琴光喜加わり4大関=安美錦、朝赤龍が新関脇に−大相撲秋場所新番付

琴光喜加わり4大関=安美錦、朝赤龍が新関脇に−大相撲秋場所新番付

8月27日 時事通信

 日本相撲協会は27日、大相撲秋場所の番付を発表した。琴光喜の昇進で大関が4人になったほか、安美錦、朝赤龍がそろって新関脇に昇進した。

 横綱は名古屋場所で21度目の優勝を果たした朝青龍が東に座ったが、サッカー問題で出場停止処分を受けたため、実質的には西の白鵬が一人横綱として務める。 

大相撲秋場所幕内番付表

 東   力士名 部 屋 出 身    西   力士名 部 屋 出 身

横 綱  朝青龍 高 砂 モンゴ   横 綱  白 鵬 宮城野 モンゴ

大 関  千代大海九 重 大 分   大 関  琴欧洲 佐渡嶽 ブルガ

大 関  魁 皇 友 綱 福 岡   大 関 ◎琴光喜 佐渡嶽 愛 知

関 脇 ◎安美錦 安治川 青 森   関 脇 ◎朝赤龍 高 砂 モンゴ

小 結 ○稀勢の里鳴 戸 茨 城   小 結 ×安 馬 安治川 モンゴ

前頭 1×時天空 時津風 モンゴ   前頭 1 豊真将 錣 山 山 口

   2 栃乃洋 春日野 石 川      2 鶴 竜 井 筒 モンゴ

   3 北勝力 八 角 栃 木      3 琴奨菊 佐渡嶽 福 岡

   4 出 島 武蔵川 石 川      4 若の里 鳴 戸 青 森

   5 豊ノ島 時津風 高 知      5 雅 山 武蔵川 茨 城

   6 豊 響 境 川 山 口      6 海 鵬 八 角 青 森

   7 玉乃島 片男波 福 島      7 時津海 時津風 長 崎

   8 豪 風 尾 車 秋 田      8 土佐ノ海伊勢海 高 知

   9 露 鵬 大 嶽 ロシア      9 高見盛 東 関 青 森

  10○岩木山 境 川 青 森     10 春日王 春日山 韓 国

  11 玉春日 片男波 愛 媛     11 普天王 出羽海 熊 本

  12 黒 海 追手風 グルジ     12○旭天鵬 大 島 モンゴ

  13 龍 皇 宮城野 モンゴ     13 栃煌山 春日野 高 知

  14 北 桜 北の湖 広 島     14◎豪栄道 境 川 大 阪

  15 白露山 北の湖 ロシア     15 嘉 風 尾 車 大 分

  16○春日錦 春日野 千 葉     16 垣 添 武蔵川 大 分

何はともあれ始まります

琴光喜の更なる快進撃を大いに期待ですね

かつて朝青龍も鬼の居ぬ間にと言う感じで一気に駆け上がっていきました

それを踏襲ではなんですがかつての命ライバル琴光喜にも一気に行って欲しいですね

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

5年ぶり上越市夏巡業、1番人気は霜鳳

5年ぶり上越市夏巡業、1番人気は霜鳳

8月19日 日刊スポーツ

 大相撲の夏巡業が19日、新潟・上越市のリージョンプラザ上越で行われた。

 当地では5年ぶりの巡業開催とあって、4600人収容の会場はほぼ満杯。大盛況の中、1番人気は「実家は会場から車で20分ほど」という妙高市出身の十両霜鳳だった。

会場には臨時の手形サイン売り場ができ、取組では休場した千代白鵬の分まで土俵に上がった。「歓迎してくれてうれしいですね。でも、ちょっと疲れましたよ」とうれしそうだった。

相変わらず横綱のツマランニュースが世間を賑わしているのに辟易気味ですが、違うニュースを敢えて拾って見ました。

ま、十両の地元の力士の人気は良い事ですね

ましては地震で元気が失われがちな被災地です。

大きな力士の元気な姿は大いにありがたい事でしょう

大相撲のありがたい事は事ここに至れりの巡業効果でしょう

ありがたいことですね

さて、ここで気になったのは、文中の千代白鵬。

ムムムな四股名ではありますね

千代がつくなら昭和の名横綱、九重部屋かと思いますが、そのしたに新横綱の名が冠してあります。

気になります。

調べて見ると面白いんです。

千代白鵬 大樹(ちよはくほう だいき、1983年4月21日 – )は、熊本県山鹿市出身で九重部屋所属の現役大相撲力士。本名は柿内大樹(かきうち だいき)。身長181cm、体重128kg。得意手は突き、押し。最高位は西十両9枚目(2005年3月場所)。

横綱白鵬と四股名が比較されるが、命名されたのはこちらが先である。元は、韓国の伝説の不死鳥の名前から取ったという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

なんと、横綱より前に命名されているとの事。

なるほど~

ってな話です(^^ゞ

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

猛暑で?高見盛が窓ガラスに激突

猛暑で?高見盛が窓ガラスに激突

2007年08月16日 スポニチ

割れた窓ガラスの前でうなだれる高見盛

 列島が猛暑に見舞われる中、高見盛も熱中症寸前だ。

朝稽古終了後、支度部屋に向かう途中で突然バランスを崩して額から窓ガラスに突進。大きな音とともにクモの巣状の大きなヒビ割れが出来上がった。幸いケガはなかったが、高見盛は巡業部に出頭して謝罪。

「頭がふらっとなって…バテバテでよろけてしまった」と申し訳なさそうに事情説明した。稽古で時天空の蹴たぐりで足を痛打したのも影響したのか、完全に夏バテ状態。「こんな失態を犯して情けない」と最後までうなだれていた。

最近の相撲界と言えば横綱の意味不明なワガママと言いますか駄々っ子に振り回されていました

日本の大相撲が、相撲協会を通じていかなる地位や伝統を重んじてやっているのかが、親方も横綱になった弟子も分かっとらんようだ。

出稼ぎやバイトで来日したのなら、トットと横綱廃業して帰るべきだし、続けていたいなら神妙に親方及び協会の指示を仰ぎ謹慎に努めるべきであろう。公式な会見もなくヘンテコな報道が独り歩きしているのを見守るって法はないはずだ。

ま、横綱はほっといて、標題である。

私もご多分に漏れず、中性脂肪が過多であり、相撲取りとまでは言わないが夏の暑さは厳しい。ま、今年のこの暑さは太陽が怒っているかのような暑さであり体温を越えた気温てのはちょっと卑怯ではないかと感じるくらいだ。

なんと、我らが高見盛関も暑さにもうろうとしたのであろうか?

お身体大事にして頂きたいものである

是非次の場所では笑顔がいっぱいの場所にして頂きたい!

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

夏巡業で琴光喜−琴欧洲の対決が実現 巡業行きたい!

夏巡業で琴光喜−琴欧洲の対決が実現

8月4日 日刊スポーツ

 大相撲の夏巡業が4日、宮城・仙台市の仙台市体育館で行われた。

 この日は「番外取組」として、琴光喜と琴欧洲の佐渡ケ嶽部屋大関対決が行われた。本場所では実現しない顔合わせは、新大関の琴光喜が下手投げで勝利。「ちょっと緊張したし、不思議な感じだった」(琴光喜)「変な感じだけど、おもしろいね」(琴欧洲)と、ともに興奮気味だった。

 5000人以上の館内のファンを沸かせた粋なサービスに、大島巡業部長(元大関旭国)は「楽しんでくれたかな。皆さん喜んでいたね」と笑顔だった。

何やら横綱の所為でヘンテコな状況ですが、昨日テレビで巡業の様子をやってましたが、とにかく行ってみたいの一言!

あの内容でしたら見どころいっぱいで楽しそうですね

是非とも行きたいな~

子供との相撲や相撲甚句、ファンとの触れあい、あと何だっけかな~?なんか盛りだくさんだ

是非とも水戸辺りでこないかな~

ま、昔興味あったけどスグにチケット無くなってたんですよね

ううう~観たいな~(^^ゞ

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

朝青龍は2場所出場停止 “仮病疑惑”に厳罰

朝青龍は2場所出場停止 “仮病疑惑”に厳罰

8月1日配信 産経新聞

 腰の疲労骨折などを理由に大相撲夏巡業の休場届を出しながらモンゴルでサッカーに興じていた横綱朝青龍について、日本相撲協会は1日、緊急理事会を開き、9月の秋場所、11月の九州場所の2場所出場停止と九州場所千秋楽までの謹慎処分、さらに4カ月の30%減俸処分とすることを決めた。また監督責任を問われた師匠の高砂親方(51)=元大関朝潮=も同様に4カ月の30%減俸処分となった。

 朝青龍は21度目の優勝を遂げた名古屋場所千秋楽翌日の7月23日、三重・四日市市内の病院で診察を受けたのち、腰の疲労骨折などで「約6週間の休養、加療を要する」との診断書を相撲協会に提出、夏巡業の休場を決めた。朝青龍はそのまま母国モンゴルへ帰国したが、その間、元日本代表MF中田英寿氏らとともにサッカーのイベントに参加したことが発覚した。

 30日に帰国した朝青龍は高砂親方とともに相撲協会の北の湖理事長に事実関係を報告、謝罪した。朝青龍はその後、都内の病院で「入院するほどではない」との診断を受け、入院予定が通院治療に切り替わったため、巡業休場のための“仮病疑惑”が強まっていた。横綱審議委員会からもファンが納得するような厳罰を求める声が上がっていた。

 現役力士の処分としては、昭和62年12月の緊急理事会で、師匠ともめて部屋を飛び出した横綱双羽黒の廃業が決まったほか、昨年の名古屋場所中にカメラマンに暴行した露鵬を3日間の出場停止、今年夏場所前には車で人身事故を起こした旭天鵬に15日間の出場停止処分が下された。また昭和24年の秋場所に腸カタルの診断書を提出して途中休場した当時の前田山が休場翌日に日米親善野球が開催された後楽園球場に姿をみせたことが問題となり、引退に追い込まれた過去もある。

こりゃ、まぁ、厳しく行かんといけませんね

なんせ八百長疑惑の騒いだあとに、仮病で楽しくサッカーってのは頂けません

各界の頂点だからこそ許されている地位や待遇や特権もある事でしょう。

それはそれとして頂いて、ワガママ放題では、ファンや協会や歴史あっての相撲に申し訳ないでしょう。

いい加減大人になりきるべきなのでは

心技体の問われる相撲道。

精進される事を望みます。

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!