大関目指す稀勢の里、黙々と猛稽古 ーーー 相撲クイズカタログ配送始まります!

こんにちは
九州場所への機運が高まって参りました!

注目は、福岡の守護神が鉄人大関魁皇から新大関琴奬菊へ移ったことでしょうか?

そして、記事にもあります我郷土永すぎた大関候補稀勢の里の大関獲りがガゼン注目ですね

日本勢の若獅子が吠える熱い場所を期待ですね

もちろん大相撲懸賞クイズ!無料カタログ配布が始まります
お友達・ご近所・同僚といかがでしょうか?

下記をクリックでご応募出来ますよ
お待ちしてます(^^;)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 

大関目指す稀勢の里、黙々と猛稽古

デイリースポーツ 11月3日(木)
wpid-20111103-00000012-dal-000-2-thumb-2011-11-4-07-071.jpg
拡大写真
 稽古に励む稀勢の里
 「大相撲九州場所」(13日初日、福岡国際センター)

 大関とりに挑む関脇稀勢の里(25)=鳴戸=が2日、猛稽古を敢行した。この日発売の週刊新潮で、鳴戸親方(元横綱隆の里)が角材で弟子を殴打した際、稀勢の里らが暴行を補助したと報じられた。福岡市東区の鳴戸部屋では相撲記者クラブの記者以外の稽古場入室をシャットアウトし、外では部屋関係者が目を光らせるなど、異例の厳戒態勢が敷かれた。

 ピリピリムードが漂う中で、稀勢の里は黙々と稽古した。幕内高安と若の里、十両隆の山との30番で25勝5敗。同部屋の関取衆を力強い押し相撲で圧倒し、「やっぱり押しが最大の武器なんでね。攻める意識が守りにもつながる」と満足げな笑みを浮かべた。

 得意の左おっつけだけではなく、右からおっつける取り口も目立った。「一つより二つ武器を持った方がいいですからね」と、“新技”習得にも余念がない。さらに申し合い後に約100キロの若手力士を肩車してスクワットするなど、大関とりに向けて精力的に汗を流した。

 週刊誌報道についてはコメントせず、充実の表情で稽古場を後にした。鳴戸親方は「それ(暴行報道の件)はもう、協会に話してあるから」とだけ述べた。

白鵬連覇へ暗雲、土俵の状態悪く朝稽古中止
スポーツ報知 11月3日(木)
 大相撲九州場所(13日初日・福岡国際センター)で2場所連続優勝を目指す横綱・白鵬(26)=宮城野=がスタートから思わぬ災難に見舞われた。白鵬ら宮城野部屋の力士は2日、福岡県篠栗町の宿舎で土俵内での稽古を開始する予定だったが、土の状態が思わしくなく朝稽古を急きょ切り上げた。横綱らは稽古不足を補うため午後4時から約2時間、俵の外ですり足やしこなどを行った。

 部屋関係者は「土俵の中央付近が、しこを踏んだだけで指が入ってしまうほど軟らかかった。危ないので中止にしました」。稽古場には屋根がかかっているが、予想外の雨で土俵がぬれてしまったことが原因だという。

 3日は熊本県玉名市の蓮華院(れんげいん)誕生寺を訪問するため、稽古は休み。部屋関係者は「あさって(4日)からは使える状態になると思う」と話していた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!