<大相撲>7月の名古屋から本場所再開を決定! 大相撲懸賞クイズももちろん!

決定です!決定
こうでなくっちゃ

暑い夏、名古屋場所が来ますね!

大相撲クイズも元気に通常開催です

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

<大相撲>7月の名古屋から本場所再開を決定

毎日新聞 5月26日(木)18時38分配信
wpid-20110526-00000064-mai-000-3-thumb-2011-05-30-22-101.jpg
拡大写真
会見する(左から)伊藤滋特別調査委員会座長、放駒理事長=東京・両国国技館で2011年5月26日、梅田麻衣子撮影

 日本相撲協会の放駒理事長(元大関・魁傑)は26日、東京・両国国技館で会見を開き、八百長問題を受けて2場所続けて中止していた本場所を7月の名古屋場所(愛知県体育館)から再開する方針を示した。再開には問題の調査、関係者の処分、再発防止策の整備が条件となっていたが、同日の理事会で調査の最終報告がなされ、「一応、条件はクリアしたと思う。やることはやった」と述べた。近く、監督官庁の文部科学省を訪れ、了承を得る。

 八百長問題を受け、協会は3月の春場所を中止。5月の夏場所も中止し、代わりに番付編成のための技量審査場所(両国国技館)を無料公開した。本場所としての通常開催は、1月の初場所以来となる。

 理事会には、25人の八百長関与を認定した特別調査委員会(座長=伊藤滋・早稲田大特命教授)がまとめた最終報告書が提出された。調査結果を確認した上で、技量審査場所で実施した再発防止策に補強が必要かなどを協議した。

 26日をもって調査委は解散した。協会が本場所再開の条件としていた(1)実態解明(2)関係者の処分(3)再発防止策の整備--の3項目がそろったため、本場所再開に障害がなくなった。25日には、放駒理事長と村山弘義副理事長が文科省に経過報告していた。

 名古屋場所は今月19日が前売り券の発売予定日だったが、調査の長期化によって延期されていた。

<大相撲>7月の名古屋から本場所再開を決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110526-00000064-mai-spo

激動の技量審査場所 千秋楽! 大相撲懸賞クイズ

中継が無いのは極めて不便だと大いに認識したこの場所でした

でも、ネット上では有志の方々のUPによって名場面が堪能出来たことは発見であり、ネットの有り難さひとしおでありますね

さて、千秋楽。

観てはいないものの、ニュースで驚き!

盤石を誇り、大関日馬富士に不覚をとったものの、ま、全方位隙無しの構えに見えた横綱白鵬。

そして数年間「引退」を囁かれるも大記録を樹立し先人の大記録を覆す鉄人大関魁皇。

この取り組みは、下馬評は衆目の一致横綱安泰だったでしょう。

ここに相撲の妙と言いますか勝負の面白いところです。

YouTube – 白鵬-五月技量審査場所千秋楽魁皇戦

素晴らしい魁皇の動き!

満身創痍で、場所前にもこのゴタゴタで大いに体重が落ちて相撲生命にも危険信号かとも危ぶまれたのに・・・

執念なんでしょうか?

あまりの見事な取り組みに心底感動でした。

魁皇ありがとう

そして大相撲万歳!

と言った感に包まれました

そして、大相撲懸賞クイズ

昨日の天候のように激しい温度差です

序盤戦の出足で震えるような好スタートをきられた方がおりましたが、このクイズはそうは問屋が卸さないってことを再び思い知らされました。

そして、今回の好成績の方は中盤、後半よりグンと上がって逃げ切る形で千秋楽を飾られたようです

ンンンンン関(岡崎市) 203位

ヲヲヲヲヲ関(岡崎市) 432位

とW受賞

そして序盤6位からスタートで終盤チョット息切れのご様子。

カンカル関(つくば市) 599位

後半より元気に、

マルチャン関(福井市) 912位

ケイチャン関(福井市) 下位167位

こちらもW受賞

そして、何が効を奏したのかが不明なんですが(^^ゞ

トラキチ関(小松市) LJカード10枚!

何があったんでしょうか?

なんか凄いです(^^ゞ

と言うことで技量審査場所

千秋楽にまたドラマがありました

来場所は、大関魁皇関の大記録樹立。

そして、久々の明るい日本人力士琴奬菊関の大関取がかかる事になります

これは見逃せませんね!

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

魁皇「情報ないからキツイ」最多勝利M1も来場所複雑…技量審査場所千秋楽

スポーツ報知 5月23日(月)8時3分配信
 ◆大相撲技量審査場所千秋楽 ○魁皇(寄り切り)白鵬●(22日・両国国技館) 白鵬を破った魁皇に笑顔はなかった。全身の力を振り絞った右上手をつかんだ寄り切りで通算勝ち星が1044勝に到達。ついに歴代1位の千代の富士がもつ1045勝に残り1勝としたのに西の支度部屋では複雑な胸中ばかり漏らした。

 昨年初場所以来の白鵬からの白星には「変な言い方だけど思い残すことのない場所にしないと」と明かした。38歳。まさか「現役最後の一番」との思いを秘めた相撲だったのかとの臆測も呼びかねないが真意は違った。

 「来場所がどうなるのかわからない。まったく情報がないから、ギリギリまで知らされないのはキツイ」。今場所は無料公開の技量審査場所。初日を迎えるまでには複雑な思いもあっただろう。それでも「見に来てくれた人のことを頭に置いて土俵に上がった」と魁皇。4月下旬には被災地の岩手県大槌町へ行った。師匠の友綱親方(元関脇・魁輝)は「被災者の方々に出会ったことも気持ちを前向きにした一つだと思う」と思いやった。

 両腕、両足、腰…と慢性的に負傷を抱え、さらには精神的にも大きな負担を背負った15日間。横綱を破る千秋楽で懸命の戦いを終えたがいまだに名古屋の行方はわからない。協会は26日の理事会で開催の有無を議論する方針だが最終的には監督官庁の文科省の意向に左右される。

 力士は本場所を目標に日々、精進している。2場所続けて本場所の開催が流動的というのは目標を失うことで切実。「キツイ」は力士を代表する悲鳴だった。「何とか気持ちだけは切らさないようにしないと」。前人未到の記録に挑む名古屋。開催を信じて魁皇は、稽古場に立つ。

<大相撲>琴奨菊、名古屋場所は大関取りへ

毎日新聞 5月22日(日)20時15分配信
wpid-20110522-00000040-mai-000-2-thumb-2011-05-23-10-031.jpg
把瑠都(左)を寄り切りで破る琴奨菊=両国国技館で2011年5月22日、梅田麻衣子撮影
 日本相撲協会の貴乃花審判部長(元横綱)は22日、技量審査場所で10勝を挙げ、初場所の11勝に続き関脇で2けた勝利を収めた琴奨菊の大関昇進について、「来場所の成績が注目される」と述べ、7月に予定される名古屋場所が大関取りの場所になることを示唆した。

 大関昇進の目安は、直近3場所を三役で計33勝以上とされている。同部長は「皆さん、何番(勝てば)とか言うけど、相撲内容も見ている」とした上で、「今場所のような相撲を取ってくれることを期待したい」と語った。【鈴木英世】

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

12日目 白鵬全勝独走態勢! 大相撲懸賞クイズ

いよいよですね~

大詰めになって参りました

白鵬が圧倒的な強さですね

でも、昨日の取り組みは終盤勝ちパターンに持ってきたものの阿覧の踏ん張りもナカナカだなと

で、相撲懸賞クイズです

グンと出て参りました

ンンンンン関(愛知県)です。

序盤には見せなかった元気のよさですね

そして、ツヨシ関(愛知県)は上位下位で元気です

カンカル関(つくば市)のもう一つ踏ん張りを期待したいところですね

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

白鵬、全勝Vモード!7連覇へ12連勝で2差…技量審査場所12日目

スポーツ報知 5月20日(金)8時3分配信

wpid-20110519-00000335-sph-000-1-thumb-2011-05-20-09-301.jpg
白鵬(左)は阿覧を上手投げで下し、全勝を守る

 ◆大相撲技量審査場所12日目 ○白鵬(上手投げ)阿覧●(19日・両国国技館) 横綱・白鵬が東前頭5枚目の阿覧を上手投げで破り無傷の12連勝を決めた。平幕の栃ノ心と魁聖がともに敗れ1敗が消滅。大関・把瑠都を含む3人が2敗で横綱を追う展開となった。過去、白鵬が12日目を終えた時点で、無敗で2差以上つけた場所は6回あるがすべて全勝で優勝を決めている。データ的には全勝V率100%に達した無敵の横綱。史上最多タイの7場所連続優勝へ死角はなくなった。

 伝家の宝刀を抜いた。白鵬が阿覧の左上手を引くと豪快に投げ捨てた。過去、幾多の修羅場をくぐり抜けてきた必殺の上手投げ。今場所、最も長い51秒2でつかんだ12勝目に「ああなれば自分の形だね」と自信たっぷりに振り返った。

 無傷の12連勝で、優勝どころか全勝Vの確率が100%になった。この日、栃ノ心、魁聖に土が付き、1敗力士が消えた。過去、12日目を終え、追走する力士に2差以上をつけた場所は6度あるが、すべて全勝で優勝しているのだ。18回の優勝のうち、全勝は8回で大鵬、双葉山と並んで歴代1位。データ通りにいけば昭和の大横綱を抜き、単独トップに躍り出る。最高の追い風も「自分の相撲を取るだけ」と浮かれることはなかった。

 八百長メール問題、春場所の中止、東日本大震災と激動の日々を送った横綱に力を与えている一冊の本がある。震災後から節電対策としてテレビを見ない代わりに読み始めた「神なるオオカミ」。モンゴルの遊牧民らとオオカミとの交流を描いた中国で200万部以上の大ベストセラーだ。相撲に通じるところもあるという。「(オオカミは)耐えて獲物をつかみ、草原を引っ張っている。やられたらきっちりやり返す」。耐え抜く心を小説から学んでいた。

 朝青龍に並ぶ史上最多の7連覇はもう目前。放駒理事長(元大関・魁傑)は「いつものような展開になってきた」と横綱の揺るぎない強さに拍手を送った。13日目の日馬富士戦から大関戦に入る。「残りを頑張るだけ」と対戦相手は関係ない。目の前にある白星を奪い取るだけだ。

10日目の状況! 大相撲懸賞クイズ

本日10日目ですね

そろそろ佳境へと突入であります、今場所、技能審査場所。

実は、やはり中継は見ること聞くことならず今ひとつ場所の具合が分かり辛いのがつらいですね。

ま、横綱白鵬が安定して強いことは報道で知ってますが(^^ゞ

凄い精神力ですね

さて、大相撲懸賞クイズです

そろそろ動きが豊かになってきます

序盤驚くべき6位でスタートしたカンカル関、チョット息切れです。

カンカル関(つくば市) 90位

そして、下位で奮闘、

ツヨシ関(愛知県) 下位 41位

    〃     下位365位

今場所、国技館観戦された、

ンンンンン関(愛知県) 515位

ヲヲヲヲヲ関  〃   627位

Wで浮上であります

さて本日より上位の星の潰し合いに入りますね

さ~このクイズの醍醐味はここからです(^^ゞ

乱高下でワクワクドキドキが繰り広げられることでしょう

お楽しみですね(#^^#)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

チョット、日馬富士のドラゴンスクリューをメモ(^^ゞ

標題の通りです(^^ゞ

あまりに華麗に決まったドラゴンスクリューの写真

にしか見えませんね

一体何があったのか詳しく知りたい限りです(^^ゞ

かつてプロレス好きとしては、藤波を彷彿させる、いや武藤か?

この華麗な流れは見逃すわけにはいきませんでした

イヤイヤ、相撲にもドラマがあるんですね

オモシロイ一枚でした!

白鵬4連勝、琴欧洲3連敗…技量審査場所4日目

wpid-20110511-874481-1-L-2011-05-15-16-231.jpg

日馬富士(左)をはたき込みで破った豪栄道(11日、両国国技館で)=杉本昌大撮影

 大相撲技量審査場所4日目(11日・両国国技館)――白鵬は厳しい押っつけで栃煌山に相撲を取らせず、初日から4連勝。
 魁皇は北太樹の引きに乗じて寄り切り、3連勝とした。把瑠都は安美錦を一直線に押し出したが、日馬富士は豪栄道にはたき込まれた。豪栄道は3大関撃破。琴欧洲はまわしが引けず、豊真将に寄り切られて3連敗。
(2011年5月11日18時15分  読売新聞)

白鵬4連勝、琴欧洲3連敗…技量審査場所4日目 : 大相撲 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

昨日の成績ですが・・・凄いんです! 大相撲懸賞クイズ

どうですか!

燦然と輝いておりますね~

カンカル関(つくば市)   8位

ツヨシ関 (愛知県) 下位19位

他人事ではございませんね

もう我が事のように武者震い

ドキドキワクワク動機息切れ目まいです(^^ゞ

そろそろ中日ですが高調です

嬉しい悲鳴でありますね

10日目越えてこの勢いですとホンモノです

ウッシシシ~(^^ゞ

楽しみ楽しみ

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

イヨイヨ成績発表が始まります! 大相撲懸賞クイズ

やはりですね

中継が無いのは痛い・・・

3日目には、ニコニコで見たんですが、パソコン前に張り付かなきゃなりません(^^ゞ

ナカナカ臨場感と云うか音声がよく良いのですが、こればっかりって訳にも行かないですしね(^^ゞ

やはりラジオが欲しいところです

さて、場所前には引退の文字もチラついた満身創痍の大関魁皇ですが、どうしてどうして元気です

一方の琴欧州が元気ありません。

銀星マシーンと化してます

金太郎稀勢の里、豊ノ里も場所前の元気は足踏み状態ですね

でもですね

相撲クイズは元気です!

どうですか!

この好成績!

出足絶好調!

秀眉なのが、

カンカル関(つくば市) 6位!

どうかこのまま上がって下さいとお祈りしたくなります

そして、

ツヨシ関(愛知県)下位106位を筆頭に下位351位、下位403位と下位での大健闘が光ります

と言ってもまだ序盤。

これから驚く展開が繰り広げられる事でしょう

さ、楽しみです

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

傷だらけの魁皇、最多勝へあと9の1036勝目

イヨイヨ始まりましたね

とは言え、中継が無いので・・・

相撲協会のは環境のせいか見られない(Mac!)

ニコニコ動画もやっているようですね

でも、見ていられない・・・

ムムムであります

せめてラジオはやって欲しいね~

困った公益法人どもです

とは言え、ま、力士の皆さんは大いに奮闘の模様です

マジック点灯の大関魁皇

九州の気合いを東北へ!

是非とも頑張って欲しいです!

大相撲懸賞クイズも無事始まりました

大いに楽しんで参りましょう!

傷だらけの魁皇、最多勝へあと9の1036勝目

デイリースポーツ 5月10日(火)9時31分配信
wpid-20110510-00000021-dal-000-0-thumb-2011-05-10-10-111.jpg
拡大写真
 初白星を挙げ支度部屋で汗を拭う魁皇=両国国技館(撮影・開出 牧)
 「大相撲技量審査場所2日目」(9日、両国国技館)
 大関魁皇が傷だらけの体で通算勝ち星記録1045勝まであと9勝とする今場所初白星を挙げた。豊ノ島を一気に寄り切り観衆を魅了した一方で、初場所後に今までなかった痛風を発症するなど体調は万全でない。負け越せば引退も懸念される状況で毎日が正念場となる。横綱白鵬は豪栄道を下手出し投げで退け2連勝。大関陣では琴欧洲が栃煌山に敗れ初黒星。関脇稀勢の里は北太樹を寄り切って初日を出した。
  ◇  ◇
 豊ノ島の両腕が悲鳴を上げた。相手を抱え込んだまま、ためらわず魁皇が前に出る。歓声に背中を押され、一気に寄り切ってしまった。豪栄道になすすべなく敗れ去った初日とはまるで別人の相撲で、1045勝へ残り9勝とする1036勝目を挙げた。
 白星への安どよりも、自分への悔しさ、ふがいなさへの思いがこみ上げた。「昨日があんな相撲だったから。集中していなかったし、立ち合いから何もできなかったし。今日はただ立ち合いから攻めることしか考えていなかった」と振り返ったが、笑顔はなかった。
 辛うじて場所に間に合わせて来たが、本人も「体がしぼんだ」と自覚する通り春場所中止の影響は大きかった。八百長問題では現役評議員として力士の代表的な立場になった。4月に相撲協会の処分に反発したモンゴル出身力士が5月場所ボイコットを主張した際も諭し混乱を回避したが、相撲に集中できる状況ではなかった。
 先場所後、痛風も発症し検査を受けた。父親の古賀誠二さん(69)は「『気をつけろ』と言ったら、たいしたことないと言っていた」と心配そうに話す。引退については親子でも話し合っていないが、「昨日の相撲を見ると、気力がちょっと薄れてきたかな。本人が決めることですが覚悟はしています」と今場所の引退も懸念している。
 引退か現役続行か。周囲は気をもんでいるが、本人は「思い切った相撲を取りたい。消極的な相撲は取らないように」と一日一番の気持ちを強調した。連敗が続けば引退論も浮上する。記念の勝利への道のりは険しい。
最終更新:5月10日(火)9時31分

傷だらけの魁皇、最多勝へあと9の1036勝目 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000021-dal-fight

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

え!稀勢の里CDも予定してたの? 大相撲懸賞クイズ!

え!稀勢の里CDも予定してたの?

なんかそっちで反応してしまいます(^^;)

ともあれ、元気な事は良い事です

相撲界も被災地も、イヤイヤ日本自体が元気に飢えております・・・

元気印の金太郎稀勢の里に大関になって、CD出して、元気に羽撃いて欲しいモノですね

相撲クイズ締切りももうすぐです!
連休明けからのワクワク指定席のご予約はお早めに!

稀勢の里、大関昇進で暗いムード吹き飛ばす…8日・技量審査場所初日

スポーツ報知 5月4日(水)8時3分配信
wpid-20110504-00000004-sph-000-1-thumb-2011-05-4-09-571.jpg
拡大写真
右目が腫れるほどの激しい稽古をする稀勢の里(左)

 大相撲の5月技量審査場所は8日に東京・両国国技館で初日を迎える。八百長問題の影響で一般無料公開となった前例のない場所で、大関取りに挑むのが関脇・稀勢の里(24)=鳴戸=だ。三役で直近3場所33勝という大関昇進の目安には該当しないものの、優勝か準優勝なら特例で昇進の可能性がある。八百長余波で自身の後援会が活動の制限を余儀なくされているが、日本人力士期待の星が、快進撃で暗いムードを吹き飛ばす。

 「大関候補」と長年言われ続けてきた稀勢の里が、過去に例のない歴史的な場所で、その座に挑戦する。「今まで期待を裏切り続けてきたからね。頑張ります」と力を込めた。

 三役で3場所通算33勝以上が大関昇進の目安。稀勢の里は2場所連続10勝も昨年の九州場所は東前頭筆頭だったため、本来ならば今場所の大関取りは難しい。しかし、番付を編成する審判部の貴乃花部長(元横綱)は「優勝、準優勝なら自然に雰囲気が出てくる」と明言。特例で一気の昇進という可能性もある。

 大関昇進への機運は高まっているが、一方で八百長問題が暗い影を落としている。出身地の茨城・牛久市の個人後援会が「通常開催に戻るまでは」(同関係者)と活動自粛を余儀なくされているのだ。

 同後援会では昨年の九州場所で白鵬の連勝を「63」で止めたことを記念して「あゝ稀勢の里」という応援歌を作成。4月上旬に歌い手を決めるオーディションを予定していたが、延期となった。それに伴い、6月中旬に予定していたCDの発売も見通しは立っていない。毎年6月中旬に牛久市で行う激励会も延期の見込みだという。

 そんな重いムードも、稀勢の里が大関の座を手にすれば一変する。3日は千葉・松戸市の鳴戸部屋で出稽古に来た幕内・玉鷲(26)=片男波=らと申し合いを行い、36勝6敗。師匠の鳴戸親方(元横綱・隆の里)は「お客さんに感動を与える相撲をとらなくてはいけない」とゲキを飛ばした。「後悔しないようにしたい」と稀勢の里。07年名古屋場所後に昇進した琴光喜以来の日本人大関誕生へ。日本人力士のホープが白星を積み重ねる。

 ◆技量審査メモ
 ▽11年夏場所 興行としては行わず、協会内部の技量審査の場として実行
 ▽記録、会期 正式記録として扱われる。会期も予定通り5月8日から15日間。終了時間は通常通り午後6時予定
 ▽開場及び競技時間 土俵入り、弓取り式、仕切り時間、顔ぶれは通常通り。初日の協会あいさつはなし
 ▽表彰、懸賞 協会分のみで優勝、三賞、各段優勝のみ実施。賜杯、他表彰、懸賞は辞退
 ▽場所関連行事 御免祝、番付発表、追触れはなし。取組編成、宿禰例祭、土俵祭は実施
 ▽維持員席など 維持員の立ち会いは行う。そのほかの席は一部の関係席を除き、一般開放

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!
 
 

いよいよ場所です 〜大関狙う稀勢の里が白鵬の“襲撃”熱望

夏も近づく八十八夜~~♬

さ、夏とはほど遠い涼しい八十八夜ですね

今年は、震災のせいか鯉のぼりが見られません・・・

別段心待ちにしていたのでもないのですが、無いととても淋しいものです。

この時期のあの勇壮な鯉の元気な姿は、やはり合ってしかるべきものなんですね~

さて、でも元気印は鯉だけではございません!!

被災地の皆さんも心待ちにしておりますのが大相撲です

NHKの腑抜けが中継しないなどと間抜けな事云ってますが、同じ公益法人でインサイダーや何かで黒い噂がドッサリのクセに・・・ま、止しましょう(^^ゞ

で、大相撲。

なにやら内輪で大変なようではございましたが、そろそろエンジン始動です。

早速活きの良いネタをひろって参りました!

我茨城の若武者金太郎こと稀勢の里

天下の横綱に切れの良い啖呵を切ってますね~

スカッとしますね~

さ、そろそろ本場所です

大相撲懸賞クイズも元気に開幕いたします

大いに楽しみましょう!!

大関狙う稀勢の里が白鵬の“襲撃”熱望

デイリースポーツ 5月3日(火)9時38分配信
wpid-20110503-00000020-dal-000-0-thumb-2011-05-3-10-091.jpg
拡大写真
 精力的に稽古に励む稀勢の里=千葉県松戸市の鳴戸部屋
 「大相撲技量審査場所」(8日初日、両国国技館)

 大関昇進を目指す関脇稀勢の里(24)=鳴戸=が2日、横綱白鵬(宮城野)の“襲撃”を待望した。
白鵬が4月30日に「鳴戸部屋に行って稽古をつけたい」と発言したことを受け、「なかなか胸を借りるチャンスはないから」と声を弾ませた。

 白鵬に2連勝中で、昨年の九州場所では連勝記録を63で止める歴史的金星を挙げた。
白鵬が大関時代には3連勝したこともあり、角界随一の“白鵬キラー”として知られている。これまでも何度か横綱の鳴戸部屋出稽古は計画されたが、「話は聞くけど(白鵬の出稽古を期待する)記者が来るだけ」と苦笑い。今度こそ、との思いは強い。

 2場所連続で10勝し、今場所は大関とりへの足掛かりとなる大事な場所。「今までは(期待を)裏切ってきましたから」と意気込み十分で、連日精力的に番数をこなしている。この日は出稽古に来た片男波部屋勢の幕内玉鷲らと39番を申し合い、31勝8敗と圧倒。3月場所が八百長問題で中止になり、4カ月ぶりに臨む場所へ、「緊張感がある」と闘志をたぎらせた。

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回
ご参加ご希望はこちらまでお願いします!