大相撲懸賞クイズだって興奮です!

ヒールが泣いた…朝青龍復活Vだ!!

 鬼が泣いた。笑った。横綱朝青龍が優勝決定戦で横綱白鵬を寄り切って5場所ぶり23度目の優勝を決めた。本割で寄り倒され、1敗で並んでの決戦となったが気迫で相手を上回った。目を潤ませながら「朝青龍が帰ってきました」と館内の大観衆に宣言。優勝23回は貴乃花を上回り史上4位。朝青龍時代の再来を予感させる復活の場所となった。

  ◇  ◇

 悪役に戻った。01年夏場所以来となる横綱同士の優勝決定戦。朝青龍への声援は白鵬コールにかき消された。約8秒間、白鵬とにらみ合って制限時間を迎えた。立ち合い飛びかかると左を差し、右前まわしをつかむ。「行け!」「頭をつけろ!」。西の花道奥で見守る付け人たちの叫びを後押しに前へ。土俵の上にもかかわらず、顔をくしゃくしゃにして喜んだ。

 肩で息をしながら右手で手刀を切ると、祝福の座布団が顔を直撃した。アクシデントにも動じず観客席の方を向き、両腕を突き上げガッツポーズ。拍手喝さいの中を手を振って引き揚げた。花道奥では後援者らと抱き合って喜びに震えた。貴乃花を超える23度目の優勝を実感したのか、鬼の両目が涙で潤んでいた。

 引退まで取りざたされた逆境をはねのけての優勝は格別だ。支度部屋では「(今までの優勝とは)違うね。集中できていた。久しぶりに朝青龍に戻ったというのがある」と興奮して振り返った。自信を取り戻したのは初日、稀勢の里に土俵際まで攻め込まれてから逆転した相撲だった。「久しぶりに朝青龍が乗ってきたという気持ちだった」と分析した。

 初日に薄氷を踏む白星を拾い、日ごとに高まった朝青龍への注目度は千秋楽でピークに達した。当日券339席は午前8時の開門から30分で完売。協会が同7時ごろに整理券を配布したが、この時点で用意した枚数を超える500人以上が列を作っていたという。先頭は前夜10時から徹夜で並んだ女性2人組。悪役ではあっても気になる存在に、人々はひかれていった。

 前日に全勝優勝を宣言した上で臨んだ本割では、一方的に寄り倒された。土俵際まで落ちた際に右すねをすりむく、ぶざまな敗戦。しかし、集中力だけは切らさなかった。取組のモニター映像に目もくれず、支度部屋へ戻るとすぐに付け人を立たせてぶつかりげいこを始めた。さらに鉄砲を30発。体を動かし続けて闘争心の火を絶やさなかった。

 優勝インタビューでは「朝青龍が帰ってきました!」と復活宣言。「モンゴルに帰るな」のやじにも「日本が大好き。日本の横綱なんで、そんなことありません」と切り返した。ハッピーエンドの先に狙うは第2次朝青龍時代だ。

なんとも素晴らしい千秋楽でした

感動ですね

感動は国技館だけではありません!

大相撲懸賞クイズだって盛り上がってます

今場所は中日賞で、常連オモシロイ関(ひたちなか市)が86位を獲得。

そして千秋楽では、常連のアタルタル関(ひたちなか市)が2口カード賞なのに10枚のLJカードを獲得!

これにはボクもいささか疑問がありまして調べてみますと・・・

2口参加企画で「下2桁77等」が該当しているようでした。

でも、10枚って千秋楽での「41~50位」に相当するんです!

チョット驚きのダークホースな当選で10枚獲得です

ちなみに御2人はご夫婦です(^^ゞ

オモシロイ関は、かつて4000等を当て、優勝と同じ賞品を獲得した猛者です

おめでとうございます!!

こちらも御2人で獲得です!

愛知県岡崎市の常連のンンンンン関、ヲヲヲヲヲ関です

ンンンンン関はWで獲得

おめでとうございます!

今場所は休場も多く、番狂わせな成績が多い気がしました

全く持って予測不可能な、エエエエ~なんて結果に一喜一憂と言いますか、なんとも驚かされました

予想外に不調な新大関日馬富士、出足良好で後半崩れた把瑠都、そして大いに面白くしてくれた優勝の朝青龍・・・

これですからね

大相撲懸賞クイズは大いに乱高下します(^^ゞ

是非とも春場所では大きいのを狙っていきましょう!!

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

wpid-20090126_473422-2009-01-26-09-40.png

JUGEMテーマ:スポーツ

朝青龍が復活宣言 「久しぶりに朝青龍に戻った」

朝青龍が復活宣言 「久しぶりに朝青龍に戻った」

1月25日 産経新聞

 −−優勝、おめでとうございます

 「最高だな」

 −−本割の敗戦は

 「硬くなった。やってしまった。何もできなかった」

 −−優勝決定戦までに気持ちを切り替えられたか

 「1回負けてしまって逆に楽になった」

 −−これまでの優勝とは違うか

 「違うね。15日間、集中できた。久しぶりに朝青龍に戻った感じ。初日の相撲からいけるんじゃないかと思った。久しぶりに朝青龍に戻った」

 −−進退が取りざたされたが

 「…」

 −−まだ終われませんか

 「まだまだ」

 −−(昨年11月の定年退職まで朝青龍のまげを結っていた)床寿さんと優勝パレードのオープンカーに同乗する約束を果たせた

 「最高だよ。男の約束だから、よかったよ」

 −−館内から「モンゴルに帰るな」という声も飛んだが

 「日本が大好きなんで、日本の横綱なんで、そんなことはありません。(モンゴル語で)まだまだ頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

熱かったな~

本割の緊張感と言いましたらありませんでしたね

見ている方でこれですから・・・

国技館のお客さんは良いですな~(^^ゞ

立合いの一瞬でアット声が出ちゃいました

腰が浮いてる・・・

横綱らしからぬ動きでした

で、決定戦

白鵬対策が万全ですね

頭押っ付けって、上手と前みつしっかと押さえての寄り切り

文句無しの取組でしたね

ううう~~ん

面白かったな~

余談ですが、琴欧州の応援で2階席に、ブルガリアの大統領?が来られていたと実況があった記憶が・・・

小振りな国旗を振って応援していたようです。

琴欧州寄り切りで勝ちでしたが、もし大統領でしたらナニガシカのお気遣いが協会か国からあるべきでは?などと心配しました

大統領って、国賓ですよね?

フランスのシラク元大統領なんかですと、なんか大いに歓待していた気がしましたがね・・・

少しは気を遣うべきだろうな、って気になりました

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:スポーツ

白鵬1敗、10日目また日馬に

白鵬1敗、10日目また日馬に/初場所

1月21日 日刊スポーツ

<大相撲初場所>

◇10日目◇20日◇東京・両国国技館

 2度あることは、3度あった。横綱白鵬(23)が、またも無傷で迎えた10日目、大関日馬富士(24)に敗れた。これまでの鋭い踏み込みは影を潜め、あっさり左下手を引かれる。休む間もなく下手投げで体を振られ、食いつかれながら力なく土俵を割った。「は~、うまくやられました」とため息をついた。

 日馬富士には昨年初、夏場所と、いずれも10日目に連勝を止められた。07年秋場所から3連敗したこともある。場所前は2日間出げいこし、計59番の三番げいこをこなしたが「取りにくいっていうか…」。

相手に動き回られて負けるパターンは、変わらなかった。朝青龍との全勝並走から先に脱落。順調だった4連覇ロードでつまずき「切り替えていくしかない」と必死に前を向いた。

久々更新です

横綱に土。

由々しき事態で更新です

実はインフルエンザで熱と頭痛関節の痛みにのたうち回っておりました

10年ぶりくらいのインフルエンザ

やられちゃいました

ま、それは良いのですが、土俵です

伏兵日馬富士!

イイトコなかったけどここで男でしたね

あ、そうそう

一応相撲はチョコチョコ観てました(^^ゞ

で、思ったんですが今場所

「ハタキ」が多すぎ

感じませんか?

もうね、何が嫌ってハタキはとってもやだね

なんかもう、観ただけで詰まんなくなる

もっとね大相撲して欲しいですね

wpid-20090121_471737-2009-01-21-17-13.png

3426 カンカル関

当方の失念です

申し訳ございません

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:スポーツ

平成名代の千両役者 横綱朝青龍

朝青フィーバー!徹夜も出た長蛇の列!…初場所初日

1月12日  スポーツ報知

 ◆大相撲初場所初日

 国技館が朝青龍フィーバーに包まれた。進退がかかる注目の初日は当日券を求めて早朝から徹夜組を含む長蛇の列。横綱土俵入りではアイドルイベント顔負けのフラッシュがたかれるなど異様な熱気となった。朝青龍と同様に進退がかかるカド番大関の魁皇と4場所連続優勝を目指す横綱・白鵬は白星スタート。新大関の日馬富士は黒星発進となった。

 地鳴りのような歓声が国技館に響いた。午後3時50分。朝青龍が横綱土俵入りで登場すると、満員札止めの館内からおびただしい数のフラッシュがたかれた。まるでアイドルのイベントのような光景。1階マス席の後ろは立ち見客が鈴なりとなった。「これほどの熱気は若貴時代以来ですね」観戦した横審の守屋秀繁委員が思わず驚嘆するほどの異様な熱気だった。

 これでお騒がせ横綱の見納めかも−という危機感がファンを動かした。358枚の当日券を求め、徹夜組を含む約450人が最寄りのJR両国駅まで長蛇の列を作った。整理券まで配られ、午前8時発売のチケットは40分で完売。出場停止から復帰した昨年初場所も同じように列ができたが「昨年よりも多くのお客様が並んでいました」と協会広報部。グッズも飛ぶように売れ、両横綱5大関ら8力士の特製弁当1000個は昼過ぎに完売。「いつも以上に売れています」と国技館サービスは目を丸くした。

 朝青龍が途中休場した昨年秋場所は、4年ぶりに15日間の懸賞が800本を割った。全休した昨年の九州は初日から閑古鳥が鳴いた。不祥事続きで観客動員にも陰りが出ていた危機を救った形だ。一方で、問題を起こしてもNO1の人気者であることが証明され、協会にとっては痛しかゆし。武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は「朝青龍が出るといろいろな意味で雰囲気が違う」と苦笑した。昨年初場所は満員御礼が7日間。「今場所はそれ以上は行くと思う」と協会関係者は太鼓判を押した。

朝青龍、強烈ビンタでダメ押し!/初場所

1月12日  サンケイスポーツ

 大相撲初場所初日火の玉の逆襲だ!

 3場所連続休場から再起をはかる横綱朝青龍は、小結稀勢の里を寄り切って白星発進。昨年秋場所9日目以来111日ぶりの本場所で、右上手を許す苦しい体勢から、もろ差しとなって逆転した。横綱にとって、成績次第では進退のかかる運命の場所。闘志はギンギンだ。

 5本の指を大きく広げて、グイっと相手の顔面を突き上げる。さらに、左手でもう1発! 土俵際、勝負がついた後も、朝青龍は強烈なダメ押しを2発浴びせた。土俵上の所作すべてに、現役続行にかける執念がほとばしった。

 朝青龍が肩を揺らし、ふてぶてしく花道を引き揚げてゆく。相撲人生がかかる背水の陣。満員の観衆からも温かい応援の声が飛んだ。「まだ初日。なんだ、かんだいっても、まだ先がある。お客さんがたくさん来てくれて、うれしいよ」。土俵上での荒々しさとは対照的に、支度部屋では口数が少なく、冷静に、淡々と113日ぶりの白星をかみしめた。

 仕切りから闘志の炎が燃え上がっていた。稀勢の里から目をそらさず、鋭い眼光でにらみつけた。初日から迎えた第一関門。最近1年間で2勝2敗の相手ののど輪で大きく後退した。土俵に足がかかるピンチにも、強引に左に振って相手の上手を切りながら、右をねじ込む。もろ差しになると、一直線に土俵を走る。痛めている左ひじを気にする様子はなく、3場所連続休場で危ぐされた相撲勘も、失われていなかった。

(後略)

最終更新:1月12日

確かに雰囲気が違う。

会場の沸きが違うと言うか・・・

まさしく名代の千両役者

これが善し悪しは抜きに平成の大横綱朝青龍の異名でしょう

好敵手稀勢の里を向こうにまわし、少々危ない感じもあるもののグッと押しだし気合いをぶつけたこの取組では、朝青龍に屋号でもあれば大声で言ってやりたい気分でした

本来ボクは地元稀勢の里を大いに応援するんですがね(^^ゞ

ま、他も気になったのですが、朝青龍見たらそれで満足しちゃって記憶が散漫になりました

いやいや、正月早々良い取組に感謝です

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:スポーツ

大相撲・朝青龍、初場所に出場

大相撲・朝青龍、初場所に出場

2009年01月09日 / 提供:時事通信社

朝青龍が初場所に出場することになった。先場所まで3場所連続休場し、今場所前も本調子に遠い状態だったが、出場に踏み切った。9日の取組編成会議で初日に稀勢の里、2日目に琴奨菊との対戦が組まれた【時事通信社】

いよいよ真打ち登場

何やら不安感もありますが、持ち前の集中力と勝負勘がモノを言うでしょう

楽しみになって参りました!!

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:スポーツ

初場所出る!朝青龍が覚悟決めた!

初場所出る!朝青龍が覚悟決めた!…11日初日

1月5日 スポーツ報知

 3場所連続休場で進退が注目される横綱・朝青龍が4日、東京・墨田区の出羽海部屋への出げいこ後、初場所出場を明言した。左ひじのけがで休場する可能性もあったが、ついに出場を決意。退路を完全に断ち、初場所で進退をかける。

一方の横綱・白鵬は、墨田区の部屋で本格始動。幕下相手ながら、連続38番の猛げいこを敢行し、初日へ向けてピッチを上げてきた。

 ついに、朝青龍が出場を決断した。出羽海部屋への出げいこ後、「初場所は初日から出るのか?」と報道陣に聞かれると、「そういうことだ。あんまり大きな目標はないけどな」。いつもの強気の言葉はないが、それが逆に大きな覚悟を表していた。

 出場決意は自ら退路を断ったことを意味する。左ひじ負傷で昨年、名古屋場所を途中休場。以後、秋場所も途中で休場し、九州場所は全休した。自身初の3場所連続休場に、横綱審議委員からは初場所も休場なら「引退勧告」も辞さない姿勢を打ち出された。昨年秋場所後、自ら「3度目の途中休場はない」と断言。出場し、途中休場となれば即、引退となる。それだけに決断には時間を要した。左ひじの回復は遅れていて、引退勧告も覚悟した上で初場所を休場する選択肢もあった。最終的には、昨年末に来日した2人の子どもたちから勇気をもらった。「やるだけやってマイペースでいく」。初場所の引退も覚悟の上での出場だ。

 不退転の決意は出げいこに表れた。3日の武蔵川部屋に続き、2日連続で出げいこを敢行。幕内・普天王(出羽海)らと冬巡業後では最多となる22番を取り「本場所に向けてやった」と手応えをつかんだ。けいこ後は高砂部屋であった綱打ちに参加し、午後からは中山競馬場で中山金杯を観戦。夜はさいたまスーパーアリーナで行われた「戦極の乱2009」を観戦するなど、大忙しの一日となった。

 中山金杯では、有力後援者の近藤利一氏が所有するアドマイヤフジが優勝。ノリノリの朝青龍は、表彰式に“乱入”し、生産者の表彰台に上がってトロフィーを受け取った。「縁起がいいよ。自分もイケイケでいきたいね」と、ここでも出場を宣言。周囲から刺激を受け、引退の逆風へ立ち向かう。

周囲の引退って言葉が五月蝿いですな

んなもんは周りが図々しく言うものではなく、当人が一番分かっていること

せっかくの決意の記事に何度も踊らせる単語ではないな

ま、初場所に登場と決まったことは御慶の至りである

青白狼揃い踏みとなった訳だ

楽しみである

実に楽しみですな

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:スポーツ

朝青龍が出羽海一門連合けいこで13戦全勝

朝青龍が出羽海一門連合けいこで13戦全勝

1月4日0時32分配信 日刊スポーツ

 大相撲初場所(11日初日・両国国技館)で進退をかける横綱朝青龍が3日、東京・荒川区の武蔵川部屋で行われた出羽海一門の連合げいこに参加した。

同部屋の師匠で日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)が見守る中、朝青龍は平幕の雅山、豪栄道、栃乃洋、山本山ら平幕と13番取って全勝。手つき不十分もあったが、持ち前の低く鋭い立ち合い当たりも連発して「緊張感があって、いいけいこができた」と笑顔で話した。

 年末年始を故郷のモンゴルで過ごし、2日に日本へ戻ったばかりで、この日が09年のけいこ始めだったが、久々のキレのある動きに満足げだった。

最終更新:1月4日

明けましておめでとうございます

本年もワクワク元気によろしくお願いします!

さて、青い横綱

元気に始動のようです

やはり彼には他の力士にはない華と言いますか、オーラを持ち合わせているようです

思いだされますのは昨年初場所の千秋楽

この取組はまさに手に汗握るすさまじいばかりの熱い対決

まさに大相撲でした

この名勝負が再び再現されるかと思いますと今からワクワクです

大いに楽しみです!!

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

JUGEMテーマ:エンターテイメント