波乱と存在を問われた平成23年大相撲 千秋楽です 〜相撲懸賞クイズ

波乱と存在を問われた大相撲。

平成23年の大相撲が幕を閉じました。

311はきしくも平成の大横綱白鵬の誕生日。

そして大相撲は本来東北の元気を喚起するものなのに不祥事で場所そのものが中止。

次の5月が技量審査場所。

大量の身分剥奪と降格。

名古屋では1046勝大記録を持つ大関魁皇関の引退

あんまり良いこと無い前半から中盤。

九月にようやく久々の日本人大関の誕生。

努力の人琴奬菊の昇進である。やっといい話し。

そして迎える九州。

大関の存在感。

今場所のキーワードでしょう。

稀勢の里の脚光。

5年もの間大関候補と云われ続け、貴乃花より上かと云われ、壁にぶつかる。

鳴門親方からは「気迫と迫力、前に出る相撲を」と最近その姿勢が板について今年に入り横綱を三回破り、もう一息というところで鳴門親方を亡くし、二桁を守って迎えた千秋楽。

稀勢の里、大関昇進確実に


2011.11.27 13:59

大相撲
wpid-mrt11112714020000-n1-2011-11-27-23-002.jpg
  稀勢の里

 大相撲九州場所(福岡国際センター)で10勝を挙げた東関脇稀勢の里(25)=本名萩原寛(はぎわら・ゆたか)、茨城県出身、鳴戸部屋=の場所後の大関昇進が27日、確実となった。日本相撲協会が30日に開く初場所の番付編成会議と理事会を経て正式に決まる。
 大関誕生は秋場所後に昇進した琴奨菊に続き2場所連続で、平成に入って20人目。三役通過に22場所を要したのは大麒麟と並び史上4位タイ、新入幕から所要42場所は5位のスロー出世。初場所は22年夏場所以来の5大関となる。
 場所直前に師匠の先代鳴戸親方(元横綱隆の里)が急逝する異例の状況だったが、14日目に栃乃若を押し出して破り、直近3場所の勝ち星を32勝とした。昇進の目安は33勝とされるが、昇進問題を預かる審判部では5場所連続の関脇で、そのうち4場所で二桁勝ち星を挙げるなど安定感を評価する声があった。審判部は千秋楽の取組を待たず、この日、満場一致で理事会の招集を要請した。貴乃花審判部長(元横綱)は「けれん味のない相撲で内容が良い。場所前で師匠が亡くなる不遇にもかかわらず活躍した。精神的な部分もさることながら実力がある」と述べた。
 稀勢の里は中学卒業後に角界入りし、平成14年春場所で初土俵を踏んだ。16年九州場所、貴花田(のちの横綱貴乃花)の17歳8カ月に次ぐ18歳3カ月の史上2位の若さで新入幕を果たし早くから期待を集めた。殊勲賞5回、敢闘賞3回。

目出度いけれど目出度がってもいられない!

千秋楽の13時ごろに発表です・・・
相撲協会はトチ狂ってる。昇進がではないです。

仮にも興業やってて、横綱が金曜で優勝決めちゃったら目玉は稀勢の里。それをはじまる前に云っちゃうって・・・
ま、目出度いんですが、協会はもっと目出度いなと(^^;)

って言いますか穿った見方すれば、稀勢の里の負けが決まっていたのかとも思えるんですよ。

不祥事の後に復活を掲げるのであれば相撲ファンをないがしろにするこの手の動きは止して欲しいなと・・・

ともあれ、千秋楽。

大関の存在感と云う意味では、千秋楽の横綱白鵬・大関把瑠都の取り組み。
いいですね~~
これぞ大相撲の醍醐味って感が強かったですね

で!
相撲クイズ!

wpid-2011-11-2719.27.59-2011-11-27-23-002.png

いつも通りの波乱万丈でしたね
もう一歩が欲しかったです

アサマヤマ関(長野県佐久市)  163位

ハルカリオ関(千葉県千葉市)  509位

カンカル関 (茨城県つくば市) 710位

トラキチ関 (石川県小松市)  LJカード10枚

ムムム・・・
この前もラッキー7賞ですがまたです!
狙って取れるもんではなかろうに・・・すごいです

ともあれ当選者の皆さん
おめでとうございます!!

新年の来場所は、鶴竜でしょうか!
そして隠岐の海や栃乃若などの台頭など楽しみがいっぱいです

また大いに楽しみましょう!!

あ、余談ですが、茨城県民としては、稀勢の里の昇進は素直に嬉しいんです

で、稀勢の里についてボクも知ってる龍ケ崎市長の中山一生さんのblogです(転載させて頂きます)

 

昨日大相撲の九州場所14日目、ご当地力士の稀勢の里関が10勝目を挙げ、千秋楽の一番に大関昇進の王手をかけました。大関への夢が膨らんだ九州場所でしたがここまで4敗と、龍ケ崎市民を冷や冷やさせる相撲内容でした。そして今日の千秋楽は、先場所大関昇進を果たした琴奨菊との大一番になります。

 

稀勢の里は、龍ケ崎市の松葉小学校、長山中学校出身で、鳴門部屋入門直前まで龍ケ崎に在住していました。現在は実家が牛久に移り、中継でも会場のアナウンスで「牛久市出身」と紹介されているのを聞いて、寂しい思いをされている龍ケ崎市民も多いのではないでしょうか。私は常々「龍ケ崎育ち」と言わせていただいています。

 

今場所前には、30周年を迎えた母校松葉小学校を訪問してくださり、子どもたちと交流したばかりです。小学校時代は、(社)竜ケ崎青年会議所が主催する「わんぱく相撲」龍ケ崎場所の常連で、圧倒的な強さで本名萩原の名を轟かせ、県でも勝ち上がり、国技館で行われる全国大会の「東京場所」にも出場した経験があります。

 

私も当時JC(竜ケ崎青年会議所)メンバーで、いまだに強烈な印象が残っています。つい先日JCのOB会があり、稀勢の里の大関昇進で話が盛り上がり、やはり当時のメンバーのひとりが「おれが胸を貸してやったんだ」と自慢げに話をしていました。中学時代は野球で「エースで4番」の活躍で、スポーツ万能ぶりを発揮していました。

 

入門する前の人生のほとんどを龍ケ崎で過ごした稀勢の里関ですので、同級生はもちろん知り合いも龍ケ崎に多く、龍ケ崎市民はどこにも負けない応援をしています。今日の大一番に打ち勝ち、大関昇進の報を龍ケ崎市民は心待ちにしています。「自分の相撲」を取ってくれることを、心から願っています。

wpid-c-2011-11-27-23-002.gif

更に、本日のblogでは・・・

さらに大相撲の話題ですが、

龍ケ崎に部屋がある式秀部屋の千昇関が幕下優勝

を果たしました。式秀部屋は親方が元大潮の式秀親方で、佐貫に部屋を置いて地元龍ケ崎とも密接に交流していました。千昇関は、モンゴル出身で以前から大きく期待されていましたが、念願の優勝を果たし、初入幕に期待がかかります。

牛久市出身って云ってますが、龍ケ崎なんですね

龍ケ崎はボクも6年ほど厄介になってまして第二の故郷とも云えるんですが、知らなかった~~~
チョット思いに加速感が増します(^^;)

大いに頑張って大横綱を目指して欲しいですね


 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

白鵬の優勝が決まっちゃいました・・・ 相撲懸賞クイズ

白鵬の優勝が決まっちゃいました・・・

チョット残念(^^;)

相撲懸賞クイズです

アサマヤマ関(長野県佐久市)  71位

ジワジワきてますね~

場所は決まっても、クイズはまだまだです
楽しみましょう!

wpid-2011-11-2519.22.47-2011-11-25-23-591.png

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

横綱キラー稀勢の里に土 相撲懸賞クイズ

熱戦ですね
横綱キラー稀勢の里も、横綱の強烈な立合いで防戦一方
大事な星をひとつ落とした

そして、まさしく綺羅星のような新星、ダークホースとも云えよう「栃乃若」
サクッと上位まで上がってきたが、これまで上がるたびに星を増やすと云うトンデモナイ傑物

大きな身体に割りと優しそうな風貌。
これが強い!
3大関を撃破、銀星大将である
すごいです

優勝も噂され、九州場所の閑古鳥の体育館を元気にいっぱいにさせた琴奬菊も足踏み
今年初の全勝優勝を目論む横綱白鵬

しかし、土俵の上はまだまだ分かりません
請うご期待ですな

さて、相撲クイズ

アサマヤマ関(長野県佐久市)  106位
カンカル関 (茨城県つくば市) 665位
ハルカリオ関(千葉県千葉市)  723位
ケイチャン関(福井県福井市)  下位220位

と言った様子です

10日目を越え毎日激しく動いてますね
まだまだ分かりませんよ!

大いに楽しみましょう(^

wpid-2011-11-2318.24.28-2011-11-24-11-041.png

稀勢、昇進ピンチ!白鵬の壁の前に痛い3敗目…九州場所11日目

スポーツ報知 

11月24日(木)8時2分配信

wpid-20111123-00000241-sph-000-0-thumb-2011-11-24-11-041.jpg

拡大写真
3敗目を喫した稀勢の里は、支度部屋で渋い表情

 ◆大相撲九州場所11日目 ○白鵬(寄り切り)稀勢の里●(23日・福岡国際センター) 東関脇・稀勢の里の大関昇進が危機に立った。昇進の行方を占う横綱・白鵬との大一番で、寄り切られ3敗目。大関取りには11勝が必要で、残り4日間で1敗しかできない状況に追い込まれた。新大関の琴奨菊が平幕の栃乃若に土をつけられ、2連敗。1敗がいなくなりただ一人、全勝の白鵬は、2場所連続21回目の優勝へ大きく前進した。

 大関昇進に向けた白鵬との大一番。稀勢の里は痛恨の3敗目を喫した。花道から帰ってきた顔には、鼻血が流れ勝負の激しさを物語っていた。「くっそぉ!ダメか…」と大きく息を吐き悔しさを表した。支度部屋では何度も首をかしげ一点を見つめ歯を食いしばった。「完全に封じ込まれた。守るのに必死だった」と力なく語った。

 負けられない勝負だった。立ち合いで一瞬遅れると、白鵬の右の強烈なかちあげを受けた。口と鼻から流血。体勢を立て直し突き放すが、左脇が空いたところを素早く差され横綱十分の右四つになると、最後は何もできずに寄り切られた。「気持ちで負けた。どっちかというと冷静すぎた」と顔を真っ赤にしながら口にした。昇進ノルマは11勝。この日までに8勝を挙げ、相手は横綱。連勝を63で止めた昨年九州から1年間5場所(春は中止)で3勝2敗と勝ち越していただけに敗戦のショックは大きかった。

 下を向いてばかりはいられない。先代の故・鳴戸親方(元横綱・隆の里)は場所前にこう言った。「満場の拍手を浴びて、何度も繰り返していくうちに力を付けてきた。一番怖いのは自分を信じ切れないこと。心の力は付いてきている」。この日も一番の歓声を浴び、最後まで館内を盛り上げた。全勝を守った白鵬も「残りあるから頑張ってほしい。今場所ダメでも来場所がある」と、この黒星を糧にするよう激励した。

 放駒理事長(元大関・魁傑)は「負けた相撲もいい相撲を取っている。あと4番必死になって取ってほしい」と評価した。残り4番で3勝が必要となるが「やることをやるだけ」と稀勢の里。師匠の言葉を胸に、自分の力を信じてやるだけだ。

栃乃若、日馬に続き琴奨菊撃破/九州場所
サンケイスポーツ 11月24日(木)7時51分配信

 大相撲九州場所11日目(23日、福岡国際センター、観衆=5212)
新鋭の栃乃若が、琴奨菊をはたき込んで、7日目の日馬富士に続いて2大関を撃破した。
「うれしいですね。前に出ようとした、その結果です」と満足げだった。入幕4場所目で初の上位挑戦。1メートル97のスケールの大きな体を生かして結果を残し、「ボクは挑戦者なので、土俵に上がっても緊張しない。体が動いている」と勝因を分析した。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

ドどど〜〜んと好スタートです 大相撲懸賞クイズ!

熱いですね~九州場所
でもあの観客席のガラガラはどうしたもんかね?
相撲の活発な東北で興行した方が良いのでは?と思いたくなるほどのガラガラ・・・

相撲そのものは内容も取り組みもかなり楽しいと思いますがね~

元気な凱旋食軍琴奬菊、鶴竜の安定感、土がついたものの元気な稀勢の里

10枚以降にも新たな元気な力士もいっぱいですしね

さて、場所もですが成績が出ました!

wpid-2011-11-1718.37.53-2011-11-18-10-301.png

ドどど~~んと好スタートです

いきなりですね~

アサマヤマ関(長野県佐久市) 35位
ケイチャン関(福井県福井市) 下位32位

出し抜け高角度な攻め込みにキリキリ舞いです(^^;)

この調子で頑張って下さいです
そしてアレレの方々も安心して下さい
まだまだ分かりません
平気で1,000や2,000は昇っていきます

サ~~これからです!

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

新大関・琴奨菊5連勝!口上の「万理一空」は酒になった!…九州場所5日目

スポーツ報知 11月18日(金)8時2分配信
wpid-20111117-00000288-sph-000-1-thumb-2011-11-18-10-301.jpg
拡大写真
5連勝をアピールしご機嫌で引き揚げた琴奨菊
 ◆大相撲九州場所5日目 ○琴奨菊(寄り切り)隠岐の海●(17日・福岡国際センター) 新大関の琴奨菊が東前頭筆頭・隠岐の海を寄り切り、無傷の5連勝を決めた。出身地の福岡県柳川市の酒造会社では、大関昇進の口上で使った「万理一空」を名付けた清酒と芋焼酎を販売。ふるさとの期待を背に新大関が連勝街道を突き進む。
大関取りの東関脇・稀勢の里は西前頭筆頭の豪栄道の外掛けに屈し、痛い1敗。5日目を終え全勝は横綱・白鵬、琴奨菊、西関脇・鶴竜の3人となった。

 落ち着いていた。琴奨菊は立ち合い直後に得意の左四つになり、好機をじっくりうかがった。左下手と右上手をつかむと、一気の寄りで隠岐の海を土俵下へ転がした。今場所最長の40秒9。「冷静だったというか。良かった」と笑顔。大関取りに失敗した名古屋場所では土俵際で逆転負けを食って痛い黒星を喫した相手。それだけに意識したようで「よう我慢した」と自画自賛だった。

 不振の大関陣を尻目に無傷の5連勝。快進撃に地元の福岡・柳川市は熱を帯びる一方だ。同市の酒造会社「目野酒造」が、このほど「琴奨菊酒」の販売を始めた。名称は大関昇進伝達式で述べた口上の「万理一空」。清酒と芋焼酎の2種類があり、ラベルには「祝大関琴奨菊」と「万理一空」の文字が書かれている。

 同社の目野信太郎常務取締役は「昇進の祝いと今後の活躍を願って作りました」と話した。清酒、芋焼酎はそれぞれ1・8リットルなど2種類の分量を販売。今回は各1000本で計4000本の限定だが、同常務は「おかげさまで問い合わせも多く頂いております。今後も販売を続けたい」とレギュラー商品化を目指す考えを示した。琴奨菊は「本当にありがたい」と地元の盛り上がりに感謝しきりだった。

 安定感抜群の取り口に放駒理事長(元大関・魁傑)は「自分の形を持っている。気を緩めることなく優勝争いに首を突っ込んでいってほしい」と期待を寄せた。中学時代のライバル・豊ノ島が日馬富士に勝ち、自身をのぞく3大関を撃破中。いずれ取組があるが、新大関は「楽しみ~」と話す余裕さえ見せた。地元のフィーバーぶりを追い風に、このまま初優勝まで突っ走る。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

稀勢の里 初日から3連勝も「満足していてはダメ」

さ~、はじまりましたね九州場所
初日は三役、昨日もラジオで上位を聞けました!

なにやら関脇、小結と言いますか上位が強くて良いですね

凱旋将軍の琴奬菊の強さ、大関を目指す稀勢の里、そして実力十分の鶴竜。
この三者の安定した強さ!

これに続く若手では、番付うなぎ登りでも勝ち星を増やしている栃乃若に隠岐の海。
強いですね~

なにやら、イロイロあったけど黄金力士が揃ってきているのでは?
そんな気がしてくるようです
大関もウカウカしていられませんね

この面白さ堪りませんね(^^ゞ

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 

稀勢の里 初日から3連勝も「満足していてはダメ」

スポニチアネックス 11月16日(水)7時1分配信
wpid-20111116-00000028-spnannex-000-0-thumb-2011-11-16-07-281.jpg
拡大写真
突き出しで稀勢の里(左)が豊ノ島を破る
 ◇大相撲九州場所3日目(2011年11月15日 福岡国際センター)

 大関獲りの稀勢の里は小結・豊ノ島を圧倒し3連勝とした。相手のいなしで一瞬バランスを崩したが、この日も冷静に対処。「よく相手が見えました。気持ちを抑えながら出られた」と体勢を整え、力強く突き出した。

 7日に急死した先代鳴戸親方(元横綱・隆の里)の告別式などで場所直前に福岡と千葉を往復したが「悪くない。体はいい。あとは気持ち次第」と話し「求めているものはもっとある。満足していてはダメ」と、貪欲だった。

日本シリーズからも刺激 琴奨菊が大関陣唯一3連勝
スポニチアネックス 11月16日(水)7時1分配信
wpid-20111116-00000026-spnannex-000-0-thumb-2011-11-16-07-281.jpg
拡大写真
琴奨菊(奥)が突き落としで豊真将を破る
 ◇大相撲九州場所3日目(2011年11月15日 福岡国際センター)

 新大関・琴奨菊は豊真将に押し込まれながら、右からの突き落としで逆転勝ち。日馬富士、把瑠都が相次いで崩れる中で大関陣唯一の3連勝とした。大関獲りを狙う稀勢の里は冷静に豊ノ島を突き出し、白鵬も上手投げで豪栄道を下し、ともに全勝をキープした。他に鶴竜、栃乃若、豪風が全勝で並んでいる。

 重圧に耐えた。西の控えで出番を待つ琴奨菊の目の前で日馬富士、把瑠都と先輩大関が次々に敗れていく。波乱の展開に館内がざわつく中、過去10勝3敗と圧倒していた豊真将に立ち合いで組み止められ、押し込まれたものの、タイミングを見極め右から突き落として大関陣で唯一全勝を守った。

 支度部屋では「たまたまです。しっかり当たれていない。相撲は攻めないとダメです」と反省しきりだったが、花道で見守った父・菊次一典さん(56)の見方は違っていた。「自分と一緒で気負えばすぐ顔に出る。穏やかな顔つきを見て心配はしなかった」と押し込まれてからの冷静な対処に成長の跡を感じ取っていた。

 “ご当地”大関の活躍を地元もバックアップする。会場の福岡国際センターから徒歩5分のうなぎ料理「柳川屋」は初日から“昇進祝い”で1割引き、琴奨菊が勝った翌日は2割引きのセールを実施中。また出身地の福岡県柳川市の「福岡のり」は今場所15日間通して懸賞を出す。黒色のノリは黒星を連想させるものの、本人は「縁起とか関係ないですよ」とサラリ。関係者から「苦労(黒)に苦労(黒)を重ねて栄光をつかめ」と発想転換のヒントをもらい、前向きにとらえている。

 プロ野球では大ファンのソフトバンクが日本シリーズで激闘中。「紙一重の戦いを続けている。同じスポーツで勉強になる部分はある」。他競技からも貪欲に学ぼうとする向上心旺盛な新大関が、緊張の序盤を無難に乗り切り、勢いに乗り始めた。

隠岐の海 把瑠都破って初日も「マグレです…」

スポニチアネックス 11月16日(水)7時1分配信
 ◇大相撲九州場所3日目(2011年11月15日 福岡国際センター)

 ここ数場所上位で安定した成績を残している平幕の隠岐の海が大関・把瑠都を撃破し、3日目で初日を出した。

 立ち合いから把瑠都が怪力を生かして2度も強引な首投げを打ってきたが、ひるまず攻めたのが勝因となった。大関の揺さぶりを必死にこらえると、最後は右前まわしをつかんで寄り切り。「まわしを取られたら無理なんで、とにかく取られないようにした」と作戦通りの攻めを強調するが「外国勢は力が強い。あそこまで振られて残せたのはマグレです…」と恐縮していた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

大関目指す稀勢の里、黙々と猛稽古 ーーー 相撲クイズカタログ配送始まります!

こんにちは
九州場所への機運が高まって参りました!

注目は、福岡の守護神が鉄人大関魁皇から新大関琴奬菊へ移ったことでしょうか?

そして、記事にもあります我郷土永すぎた大関候補稀勢の里の大関獲りがガゼン注目ですね

日本勢の若獅子が吠える熱い場所を期待ですね

もちろん大相撲懸賞クイズ!無料カタログ配布が始まります
お友達・ご近所・同僚といかがでしょうか?

下記をクリックでご応募出来ますよ
お待ちしてます(^^;)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 

大関目指す稀勢の里、黙々と猛稽古

デイリースポーツ 11月3日(木)
wpid-20111103-00000012-dal-000-2-thumb-2011-11-4-07-071.jpg
拡大写真
 稽古に励む稀勢の里
 「大相撲九州場所」(13日初日、福岡国際センター)

 大関とりに挑む関脇稀勢の里(25)=鳴戸=が2日、猛稽古を敢行した。この日発売の週刊新潮で、鳴戸親方(元横綱隆の里)が角材で弟子を殴打した際、稀勢の里らが暴行を補助したと報じられた。福岡市東区の鳴戸部屋では相撲記者クラブの記者以外の稽古場入室をシャットアウトし、外では部屋関係者が目を光らせるなど、異例の厳戒態勢が敷かれた。

 ピリピリムードが漂う中で、稀勢の里は黙々と稽古した。幕内高安と若の里、十両隆の山との30番で25勝5敗。同部屋の関取衆を力強い押し相撲で圧倒し、「やっぱり押しが最大の武器なんでね。攻める意識が守りにもつながる」と満足げな笑みを浮かべた。

 得意の左おっつけだけではなく、右からおっつける取り口も目立った。「一つより二つ武器を持った方がいいですからね」と、“新技”習得にも余念がない。さらに申し合い後に約100キロの若手力士を肩車してスクワットするなど、大関とりに向けて精力的に汗を流した。

 週刊誌報道についてはコメントせず、充実の表情で稽古場を後にした。鳴戸親方は「それ(暴行報道の件)はもう、協会に話してあるから」とだけ述べた。

白鵬連覇へ暗雲、土俵の状態悪く朝稽古中止
スポーツ報知 11月3日(木)
 大相撲九州場所(13日初日・福岡国際センター)で2場所連続優勝を目指す横綱・白鵬(26)=宮城野=がスタートから思わぬ災難に見舞われた。白鵬ら宮城野部屋の力士は2日、福岡県篠栗町の宿舎で土俵内での稽古を開始する予定だったが、土の状態が思わしくなく朝稽古を急きょ切り上げた。横綱らは稽古不足を補うため午後4時から約2時間、俵の外ですり足やしこなどを行った。

 部屋関係者は「土俵の中央付近が、しこを踏んだだけで指が入ってしまうほど軟らかかった。危ないので中止にしました」。稽古場には屋根がかかっているが、予想外の雨で土俵がぬれてしまったことが原因だという。

 3日は熊本県玉名市の蓮華院(れんげいん)誕生寺を訪問するため、稽古は休み。部屋関係者は「あさって(4日)からは使える状態になると思う」と話していた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!