「力戦奮闘、精進します」=大関琴光喜が誕生

「力戦奮闘、精進します」=大関琴光喜が誕生

7月25日 時事通信

 日本相撲協会は25日午前、愛知県体育館で秋場所の番付編成会議と理事会を開き、名古屋場所で13勝2敗の好成績を上げた関脇琴光喜の大関昇進を満場一致で決めた。31歳3カ月は、年6場所制となった1958年以降では最年長の新大関。

 昭和以降最多の関脇在位通算22場所を記録するなど、長い足踏みを経ての大関昇進。同県一宮市の佐渡ケ嶽部屋宿舎で相撲協会からの使者を迎えた琴光喜は、「いかなるときも力戦奮闘し、相撲道に精進いたします」と口上を述べ、いっそうの飛躍を誓った。

 

まずは、おめでとう!ですね

ありきたりではありますがこのまま一気に綱へ!ってのがファンの願いですね(^^ゞ

ふとですね、栃東関はどうされているのかな?なんて気にもなります

これはあくまでも横綱候補の病によるリタイヤって言う無念さを思えばです

相撲ファンとしては、東西両横綱がモンゴル勢と言うのは、ウインブルドンでイギリスの選手が活躍していないのと同様と言いますか、清々しないものがありますね

ここは是非ですね、大器晩成と言いますか、龍虎目を覚ますの如く一気呵成に登り詰めていただきたいなと、切に願っております!!

次回より大いに楽しみですね

■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■

海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ

●大相撲懸賞クイズの無料カタログのご請求や次回

ご参加ご希望はこちらまでお願いします!