当選確率46.875%! 大相撲懸賞クイズ!

うう~ん良い数字ですね~

ボクは当たりませんでしたが、皆さんにあたっていただいて嬉しいですね~

それにしても激しかったですね

下位でもう少し上に行く?かと思っていましたが、そうは問屋が卸しませんでしたね

4候補が鍔迫り合いでして、なかなかどうして見どころでしたね

上位に関しましては初出場のヌケンユウ関が後半より頭角表わしましたが2桁台へはもう一歩のようでした

ま、でも素晴らしい結果でボクは取っても嬉しいです

良い年になりそうですね

●カタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

北の湖理事長は苦言「周りがダメすぎる」

<大相撲初場所>◇14日目◇20日◇東京・両国国技館

 日本相撲協会の北の湖理事長は、朝青龍をあえて「大横綱」とは認めなかった。「大横綱かどうかは回数じゃない。20回と言っても、ほかの力士との力の差を考えれば当然のこと。周りがダメすぎる」と、厳しい口調で大関以下の力士に苦言を呈した。

 24回の優勝を誇る同理事長の現役時代には、輪島という好敵手がいた。大鵬には柏戸、千代の富士には隆の里、貴乃花には曙がいた。しかし、朝青龍は今場所が1人横綱19場所目。千秋楽を待たずに優勝を決めたのは13度もある。けいこ不足でも優勝を重ねられる最大の理由は「ライバル不在」に尽きる。

 「大関が5人いても11日目で先が見える状況が続いている。若い白鵬、琴欧洲にしても5日目までに2敗すれば、1人横綱は当たり前のように優勝できる。言い方を変えれば、朝青龍がいなければどこまで優勝ラインが下がるのかとも思う」。横綱の独走に同理事長は業界のトップとして危機感を強めた。

 今場所は豊ノ島、琴奨菊、豊真将、稀勢の里ら若手の台頭で場所自体は盛り上がりを見せたが、「期待感はあるが、朝青龍にはまだ若手に『絶対負けない』という気迫がある」。かつて自身も「憎たらしいほど強い」と形容されたが、当時と今では状況が違う。理事長の言葉には、ライバルとの激闘を戦い抜いて大横綱の座を勝ち取ったプライドが見え隠れしていた。

2007年01月21日10時01分

日刊スポーツ

手厳しいですが、ホントそう思いますよ

多いにも盛り上がるにはやはり好敵手が必要です

稽古不足だなんだ言われても圧倒的に強さの誇示を許す角界にもう一踏ん張りんり願いたいです

あの、最後にですね、懸賞の大束をムンズと行儀悪い形で掴んで去っていく様は、どうにも肚の虫が納まらんですよ

頼むから、大和魂丸出しの和人に掴み取って欲しいですね!

●大相撲懸賞クイズカタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

wpid-20070206_19857-2007-01-22-14-50.jpg

朝青龍20回目の優勝!

やはり強いですね~横綱

チョット危ない感じもありましたがキッチリと決めましたね

流石ですね!!

ボク個人としてはその前の高見盛にですね、あの懸賞を握らせたかったですね

以前TVで千代大海や朝青龍のでている番組で、大関千代大海が先場所かな?横綱を破った際に何が嬉しいって懸賞だと言ってたそうですが、本音そうですよね

いろいろ天引き後の一口3万でしたでしょうか・・・それが30以上握れるのは、まさに関取の醍醐味ですよね

ホンノ数秒の戦いですからね

こんなビジネスはないでしょう

で、高見盛はコンスタントに懸賞がつく超がつく人気力士。

そのお陰で相手の気合いが必要以上に入っているとも噂されていますね

なかなか本人の手に渡らない状況ですから。

ま、是非勝ち越して上位で奮闘していただきたいですね

で、相撲懸賞クイズです

ん~~~~~、コチマル関、ケイチャン関が凄いです

ケイチャン関は後半よりググッと頭角表わして元気ですね

泣いても笑っても本日で決まります

是非とも応援お願いします

●大相撲懸賞クイズカタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

wpid-20070206_19853-2007-01-21-14-48.jpg

ダイアモンド賞の発表です

一粒で何度でも美味しい大相撲懸賞クイズ!

たくさん貯まったLJカードをよ~く見てみて下さい

大きく化けますよ!!

当りがあったらカタログに詳細が書いてあります

本社までお送り頂ければ交換になりますよ

では、幸運をお祈りしております!

●大相撲懸賞クイズカタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

wpid-20070206_19847-2007-01-17-14-45.jpg

ん~、手に汗握る展開です

土俵の上では、横綱の勝ちパターンに入っています。

一回土はついたものの、その後は持ち前の集中力も素晴らしく危なげない横綱相撲。

変わって優勝戦線は、2敗目を喫した大関千代大海、平幕豊の島のみになった。

ムムムでありますな~

関脇の琴光喜の24連敗もガッカリだし、雅山の元気のなさ・・・

何となく緊張感が薄れている感があるな~

少しは殺気立った必死な形相とか欲しいですな

ま、ご本人は必死なのは分かるんですが、ファンあっての興業でしょうし観ている方の都合も若干ありますよね。

さて、話は変わって懸賞クイズです。

上位で健闘していた方々は、10日目移行の上位取り組み戦の中で埋没気味です。

変わって下位が熱いです。

こんなの初めてですね(^^ゞ

極めて熱い!!

常連ケイチャン関、初場所のコチマル関、初場所ツツチ関など下位の上位?へまっしぐらですね!

油断は禁物ですが、ワクワク感がみなぎってます

是非とも大いなる応援とお祈りでしょうか

今日も楽しみですね!

●大相撲懸賞クイズカタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

wpid-20070206_19844-2007-01-17-14-42.jpg

昨日は中日でしたが・・・

昨日は、中日で中継では、話題のデーモン小暮閣下による解説でした。

なかなかデータが細かいですね~閣下は

マニアックな話題が飛び出してましたね

さて、懸賞クイズです

全くもって予想外な展開です

下位が大健闘です

こんな展開は初めて動揺です(^^ゞ

圧倒的に強いですね~

この分ですとホントに大型賞品行っちゃいますね~

ワクワクですね

上位は混とんです

とは言え、10日目よりつぶし合いが始まり更なる混とんが拡がります

これが楽しいんですよね~

さ、追い込みです

大いに楽しみましょう!!

ダイアモンド賞の発表です

在庫のLJカードを確認して下さい

JCBカードと言う大きなお年玉ありですよ!!

●大相撲懸賞クイズカタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

wpid-20070206_19842-2007-01-15-14-41.jpg

うわ~!驚きの好成績

平幕玉春日一人全勝の6日目。

平幕勢がオモシロイですね

豊真将に琴将菊、時天空とメキメキですね

さて、懸賞クイズですが、すっごいことになってます!

ナント言っても下位で凄いです

最高で?下位7位の方が居りますね~

すっげ~~ですね~

是非ともヨーロッパ8日間の旅を狙っていただきたいですね

もう射程範囲ですよ(^^ゞ

良いな~

もちろん下位で、20位、77位と僅差で追っています

これも楽しみですね

上位はなんとも忙しいです(^^ゞ

やはり同点で団子になりますから数点で上下に激しく動きますからね

ま、10日目過ぎに大きな波ですね

それにしても楽しくなってきました

では、また明日~

wpid-20070206_19841-2007-01-12-14-39.jpg

●大相撲懸賞クイズカタログのご請求や次回ご参加ご希望はこちらまでお願いします!

波乱の初場所です!

銀星どころか金星までもが飛び出す波乱の幕開けですね~

銀星乱発は、相撲懸賞では楽しいですが観ていてチトこれは困りますね

全くもって予想外の展開で、テレビでもラジオでも離れませんね(^^ゞ

さて、待望の5日目成績発表ですよ

なんだかオモシロイ結果です

ま、この時期の成績は今後の波乱でナントも言えないもんですが・・・

ナント下位で堂々の好成績で闘っている御仁が居られます!

それもかなり良い数字です

驚きと言いますか・・

それも皆さん、初参加の方ばかりです

うう~~ん楽しいっ!

楽しいですね~

あと10日ギッチリ楽しみましょうね!!

wpid-20070206_19839-2007-01-11-14-30.jpg

低迷大相撲の“救世悪魔”「デーモン」初場所に再降臨

 7日初日を迎える大相撲初場所のNHK中継で、中日(14日)に芸能界きっての好角家、デーモン小暮閣下が、再びゲスト解説者として登場する。

 悪魔メーク(本人は素顔と主張)と国技の異色コラボはすっかり定着しそうだ。?? 「彼はああいうアバンギャルドな外見とは裏腹に、古き良き日本文化の造詣も深い。

“相撲小僧”でしたからね。昨日今日の知識じゃない。そこいらの専門家より、よっぽど深いですよ」?? こう語るのは、閣下と並んで相撲に詳しい漫画家のやくみつる氏(47)。実は桐蔭学園高校→早稲田大学を通じて閣下の先輩にあたるだけに、彼の“相撲オタク度”を、だれよりもよく知っている。?? 

「我が輩は、相撲ファン歴300年」と豪語してはばからない閣下は、昨年の初解説で「紅白に出るよりうれしい」と歓喜していた。実際、相撲好きは小学生時代にさかのぼる筋金入りで、高校の時は当時の蔵前国技館近くにある古本屋で、相撲文献を読みあさっていたという。?? ヘヴィメタバンド「聖飢魔II」として世に“降臨”してからは、相撲協会もさすがにあの姿での観戦は断ったようだが、「本人いわく“世を忍ぶ仮の姿”で、たびたび足を運んでいる」(角界関係者)という。?? 

 やく氏によると、「今も場所ごとに全取組を録画して、自分だけのライブラリーをつくっている」というマニアックさ。“若貴バブル”が去り、外国人力士の台頭で以前より相撲人気が低迷する中、NHKにとっては知識・キャラクターとも得難い存在。

再登場依頼は当然の成り行きか。?? 

閣下が出るのは初場所8日目、14日の日曜日午後3時15分から。注目度の高い時間帯だ。

解説はメーンの正面が、十両は錦島(元前頭筆頭・敷島)、幕内は高砂(元大関・朝潮)の両親方が担当。そして向正面では十両・幕内とも閣下が務める。

「伝統を守りつつも、改める所は改めようという改革論者でもある。彼みたいな人が横審に入ってくれれば、角界の未来も明るいんだけど…」と先輩・やく氏も期待の解説。

苦境に立つ角界にとっては“悪魔の手”も借りたい事態か。

1月5日17時0分配信 夕刊フジ

うう~ん

確かに彼の解説は良いですよね

視点も面白いし、話も楽しい

是非定番にしていただきたい!!