と前向き。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)も「力を合わせて頑張ってくれたら」と期待を寄せる。場所後に結婚し、4月20日に東京で挙式する。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

無料カタログの発送準備始まります 相撲懸賞クイズ

いよいよ番付も発表になりました!

雰囲気上がってきますね~

無料カタログの方も発送準備始まります

お申し込みは下記までお急ぎ下さいませ(^^ゞ

東西に横綱、16場所ぶり…常幸龍が最速新入幕

読売新聞 10月29日(月)
 大相撲九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の番付が29日、日本相撲協会から発表された。

 第70代横綱に昇進した日馬富士は西方に座り、2010年初場所以来、16場所ぶりに番付の東西に横綱がそろった。幕内最軽量(133キロ)の横綱は、1982年秋場所の千代の富士(116キロ)以来。東方の白鵬は、横綱在位32場所で千代の山と並ぶ史上9位となり、4場所ぶりの賜杯奪回を目指す。

 入幕力士は計5人で、うち先場所十両優勝の常幸龍が新入幕を果たした。初土俵から所要9場所の入幕となり、年6場所制では琴欧洲(当時琴欧州)と阿覧の11場所を抜く最速記録(幕下付け出しを除く)。

 大関は4場所ぶりに5人に戻り、秋場所を途中休場した琴奨菊、琴欧洲、把瑠都はカド番を迎える。3大関のカド番は、2場所負け越しで陥落する現制度になって以降初めて。

 妙義龍と豪栄道の両関脇は先場所と同じ。小結は、安美錦と豊真将がともに3場所ぶりに復帰した。
wpid-yom-2012-10-29-10-361.gif

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

「物言い」新横綱!

先場所は暑くて残暑といいますか、猛暑真っ最中って感じでしたが・・・

なんともまぁ、秋が深まり紅葉が楽しめそうな陽気になって参りました。

11月のこの九州場所が来ますと、今年も押し詰まって参りましたね

ん~~、1年が短過ぎるというか早いです(^^ゞ

さて、九州場所は、新横綱が登場です。

東西両横綱がモンゴル勢ってのはなんですが、この新横綱。

随分物言いが多いようです(^^ゞ

苦言、愛のムチ、かわいがり・・・

横綱だけに誰も文句は言えません(^^;)

ま、気合い入れてもらうには有り難いことです

おおいに楽しい場所になること祈ってます!

日馬富士、土俵上がらぬ4大関に苦言

スポーツ報知 10月26日(金)
 大相撲の新横綱・日馬富士(28)=伊勢ケ浜=が25日、岡山・倉敷市巡業の朝稽古で申し合いを行わなかった4大関に対して苦言を呈した。土俵周りに姿は見せたものの上がったのは琴奨菊(28)=佐渡ケ嶽=が、ぶつかり稽古を行ったときのみ。そんな状況に日馬富士は「稽古を休むのは仕事を休むのと一緒」と話した。

 琴欧洲(29)=佐渡ケ嶽=と稀勢の里(26)=鳴戸=は土俵のない所で行う「山稽古」を行ったが、新横綱は「土俵がある」と観客が見られる土俵を第一に考えるよう指摘。巡業部の大山部長代行(元幕内・大飛)も「まず土俵が一番です」と同調した。

 一方、左膝を負傷して秋場所を途中休場した琴奨菊は取組に参加。「怖さはあるけど良くなってきている」と明かしていた。

白鵬&日馬が有望株へ愛のムチ 稽古相手買って出た

スポニチアネックス 10月24日(水)
wpid-20121024-00000048-spnannex-000-0-thumb-2012-10-27-08-591.jpg

 大相撲の秋巡業が23日、香川・小豆島で行われ、白鵬(27=宮城野部屋)と日馬富士(28=伊勢ケ浜部屋)の両横綱は平幕有望株に稽古をつけ、一層の精進を促した。

 日馬富士は「立ち合いがいい」と評価する豊響を指名。がっちり受け止めて右喉輪、右下手投げで逆襲。「もっと来い」とゲキを飛ばしながら9勝1敗と圧倒した。白鵬は高安に6戦全勝。最初の一番の右かち上げで鼻血を出させた相手にも“愛のムチ”を入れ続け、最後はぶつかり稽古で鍛えた。

 看板力士の両横綱は上位陣を脅かす新勢力が台頭して土俵が充実することを願う。日馬富士は「自分も一生懸命に稽古した。力は神様からの借り物で使わないのはもったいない」、白鵬は「横綱、大関という地位は力士にとっての夢ですから。若い力士も頑張ってます」と奮起を期待していた。

“高見盛杯”地元・青森で開催プラン「相撲の普及に」

スポニチアネックス 10月25日(木)
 大相撲の十両・高見盛(36=東関)が24日、秋巡業が行われた香川県小豆島で自らのしこ名を冠した子ども相撲大会開催のプランを明かした。

 出身地の青森県は初代・若乃花ら6人の横綱を輩出した相撲どころだが、競技熱は下火になっている。現状を危惧した高見盛は「青森で“高見盛杯”ができればいいな。何か目標ができれば相撲の普及につながると思う」と熱く語った。横綱・白鵬が企画し、10年から大阪府堺市で実施された少年相撲大会には国境を越えモンゴルからも多数が参加。幕内・豊ノ島も昨年から地元の高知県で少年相撲の大会を実施している。同様の活動が全国規模で広まれば相撲人気復活につながるはずだ。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

日馬富士、初土俵入り!3000人の前で不知火型披露 相撲懸賞クイズ

遅くなってしまいましたが・・・

横綱の誕生はやはり一味違いますね

段違いに華があります

古式豊かなこの雰囲気・・・素晴らしいですね

そして、輪廻は巡る糸車・・・絶頂を究める人もいる一方、かつて三役常連だった栃乃洋の引退

常とは言え春夏秋冬を見るような・・・秋の色が濃くなったせいかチョット感傷的です(^^;)

でも、ま、

来場所がまた楽しくなりますね(^^ゞ

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

日馬富士、初土俵入り!3000人の前で不知火型披露

スポーツ報知 9月29日(土)
wpid-20120928-00000268-sph-000-3-thumb-2012-10-2-11-111.jpg
明治神宮で奉納土俵入りをする日馬富士

 大相撲の第70代横綱・日馬富士(28)=伊勢ケ浜=の横綱推挙式と奉納土俵入りが28日、東京・明治神宮で行われた。推挙式では、北の湖理事長から推挙状と真新しい綱が渡された。土俵入りでは約3000人の観衆が見守る中、太刀持ち・安美錦、露払い・宝富士と同部屋の両力士を従え不知火型を初披露した。新横綱は新たに10月8日に神奈川県内で土俵入りを行うことが決まるなど、早くも土俵入りの予定がびっしりだ。

 「よいしょー!」のかけ声が飛ぶ中、日馬富士は力強くしこを踏んだ。少しよろめいたり、見せ場のせり上がりでしぐさが早くなるなど、ぎこちない部分もあったが、ミスを連発した27日の稽古とは比べものにならないほどの上達ぶり。緊張の1分53秒を終えた新横綱は「昨日は家に帰ってから、師匠の映像を見ながら稽古しました。気持ちよかったです」と安どの表情を見せた。

 あいにくの空模様のためか、平成以降に昇進した8人の中では旭富士、朝青龍に並び最少タイの約3000人の観衆だったが、土俵入り初披露に「日本一!」などの歓声が飛んだ。日馬富士は「一つ一つの動きに集中して心を込めてやりました」と振り返った。

 そんな新横綱には、早くも土俵入りの予定が立て込んでいる。計画が浮上していた神奈川・秦野市の出雲大社相模分祠での土俵入りが10月8日に決定。「日馬富士」の名付け親で宮司の草山清和さんは2年ほど前に同分祠の石畳の幅を土俵と同じ大きさにしたり、仕切り線を作るなど「日馬富士仕様」にして備えていた。今回、その夢が現実となった形だ。秋巡業も合わせれば、九州場所初日(11月11日)までに20か所近くで土俵入りすることになりそうだ。

 北の湖理事長は「キビキビしていて良かった」。横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長(85)も「これが日本文化というものを印象づけた」と高評価を下した。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「(露払い、太刀持ちを含め)3人とも自分の弟子。心配したが、感激した」と感慨に浸った。日馬富士は「きれいな土俵入りを見せたい。横綱の責任を果たせるようにしたい」と誓った。一層の自覚を持って、相撲道に精進していく。

 ◆不知火型 第11代横綱・不知火光右衛門の型を踏襲したといわれる。現在の型は第22代横綱・太刀山の型が基となっている。せり上がりのときに両手を左右に開くのが特徴で、攻撃的とされる。また横綱の背に回った結び目が雲竜型のひとつに対しふたつとなっている。雲竜型の横綱に比べ短命といわれてきたが、不知火型の白鵬がこれまで優勝22回と「短命説」の様相が変わりつつある。

横綱日馬富士が奉納土俵入り 「気持ち良かった」

産経新聞 9月28日(金)
wpid-20120928-00000593-san-000-1-view-2012-10-2-11-111.jpg
奉納土俵入りする日馬富士。太刀持ちは安美錦=28日午後、明治神宮(川口良介撮影)(写真:産経新聞)
 大相撲の第70代横綱日馬富士(28)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の奉納土俵入りが28日、東京・明治神宮で行われた。

 日馬富士は太刀持ちに安美錦、露払いに宝富士と同部屋の2人を従え不知火型の土俵入りを披露し、集まった約3千人(明治神宮発表)から「日本一!」などと喝采を浴びた。

 しこはぎこちなく、両手を広げてのせり上がりもやや早かったが、所作に間違いはなし。日馬富士は「気持ち良かった」と安堵(あんど)の表情を見せ、同じ不知火型だった師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)も「90点」と合格点を与える出来栄えだった。

 5年前の白鵬より20秒以上長い1分53秒かけた初仕事。新横綱は前日、帰宅してからも親方の現役時代のビデオを見て練習を重ねたそうで、「一つ一つの動きに心を込めた。美しい土俵入りを見せられるようにやっていきたい」と述べた。

 土俵入りに先立って行われた横綱推挙式では、北の湖理事長(元横綱)から推挙状と、27日の綱打ちで打ち上がったばかりの純白の横綱が手渡された。

元関脇栃乃洋が断髪式=大相撲

時事通信 9月29日(土)
 大相撲の元関脇で、今年1月の初場所で現役を引退して年寄竹縄を襲名した栃乃洋(38)=本名後藤泰一、石川県出身、春日野部屋=の引退披露大相撲が29日、東京・両国国技館で行われ、森喜朗元首相ら約350人がまげにはさみを入れた。

 左四つからの投げを武器に史上2位タイとなる12個の金星を獲得。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)に大いちょうを切り落とされ、「いろいろな思い出がよぎり、所々で涙が出た」としみじみ振り返った。
 春日野部屋付きの親方として後進の指導に励んでいる。「勝っても、負けてもお客さんに喜んでもらえるお相撲さんを育てたい」と目標を掲げた。 

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!